とある大学に捨てられた猫たちと、そんな猫たちを見守る日記 ~猫と医学と~命を尊ぶ

--------------:--
スポンサー広告スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-05-12-Thu-01:10
大学の猫たちあちゃっ....

0512.jpg

昨年夏の茶太郎

何を隠そう、私が一番好きな猫は茶トラ。ほとんどがオスで、体格はでっかいのに、性格が穏和で、猫仲間にもてる。昔から必ず茶トラの子がいた。最初、ご飯を待つその姿が切なくて、猫の世話をするきっかけになった茶トラ4兄弟。そして高い所から心ない人間に突き落とされて、3本の足を骨折した初代トラちゃん。R棟付近で親分だった大トラ。そして、一時は中庭にネネ、茶々、チビトラチーちゃんの茶トラ軍団がいたし、最近は茶太郎と寅さん。

寅さんは、いつのまにか来なくなり、きっと古巣に戻ったのだろうと思っている。茶太郎も、突然どこかに旅に出て、1ヶ月近く留守にする。それでもちゃんと帰ってきて、私の車を待っている。大好きだったヨーコが昨年春に失踪してから、ものすごく寂しげだったけれど、新たにギンもどきに惚れ直したみたいで、うれしそうに一緒に待つようになった。

旅から帰ってくると、いつも痩せこけているが、今回は、えらく毛がバサバサになってた。栄養不足だな、と思っていたけれど、今日、気がついた。疥癬だ!えらいこっちゃ!

疥癬は、ヒゼンダニが原因で起こる皮膚病で、かゆさのため、掻きむしり、毛が抜け、瘡蓋だらけになる。酷い時には、命を落とすこともある。ここらでは、狸が疥癬にかかっていることが多く、猫にも移る。幸い、簡単に治す薬がある。慌てて部屋に戻り、常備してある薬を持って走ったけれど、すでに茶太郎はご飯を食べ終わって、何処かへ遊びに行ってしまってた。明日、とっつかまえて、薬を飲まさなきゃ。
スポンサーサイト

Comment

2005-05-13-Fri-20:04

良い薬のおかげで疥癬の治療は今では楽になったけど、問題は茶太郎に疥癬ダニをうつした奴。
そいつが治らないとまた誰かにうつして回る。
タヌキだろうか?
他の猫だろうか?

2005-05-13-Fri-21:22

そうですね。ただ、大学内の他のネコたちを確認したところ、誰もそれらしき犯人はいませんでした。お隣の学校から流れてくるニャンが少数いるのですが、茶太郎もそっちへ遊びにいった可能性もあります。そこは、餌やりさんはいるようですが、健康管理や不妊手術までされているかどうか、不明....。先ほど、投薬できました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hanachin.blog9.fc2.com/tb.php/9-ef5b4430

HOME

MONTHLY

CATEGORIES

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

はなちん

はなちん

大学で最後に生まれた茶々は、1年間限定の命の蝋燭を燃やし尽くして、旅立ちました。でも、小さな命の悲鳴は、続きます.....

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。