とある大学に捨てられた猫たちと、そんな猫たちを見守る日記 ~猫と医学と~命を尊ぶ

--------------:--
スポンサー広告スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-09-14-Wed-03:46
事件ヒナちゃん、ありがとう


「私、クルミ。びびりんの黒猫。駐車場にいるんやけど、ぺー助って嫌なヤツが苛めるんよ...」

まやさんちのヒナちゃんが亡くなった。発症してあっという間に旅立ってしまった。
hina2.jpg
思い返せば、一昨年の夏、ぺぺさんのところから里子を貰われたことがきっかけで、ヒナちゃんと大ちゃんがそっくり>だということから、サチヨさんと夏のある日、ヒナちゃんに会いに行った。穏やかな性格で、後から来た子らを見守ってくれたヒナちゃん。絶対に忘れないよ。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hanachin.blog9.fc2.com/tb.php/83-5309d008

HOME

MONTHLY

CATEGORIES

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

はなちん

はなちん

大学で最後に生まれた茶々は、1年間限定の命の蝋燭を燃やし尽くして、旅立ちました。でも、小さな命の悲鳴は、続きます.....

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。