とある大学に捨てられた猫たちと、そんな猫たちを見守る日記 ~猫と医学と~命を尊ぶ

--------------:--
スポンサー広告スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-09-01-Thu-00:25
うちの猫たちネネちんです...



「やーっとデジカメ買ったらしい...やれやれ。久しぶりです、ネネです。ハナクソは無視してねん♪」


今日で8月も終わり。休み気分も終わり。なんだか寂しい。学生の頃は休みと学期がはっきりしていて、さあ、がんばろうという気も湧いたが、医者になってからはいつがオフでいつがオンか、区別のない生活ばかりだし。

去年の9月末、ネネの調子が悪くなった。9月28日、入院。もう1年が経とうとしている。去年の今頃、息子の茶々は一進一退を繰り返していたけれど、ステロイドの効きも悪くなり、茶々を失うことの哀しさに毎日泣いていたっけ。そして茶々が逝き、ネネがうちに来た。そして今、ネネは元気に暮らしている。もの凄く感慨深い。いつかは生命の終わりが来るだろうけれど、ここにこうして生きていることは、本当に素晴らしい。この1年、信じられないくらい、長く感じた。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hanachin.blog9.fc2.com/tb.php/71-7805656f

HOME

MONTHLY

CATEGORIES

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

はなちん

はなちん

大学で最後に生まれた茶々は、1年間限定の命の蝋燭を燃やし尽くして、旅立ちました。でも、小さな命の悲鳴は、続きます.....

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。