とある大学に捨てられた猫たちと、そんな猫たちを見守る日記 ~猫と医学と~命を尊ぶ

--------------:--
スポンサー広告スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-08-31-Wed-01:44
大学の猫たち雨...とほほ...




うちのオババ、言動があまりにおもしろいので一人で楽しむのは勿体ないと、オババ語録のブログを始めました。なごんでくだされ。

今日は久しぶりに本格的な雨。夕方少し止みかけたのでこりゃいけるかなと思ったけれど、残念、大雨でした、とほほ。それでもぺー助以外はみんな待っていてくれて、なんとかご飯にありつけました。こんな日は辛い。

家に戻るとネネとお嬢。去年は雨の中、ネネもお嬢も濡れながら待っていたんだよね。もう雨も雪も、暑さも寒さも心配しなくていいんだよ。こんな簡単なこと、単に家に猫を連れて帰るということが、関わる全部の猫たちにしてやれなくて、本当に不甲斐ない。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hanachin.blog9.fc2.com/tb.php/70-0a4eef2a

HOME

MONTHLY

CATEGORIES

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

はなちん

はなちん

大学で最後に生まれた茶々は、1年間限定の命の蝋燭を燃やし尽くして、旅立ちました。でも、小さな命の悲鳴は、続きます.....

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。