とある大学に捨てられた猫たちと、そんな猫たちを見守る日記 ~猫と医学と~命を尊ぶ

--------------:--
スポンサー広告スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-08-06-Sat-03:01
事件悲喜こもごも



お嬢が退院した。病院はお犬様で一杯だったけれど、気遣ってくれた先生が先にお嬢を連れ出してくれた。病院のご飯は殆ど食べなかったらしい。なので、まだウンチが出ていないと。あれれ...。
「まあ、様子、見てください。あはは...」
いつもどおり、アバウトな先生(爆)。普通、腸の手術をしたら、排ガスがあるか、ウンチがでるか、それを確かめなきゃねえ。

家についたお嬢は、早くご飯を頂戴と催促。小さい缶詰1コとドライを平らげる。その後、柔らかいウンチを2回出した。やったぜ、お嬢。

獣医さんに居るときに、サチヨさんから電話が入った。今日、神奈川からタマと夢が来る予定だったけれど、夢が行方不明だと言う。亡くなったマリさんのマンションで、半年もの間、2日に一回、面倒をみてくれる人が来るだけで留守番していた子たち。どんなに寂しかったろうか。2週間前のマリさんのお葬式にはいたらしい。猫になれない人が面倒を見に来て、窓を開けたままにしてあったら、と思うとぞっとする。もう可愛がってくれたマリさんは戻ってこないのだ、猫たちは敏感に察知しているに違いない。今日の搬送は延期になり、今一度捜索してくれることになったが、どうか、無事にいて欲しい。まだまだ、楽しい時間を過ごさせてやりたい。

ほっぺがパンパンに腫れたクニちゃん、とうとう自壊した。膿みと血で凄まじい顔になっていたから、消毒して抗生剤を与えた。少し食欲も戻った。やれやれ。
スポンサーサイト

Comment

2005-08-08-Mon-22:26

素人の質問できょが、
抗生剤等、ヒトの医薬品は猫にも同じように効果があると思って良いのですか?
私が子供の頃(四十数年前)、猫が病気ならマタタビが良いと親に言われて近所の薬局で買ってきて与えると、フガフガと言いながら喜んで食べていた思い出があります。
当時マタタビは猫の万能薬だったのでしょうか?

2005-08-16-Tue-01:02

万病の薬ではないでしょうね。ある種の成分が神経系に働いて、軽い興奮状態を作るようです。なので元気に見えたり、食欲が湧いたりするわけで、元の病気が治ったわけではないのです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hanachin.blog9.fc2.com/tb.php/60-ab5af929

-

管理人の承認後に表示されます

HOME

MONTHLY

CATEGORIES

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

はなちん

はなちん

大学で最後に生まれた茶々は、1年間限定の命の蝋燭を燃やし尽くして、旅立ちました。でも、小さな命の悲鳴は、続きます.....

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。