とある大学に捨てられた猫たちと、そんな猫たちを見守る日記 ~猫と医学と~命を尊ぶ

--------------:--
スポンサー広告スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-07-18-Mon-01:00
うちの猫たち再々入院....溜息



前回退院してから、お嬢のご飯は以前の如く療法食だけにしようと堅く心に誓っていた。が、お嬢は頑としてw/dを食べない。こんなまずいもん、食えるかぁ~、と唸る。まもちゃんに教えて貰ったデンマーク・レオ社のスペシフィックFRDを急遽オーダーした。うん、これなら食べる。おまけに繊維含有率は抜群に高い。しかし、ドライでしか食べないので下剤を飲ませられない。直接口に入れたらいいじゃん、と思われるだろうが、お嬢に内服させるのは、至難の技なのだ。頑として口を開かない、それでも口の横から流し込むと普通の猫ならペチャペチャと舐めるのだけれど、お嬢はダラダラと垂れ流す。終いには泡を吹くという始末。

あーだこーだと試行錯誤していたら、また糞詰まりになってしまった。お腹を触るとカチカチのウンチがゴロゴロしてる。急遽獣医さんに走った。

さすがに連休最終日だけあって、混雑。しかも血統書付きのお犬様のオンパレード。ゴールデン、シーズー、ビーグル、マルチーズ、、、、。野良猫なんて1匹もいなかった。今日は院長先生。「もう腸を切った子やったっけ?」「いいえ、まだ切ってませんよ~」「ほな、預かるわ。いっぺん麻酔かけて便を徹底的にほじくり出すわ~。一度お腹をリセットしましょか。」

というわけで、お嬢は再々入院となりました。好きなものが食べられるように、手術した方がいいのだろうか。お嬢がいないと、ネネちんもなんとなく手持ちぶさた。
スポンサーサイト

Comment

2005-07-19-Tue-10:23

お嬢スペシフィック食べてくれたんですね~v
でも、詰まっちゃったんだ (^_^;;;
お薬は錠剤のはないのかなぁ?(効き目が違うかしら)
手術はリスクが高いのかな?? お嬢にとってどっちが良いのか、悩みますね。

2005-07-20-Wed-04:55

お嬢~!!
好き嫌い言っちゃだめだよ、、、
でも、はやくすっきりしてお家に帰ってきますように。。。

はなちん先生、メール送りました。

2005-07-20-Wed-11:05

まもちゃん、やまとさん、ご心配かけてますー。昨日、無事にお腹のウンチをすっきりだして、「機嫌良くしてる」(院長先生談、、、ほんまかいな)ので、夕方にお迎えに行ってきます。また、ウンチとの戦いの日々が始まります。。。
なんだかね、暑くなってからネネもお嬢も缶詰めは要らないらしいのよ。錠剤も液体の薬もお嬢は気に入らんみたいで、困りまつ,,.

2005-07-20-Wed-21:15

お嬢、もう帰ってきたのかしら?
ご機嫌でドライをバリバリ食べているのかしら?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hanachin.blog9.fc2.com/tb.php/51-544dc396

HOME

MONTHLY

CATEGORIES

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

はなちん

はなちん

大学で最後に生まれた茶々は、1年間限定の命の蝋燭を燃やし尽くして、旅立ちました。でも、小さな命の悲鳴は、続きます.....

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。