とある大学に捨てられた猫たちと、そんな猫たちを見守る日記 ~猫と医学と~命を尊ぶ

--------------:--
スポンサー広告スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-05-08-Sun-01:17
未分類絶好調....

0508.jpg

昨日、ネネにステロイドを投与した。丁度、3週間。食べなくなると同時に、口を気持ち悪そうにもしゃもしゃするし、最近は、食べると吐くようになった。口内炎で気持ち悪くて吐くのか、それとも他に要因があるのかは、わからない。まめに獣医さんに連れて行けばいいのだろうけれど、車で半時間、待つのに1時間以上のストレスをかけるよりは、家で十分診てやりたいと思っている。

おかげでネネちんは絶好調。テンションがあがって、遊べ、遊べと五月蠅い。猫じゃらしを壊したので、新しいのを買ってきたので1日中遊んでいる。他の猫たちは、どっぷりと寝ていると言うのに。ちょっとでも手を休めてパソに向かうと、椅子の下に来て可愛い声で催促する。ふむ....自動で動くおもちゃを探そうかな。

ギンもどきの場所に見たことのない猫。暗くてはっきりと分からなかったけれど、どうも半長毛の黒白みたいだ。そういえば、夜中、隣の学校から大学の方に道を走り抜けたのを見たことがある。幾ら、ここでがんばって不妊手術を進めても、少なくなってきた分、外から流入してくるのだ。

休みの日にホームセンターに行けば、可愛い子犬や子猫の前には「わあ~、かわい~~~」と歓声があがってたくさんの人が集まる。そんな人だかりに背を向けて、「かわいいだけじゃ、済まないんだよ。ちゃんと一生、面倒みるんだよ。捨てるなよ!」と思わず悪態をつく。性格、悪いのかな、私。いや、そうは思わない。無責任な大人が多すぎる。そんな無責任でいいかげんな人間の尻ぬぐいに辟易する毎日だ。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hanachin.blog9.fc2.com/tb.php/5-e044daab

HOME

MONTHLY

CATEGORIES

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

はなちん

はなちん

大学で最後に生まれた茶々は、1年間限定の命の蝋燭を燃やし尽くして、旅立ちました。でも、小さな命の悲鳴は、続きます.....

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。