とある大学に捨てられた猫たちと、そんな猫たちを見守る日記 ~猫と医学と~命を尊ぶ

--------------:--
スポンサー広告スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-05-07-Sat-01:58
未分類雨があがって...

0507.jpg


昼からは青空が見えた。でも、気温は低くて肌寒い。冬物は全てクリーニングに出したし、ほとんど片づけちゃったから、震えてました。ニャンたちも、この間まで、凄い抜け毛だったのに、今日はブラッシングしてもあまり抜けない。毎年3月くらいに冬毛が大量に抜けるのに、今年は4月中旬くらいと遅かった。気候の変化がこんなところにも。

ぺー助は、やはり駐車場に戻ってきた。私の車の下で、番を張っている。可哀想なクルミちゃん。本当に怖くて、声も出せない。そんな駐車場だが、一番たちが悪いのは、人間だ。ゴミは捨てる、ゴルフや旅行に団体で行くために車を置いていく、夜にはアベックのメッカとなる。今日など、暗闇を求めて爆走してきた黒いアベックのワゴン車に轢かれそうになった。睨んでいたら、戻ってきて、また、すれすれを走りさる。バカたれ。アベックだったら、こんな田舎の汚い駐車場でいちゃつくよりも、もっと洒落た場所へ行ってくれ。それくらいのお金はあるだろうに。あるいは人目もはばかる仲だったりして。探偵家業ができそうだ。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hanachin.blog9.fc2.com/tb.php/4-01ba62f0

HOME

MONTHLY

CATEGORIES

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

はなちん

はなちん

大学で最後に生まれた茶々は、1年間限定の命の蝋燭を燃やし尽くして、旅立ちました。でも、小さな命の悲鳴は、続きます.....

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。