とある大学に捨てられた猫たちと、そんな猫たちを見守る日記 ~猫と医学と~命を尊ぶ

--------------:--
スポンサー広告スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-06-25-Sat-11:04
事件夜遊びネネちん

0624.jpg
反省の見られないネネちん....

昨夜は大事件が発生。

看護師をしている姪っ子が深夜入りでお泊まりに来ていたのだが、仮眠を取るとき、ネネちんの部屋の戸を開けたままにしていたようだ。帰ってみたら、ネネがいない。何処にもいない。

1階は、庭への出入りを自由にしているので、戸を開けたままにしてある。どうやら、身の軽いネネは庭から塀をひょいと飛び越えて脱走したらしい。。。

懸命に探したら、裏の家の屋根上でどこかの黒猫に追いかけられているネネを発見。ありゃ...

呼べど叫べど帰ってこないネネ....。そうこうしているうちに夜中3時頃にこれまた裏の家の屋根にネネを発見。こっちを向いているから、ここが家で飼えるべき所だとは認識しているらしいが、一向に帰る気配はない。

お嬢との確執もあって、このまま家出してしまったらどうしようと悪いことばかりが心をよぎる。また、反対にネネは賢いから絶対に帰ってくるとも。

少し寝ようと思っても、気になって眠れない。うとうとしだした朝5時前、ンギャ~っという叫び声が。ふと見ると、シロ吉に追いかけられて庭まで戻ってきたネネちん。戸をあけたら、一目散に家に入り、ダダダっと階段を駆け上がった。

やれやれ。。。

怒る間もなく、ガツガツとご飯を食べ、シッコして、爆睡するネネ。もう、心配かけて。。。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hanachin.blog9.fc2.com/tb.php/38-4784452a

HOME

MONTHLY

CATEGORIES

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

はなちん

はなちん

大学で最後に生まれた茶々は、1年間限定の命の蝋燭を燃やし尽くして、旅立ちました。でも、小さな命の悲鳴は、続きます.....

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。