とある大学に捨てられた猫たちと、そんな猫たちを見守る日記 ~猫と医学と~命を尊ぶ

--------------:--
スポンサー広告スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-02-02-Fri-19:29
大学の猫たち近況諸々

なかなか記事も書けず、気に入る写真も撮れず、更新できません。

私事ながら、昨年夏に所属が○×部から内科に戻りました。元々臨床大好き人間ですし、ベッドサイドから離れた中央診療部の仕事にはどうもなじめず。内科に帰して欲しいと懇願してやっと戻りました。完全に復帰したのが、今年に入ってから。それまで医師一人で割合気ままに時間を過ごしていたのが、医局の一つのコマとなり、楽しいながらもより忙しい毎日です。

クニオ君は、ずっと口内炎が酷く、ステロイドもなかなか効きません。背中をさすりながら、どうやら食べてくれるくらいです。ずっとボイラー吹き出し口の暖かい場所にうずくまっています。痩せたと言っても、普通の猫さんよりも体重はありますが(笑)。最盛期には無かった首のくびれが今ではしっかりとあります。抗生剤を続けていたので、膿臭のする涎は止まりましたが、口を開けて見ると、歯茎が真っ赤です。

ヨーダ兄ちゃんも、口が悪いようで、食べているとギシギシと軋む音がします。それでも缶詰め大1缶半は完食し、ミルクと食後の焼きカツオは欠かしません。相変わらず、ベタベタと甘えてきて、そりゃもう、可愛いんです。駆虫剤を飲ませましたが、なかなか肉がついてきません。まだ、虫がいるのかなあ...

ンコちゃんは、たまに欠席しますが、相変わらず豊満なボディです。最近のンコちゃんマイブームはカリカリのミックス。銀のスプーンとサンプルで貰った様々なプレミアムフード、ロイカナのフィットを混ぜてます。

チビ三毛の口内炎もちょっと治まってきたようで、缶詰めに飽きると後追いしてきますが、痛そうなそぶりもなく、ちょっと安心。

ギンもどきも、いつも通り待ってくれていて、缶詰め大1缶とドライフードを完食。10才を越えてるとは思えない毛艶。

クルミちゃんも大福も、たいそう甘えたさんになりました。ご飯の前後に必ず抱っこ。大福は頭を触って貰うのが大好きで、グチャグチャに触ってあげると恍惚状態に突入します(笑)。

さて、問題はコムギさん....

ずーっとコムギさんには振り回されています。捕獲した元の餌場で、しっかりと待っています。なのに、絶対にそこでは食べない...通せんぼしても擦り抜けるように走って病院駐車場へ行ってしまいます。通路の草むらにご飯をおいても、食べていないこと、しばしば。探し回って車の下に置いてあげても、食べない....もう、どうして欲しいのか....

それでも元気に待っていて、毎日、同じことを繰り返しているので、たぶん、食べられているんでしょう。遊ばれてるのかなあ、わたし....

そんなこんなの大学です。

スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hanachin.blog9.fc2.com/tb.php/300-dd32a7ea

HOME

MONTHLY

CATEGORIES

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

はなちん

はなちん

大学で最後に生まれた茶々は、1年間限定の命の蝋燭を燃やし尽くして、旅立ちました。でも、小さな命の悲鳴は、続きます.....

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。