とある大学に捨てられた猫たちと、そんな猫たちを見守る日記 ~猫と医学と~命を尊ぶ

--------------:--
スポンサー広告スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-05-06-Fri-03:06
未分類雨の日は

0506.jpg

猫はよく寝る。することがないので、しかたないのもあるが、本当によく寝る。うらやましい。連休でのんびりした身体に久しぶりの仕事にでかけるとき、ベッドで寝そべっていたネネちんがもの凄く羨ましかったわ。たぶん一日中寝ていただろうに、もうすでに猫ベッドで丸くなってる。どれだけ寝たら、気が済むんだ?

雨の朝だというのに、駐車場ではすでにぺー助が待っていた。たらふく食べたから、もう夜にはいないだろうと思っていたのに、夜は夜で、またたらふく食べた。おかげで、ぺー助が苦手な黒猫クルミちゃんは、右往左往。

雨の中、ずぶ濡れになりながらも、おしん・コムギはいつもの場所で、きちんと三つ指ついて待っていた。たぶん、耳が不自由だから、雨を避ける場所で待っていては私が来ることに気がつかないからなんだろうけれど、濡れた背中を見て胸が詰まる。おそらくコムギのそばを何人もの職員が通って帰っていったはず。誰も、ずぶ濡れになりながらも辛抱強く待つその姿を見て、なんとも思わなかったのだろうか.....所詮、野良猫、か。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hanachin.blog9.fc2.com/tb.php/3-954604c1

HOME

MONTHLY

CATEGORIES

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

はなちん

はなちん

大学で最後に生まれた茶々は、1年間限定の命の蝋燭を燃やし尽くして、旅立ちました。でも、小さな命の悲鳴は、続きます.....

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。