とある大学に捨てられた猫たちと、そんな猫たちを見守る日記 ~猫と医学と~命を尊ぶ

--------------:--
スポンサー広告スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-01-18-Thu-00:53
大学の猫たち今度は...


なんか、卑猥....男どうしなのに、ねえ...

2日前から、雨だったせいもあって、コムギさんがやっと元の餌場に戻ってきてくれました。それでも警戒して、私が目の前にいたら食べないし...それでもいいや。ちゃんと私を認識してくれてるから、大丈夫だと思う。

と、ほっとしたのもつかの間....

3日前から最長老のギンもどきさんが、来ない。遅れても、帰り際にはちゃんと待っていてご飯頂戴と催促していたのに。この子は獣医さんに連れて行き、麻酔をかけ、毛を剃ってみたら手術跡があったといういわく付き。そこまでして、どうして捨てるんだろう...

避妊手術が早かった分、今まで病気もせず。たまにどこかに入り込み、出られなくなったことも数回あったが、それも週末限定だった。今回は、いったい.....

懐いてくれなくてもいい。みんなが元気に姿を見せて、バクバクとおいしそうにご飯を食べてくれることが、「さ、明日もがんばろ!」の力の源なのに。
スポンサーサイト

Comment

2007-01-19-Fri-10:56

ギンもどきばあちゃん出てきた?
元気だったのよね?、だったらどこか入り込んでるのかな・・・

あちらが済めばこちらで問題が、ほんと外に子に関わると気の休み暇がないね・・・

2007-01-21-Sun-14:01

ありがと、4日ぶりに出てきたよ...いったい何をしてたんだろう。毎日、気が休まることがないね。コムギにも振り回されてるよ、毎日...

日曜日なのに、仕事です。。。。

2007-01-21-Sun-16:54
良かった!

はなちん先生、お仕事お疲れ様です。
ギンもどきさんが寒い時期だし心配していました。
出て来てくれて良かったです。

2007-01-24-Wed-01:38

うさねこさん、ありがとう!ほんとうにほっとしました。長い間、外の辛い生活ばかりさせてしまって何一ついい思いをさせてやれないまま、別れてしまうのは耐えられないです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hanachin.blog9.fc2.com/tb.php/299-c5aaac33

HOME

MONTHLY

CATEGORIES

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

はなちん

はなちん

大学で最後に生まれた茶々は、1年間限定の命の蝋燭を燃やし尽くして、旅立ちました。でも、小さな命の悲鳴は、続きます.....

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。