とある大学に捨てられた猫たちと、そんな猫たちを見守る日記 ~猫と医学と~命を尊ぶ

--------------:--
スポンサー広告スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-12-27-Wed-01:45
大学の猫たち堰を切る




全く馴れない子が、ある日突然、堰を切ったように甘える。

茶々の介も然り、そして大学でもヨーダ兄ちゃんが。

兄ちゃんが大学に現れたのは、数年前。あちこちの餌場に現れて遠くからフーシャーしながらご飯を食べていた。餌場をよく知っていて、食いはぐれると次の餌場に移動する。ビビリンのくせに、少しでも自分より弱いと見るやいなや、強気になっちゃう兄ちゃん。クニちゃんが怖くて仕方なかったのに、クニちゃんが去勢して好々爺になったら、とたんにクニちゃんに強くでていたっけ。腰が引けていて、見てたら笑えた。

それでも、馴れることはなく、ワクチンもフロントラインもしてあげられなかった。首に怪我をした時も餌に抗生剤を入れてあげることしかできなかった。

それがこの冬....

何が原因だったか、まったくわからない。こんなに年月が経ってから、どういう風の吹き回しか、ある日突然ベタベタの猫になった。餌場に到着すると、一番に駆け寄ってきてべったりくっつき離れない。背中や頭を撫で回したら、うっとりと気持ち良さそう。

ああ、きっと心に大きな蟠りを抱えていたんだね。捨てられた辛い想い出、ここに辿り着いた苦しい道のり。もう人間なんて信じないと固く心に誓っていた。それが、ふと心の重荷を降ろしてみたら、ひとの暖かさが急に恋しくなったんだね。

ご飯を食べ終わっても、側から離れない君の細めた目を見ながら、ゆっくりと撫で続ける。

愛おしくて仕方ない。
スポンサーサイト

Comment

2006-12-30-Sat-18:53
堰を切ってほしい!

我が家にやってきて、9年のちい、8年のピッピ、5年の黒ちゃん、いつになったら堰を切るのかね(#^.^#)
まっ、切られても困るけど。
お譲風邪治ってよかったね。
白ちゃんはどうですか?
頂いたクッション、好評です!
ありがとうございました。m(__)m

2007-01-01-Mon-22:44

ピッピは手強そうだけど、チーは、食い意地が張ってるから、かんたんに釣れそうな気がする。でもさ、みんながタマみたいになったら、体がもたんよ~~。
シロちゃん、復活したよ。また見に来てね。お嬢は、まだまだウルウル、グシュグシュだけど。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hanachin.blog9.fc2.com/tb.php/295-998c2806

HOME

MONTHLY

CATEGORIES

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

はなちん

はなちん

大学で最後に生まれた茶々は、1年間限定の命の蝋燭を燃やし尽くして、旅立ちました。でも、小さな命の悲鳴は、続きます.....

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。