とある大学に捨てられた猫たちと、そんな猫たちを見守る日記 ~猫と医学と~命を尊ぶ

--------------:--
スポンサー広告スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-12-04-Mon-13:20
想い出訃報、ふたたび




アケッチさんちの「いっちゃん」が、逝った。不思議な運命を背負って生き抜けたいっちゃん。いっちゃんが昇っていった冬の空は、哀しいくらい青く澄んでいる。

猫が大好きで、いつも遊びたそうにしていたボス。でも、猫たちにとってでかいボスは脅威。ふと行った旅先で、いっちゃんと出会ったアケッチ一家。「一緒に来る?」の一言に、ボスを怖がることもなく、すんなりと車に乗り、遠路やってきたいっちゃんだった。

いっちゃんがお手本を見せたからか、他の猫たちもボスを怖がらなくなった。それでも、ボスの一番の仲良しは、いっちゃん。なんとも不思議な表情で、猫らしからぬ雰囲気。研ナオコみたいだね~、なんて笑っていたけど、ごめんね、いっちゃん。

アケッチ母が保護した子猫らに、授乳までしてたよね。私が保護した猫を預かって貰おうと連れて行くと、真っ先に「どれどれ?」と挨拶に来てたいっちゃん。


「ういろう」に挨拶するいっちゃん

不思議だねえ。
あらかじめ、定まった運命の筋書きに沿って生きたよう。

人にも動物にも、きっと、この世に生を受けた役目があるのだろう。

いっちゃんは、その役目を立派に果たして旅立った。そして、おぅちゃんに席を譲って....

もう二度とこんな雰囲気を持つ猫には会えまい。いっちゃん、さよなら、そしてありがとう。


スポンサーサイト

Comment

2006-12-04-Mon-14:36
やっぱり特別な猫が

うちにも、マザーテレサみたいな包容力と威厳に満ちた猫がいました。勿論過去形になりますが、小さなキジ猫なのに、チビ猫も大人猫も皆の面倒を見てくれました。やはり研なおこだ!って、言われていたから・・・。いっちゃんと同じだ!あけっちさんにとっても、忘れられない猫になりますね。ご冥福をお祈りします。

2006-12-11-Mon-01:50

つーさん、こんばんは。
そうなんだ...きっと、マザーテレサ猫、いっちゃんに生まれ変わって来てたんだ。これから、研なおこに似た猫に出会ったら、その子かもしれない...不思議だね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hanachin.blog9.fc2.com/tb.php/291-d3b790f7

HOME

MONTHLY

CATEGORIES

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

はなちん

はなちん

大学で最後に生まれた茶々は、1年間限定の命の蝋燭を燃やし尽くして、旅立ちました。でも、小さな命の悲鳴は、続きます.....

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。