とある大学に捨てられた猫たちと、そんな猫たちを見守る日記 ~猫と医学と~命を尊ぶ

--------------:--
スポンサー広告スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-10-26-Thu-01:37
大学の猫たち再会パート2

明日は2講も連続であり、白血病と悪性リンパ腫をやっつけねばなりません。講義の準備中ですけれど、どうしても書いておきたい....

昨日見かけたコムギの姿...はっきりと確認できたわけではなかったけれど、淡い期待を抱いていた。昨日の場所に多めに餌を置いて、いつも通りのコースへ。コムギの定位置だった所には、ドライしか置き餌をしていなかった。秋とはいえ、日中は温度が高い。臭いやハエ、カラスで文句が出ないようにと。

姿を確かめることもなく、すーっと通り過ぎて病院駐車場に差し掛かった.....
......ふっと、後ろを見た。

コムギが着いてきてるのだ!前よりも、もっと優しい顔をして、可愛い顔をして。

「あれ?缶詰はくれないの?」
「もう、怒ってないし。早く缶詰ちょうだい!」

飛び上がるほど、嬉しかったよ。ありがとう、コムギ。本当にありがとう、許してくれて。これから寒い冬になる。うんと食べて、ふっくらコムギに戻ろうね。もう子猫の心配をすることもない。ご飯の心配はいらないよ。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hanachin.blog9.fc2.com/tb.php/287-7945fbb6

悪性リンパ腫の解説

悪性リンパ腫悪性リンパ腫(あくせいりんぱしゅ、ML:Malignant Lymphoma)は、リンパ系組織に由来し全身に発生する悪性腫瘍である。リンパ節に発生するものもリンパ節外に発生するものもあるが、リンパ系は全身組織であるため癌と異なり切除による治療は不可能(但し、腫大

HOME

MONTHLY

CATEGORIES

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

はなちん

はなちん

大学で最後に生まれた茶々は、1年間限定の命の蝋燭を燃やし尽くして、旅立ちました。でも、小さな命の悲鳴は、続きます.....

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。