とある大学に捨てられた猫たちと、そんな猫たちを見守る日記 ~猫と医学と~命を尊ぶ

--------------:--
スポンサー広告スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-09-30-Sat-02:48
大学の猫たち悟空のこと




この4月、突如病院駐車場に現れたアメリカンカール、悟空。大人しい猫で、決して喧嘩したりしないし、人も怖がらない、っつーか、常にぼけっとしているよう、に見えた。

夏くらいから、元気がなかったけれど、暑いせいかなと思ってた。秋になって過ごしやすくなったのに、気が付けば、足は腫れて血が出てるし、目やにが酷くて開かなくなってるし。食欲はあったけれど、去勢手術(停留睾丸だし)もしたかった。

何よりも、その性格から外は厳しいだろうと予想された。保護して里親さんを見つけてやろうと。血液検査もお願いしていたのだが、エイズ・白血病とも陽性....

足や目の状態から嫌な予感はあったけれど。悟空、ここに辿り着くまで辛い生活だったんだね。もう大丈夫だよ...何も気にせずに、お腹丸出しで寝ていられるよ、ご飯だって好きな時に食べられる。

ダブルのネネも茶々も、いったん持ち直したように見えて、結局1年ちょっとという、短い闘病だった。悟空とて、長生きできないかもしれない。でも、いいじゃないか。安心して眠れ、お腹一杯に食べて、好きな時に人に甘えられる、そんな生活をたとえ短くとも...

現在、アケッチさんちで預かってもらっているが、落ち着いたら引き取ろうと思う。呆れるほど、長生きしてくれてもいい、太く短く生きてくれてもいい。

もう、彷徨わなくていいよ。
スポンサーサイト

Comment

2006-09-30-Sat-09:40

はなちん先生の子になったら、離れたくなくなるから長生きですよ、きっと!

大が病気になっちゃったじゃないですか。
妹が「私の命を削ってもいいから・・・」って言うのですよ。
はなちん先生も同じことをおっしゃっていたなと思い出しました。

「幸せだな~」と感じる日を一分一秒でも与えてあげたいですよね。

2006-09-30-Sat-17:24
最期の出会い

が、はなちん先生でよかった・・・悟空は生きられるだけ、精一杯生きられるから。猫たちは明日を思い煩わずに生きる秘訣を知ってるから、きっと楽しい日々を約束してくれるのでしょう。逢うが別れのニャン生を先生の下でね。ペットを飼うには、別れのつらさを覚悟する。という強さを要求されますよね。その度にしこたま泣かされるけど、楽しかった思い出は残っていきますよね。あの子は、なんて一人でニヤ~と思い出すような二人だけの思い出。
私にも沢山あるんです。勉強しないで遊んで呉れ~って、鉛筆にじゃれて、邪魔した子とかね。悟空とはなちん先生にいい日を!

2006-09-30-Sat-19:52

茶々もネネちんも、幸せだったもの。悟空も安心してね。
はなちん先生、これから寒くなるものね。北風が強く吹く前にわかって良かったね。きっとね、ネネちん達がお知らせしてくれたんでしょうね。とらもダブルって分かったんですがね...この冬を元気に越してくれるよう、私もガンバリます。
アケッチさんも、いつもありがとうございます。

2006-10-02-Mon-00:10
大きな動物病院

神奈川県や東京には↓のような大きな病院があるのですね。
知りませんでした。関西ではどうなんですか?
http://www.amc-japan.com/index.html
http://www.anc-tokyo.com/

2006-10-02-Mon-01:02

大ママさん、本当に自分の命を分けてあげたいと切に思います。人間みたく、タバコ吸ったり酒飲んで身体をこわしたわけでなく、飼い主がちゃんと手術せずに捨てたりするもんだから、感染症が蔓延してしまう。一生懸命に生きてるだけなのに....

つーさん、悟空はアケッチ邸ですでにまったりしてます(笑)。あんた、いつからここに居るの?と言われてました(爆)。猫だって分かるんですよ、もう安心だって。証拠にもうヘソ天で寝てますし。

レイさん、今日は雨でしょ。寒くなる前に保護できて本当によかったと神様に感謝してます。考えたら、色々な偶然が重なって悟空の保護にはいいタイミングとなりました。とらも、レイさんの元でなんの憂いもなく、ゆったりと過ごせますね。病気はどんな生き物にもあるもの。それよりも、どう生きるか、を考えたいですね。

ひでさん、それほどの大規模な病院は京滋にはないと思います...ってか、あまり知らないです。自分自身、獣医さんは、腕よりも相性だと思っていますし。例え腕のいい獣医さんであっても、信頼関係がなければ病気は治せないと思います。また、大規模になればなるほど、患者(患畜)とのコミュニケーションが薄くなると思うし。幸い、私は2件目で今の獣医さんと巡り会い、それから浮気はしていません(笑)。ベストな先生だとは言いませんが、その先生の良いところ、悪い所、全て把握した上で、大事な子をお願いしています。それも飼い主の役目だしね。

2006-10-02-Mon-11:22
ベストな先生とは言いませんが・・。

うちも、そんな感じで付き合ってる先生がいます。ぶっきらぼうで、時々、ヒス起こす女の先生に30年来診て貰ってますが、親切なのか、不親切なのか?今だ読めません。(汗)
所が、『見立てが確かです』『ドアの前に捨てられた猫を飼っています』里親募集の張り紙をしてますが、常時十数匹の猫がいて、接客用に変わりばんこに出してもらってるようです。(ゲージから)そんな様子を見ると、やはり、優しい人らしいと、安心するんですよ。本当は先生気が弱いのかもしれません。難しい事故猫など連れて行くと、一緒に顔色変わってますもん!って、そんな先生が好きなのかもね。

2006-10-02-Mon-22:33

つーさん、そうですよね。何かしら、相性がいいってあるよね。その相乗効果が猫たちの治療にも役立ってると思う今日このごろ。。。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hanachin.blog9.fc2.com/tb.php/281-6e4929ab

HOME

MONTHLY

CATEGORIES

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

はなちん

はなちん

大学で最後に生まれた茶々は、1年間限定の命の蝋燭を燃やし尽くして、旅立ちました。でも、小さな命の悲鳴は、続きます.....

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。