とある大学に捨てられた猫たちと、そんな猫たちを見守る日記 ~猫と医学と~命を尊ぶ

--------------:--
スポンサー広告スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-09-09-Sat-03:01
うちの猫たち若者


ん?

茶々の介は、若い。若いから、力が余って仕方ない。遊びたくて、仕方ない。走り回って、ついでにお嬢に飛びかかる。おかまいなしだ。夜中に台所を探索しては、べーちゃんと取っ組み合いする。誰も相手にしてくれないと、一人で走り回って、横っ飛びなど、してみる.....

うちは一番若いハナでも、すでに7才のシニア世代ばかり。茶々の介は、おもしろくない。まるで、なんかおもろいことないやろかぁ~、と町をカブでブァ~ブァ~と走り回ってる高校生みたい。

うふっ♪かわいー......

でも、シニア世代の胃に穴が空かないうちに、走り回って遊べるお家を見つけないと、ね...

どなたか、こんな茶々の介ですが、如何です?
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hanachin.blog9.fc2.com/tb.php/274-dec20228

HOME

MONTHLY

CATEGORIES

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

はなちん

はなちん

大学で最後に生まれた茶々は、1年間限定の命の蝋燭を燃やし尽くして、旅立ちました。でも、小さな命の悲鳴は、続きます.....

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。