とある大学に捨てられた猫たちと、そんな猫たちを見守る日記 ~猫と医学と~命を尊ぶ

--------------:--
スポンサー広告スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-09-05-Tue-02:21
うちの猫たち茶々男、幸せに。


注意!決して卑猥な写真ではありません!

うちのガレージに捨てられた茶々男。縁あって、同じ市内の素敵な家族の元に貰われました。保護してすぐに預かってくださったアケッチさんとともに、一路里親さんちに。そこは、湖が一望できる、それはそれは風光明媚な一等地です。

が!......

猿がいる.....

あ、そこにも、あ、ここにも....

えっ?????

そーなんです、お山の猿が市街地に降りてくるので、問題になっている場所なのです。なんと、昼の日中に堂々と、小猿が民家の庭でなにやら物色。でかいオス猿が、どーどーと、マンション駐車場を闊歩.....

あらま....

あまりに間近に自然の猿がいるので、唖然。

茶々男、脱走しちゃだめだよ....猿の仲間に入れられちゃうよ....

とまあ、最初からびっくりしたわけですが、お家には動物好きのおばあさんもおじいさんもいらっしゃって、早速に抱っこされてました。息子さんたちも大の動物好きだとか。

うちに辿り着いて、アケッチさんが快く預かってくださって、そして今日、こんな素敵な家族に巡り会えて、こんなに幸せなことはない。

茶々男、幸せになりなよ。



しかし....

猿.....  はあ....
スポンサーサイト

Comment

2006-09-05-Tue-20:38

お疲れ様~
しかし猿ね・・・人間と共存できるのか??
茶々男も脱走するとさらわれちゃうよ、危ないね・・・

2006-09-05-Tue-23:44

ぺぺさん、大変お世話になりました~。
まだマンションの6階だから、大丈夫だと思うけれど。里親さんも脱走には、十分注意してくださるようなので、安心しておまかせしています。
しかしねえ、猿だよ、猿。。。。目の前に堂々と野生の猿。なんだか、猿に申し訳なくてね。あんたらの棲む場所を奪ってごめんねって。

2006-09-06-Wed-11:09

里親募集のサイトで、茶々男クンを見て、そしてこちらの日記にたどりつきました。
茶々男クン、良かったです。幸せになって欲しいです。
おサルさんとも、仲良く・・窓越しかなんかで。
ご苦労様でした。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hanachin.blog9.fc2.com/tb.php/272-82c78a14

HOME

MONTHLY

CATEGORIES

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

はなちん

はなちん

大学で最後に生まれた茶々は、1年間限定の命の蝋燭を燃やし尽くして、旅立ちました。でも、小さな命の悲鳴は、続きます.....

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。