とある大学に捨てられた猫たちと、そんな猫たちを見守る日記 ~猫と医学と~命を尊ぶ

--------------:--
スポンサー広告スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-08-24-Thu-02:07
大学の猫たち気が付けば


こ~んなに馴れましたよん♪

猫の餌やりの時間には、せみの声じゃなくて、秋の虫。今日は、風も涼しげ。もう、秋かいな。まだ、夏休みしてないんだけど...

茶々の介はパワー全開。力余って、走り回ってます。お嬢は、もうヘロヘロ。夜、オババが寝た後台所を開放してやるんだけど、ハナもタマも戦々恐々で、「こいつは何もん???」状態。茶々の介は、先住さんたちなんか、目に入ってないし。

はぁ~、早く里親さん、探さねば。。。お嬢の胃に穴があいちまう....

昨日、書き忘れたこと。

姉貴、家を失ったスズに暖かい家庭と限りない愛情を本当にありがとう。そして、姪っ子へ。献身的な看病を、本当にありがとう。スズは世界一幸せな猫になれました。
スポンサーサイト

Comment

2006-08-24-Thu-12:30

はじめまして。ミロママと申します。
茶々男クンの里親募集のサイトのページから、こちらにたどりつきました。
大学のニャンコ達の事、いつも拝見させて頂いてます。
先日、私もミロと言うニャンコを、FelvキャリアでFIPの併発によって亡くしました。
よかったら、ブログ見て下さい。
そして、私のブログにブックマーク登録させてもらって良いでしょうか?
よろしくです。

2006-08-24-Thu-17:15
初めまして

初めまして。癲癇の発作についてネットで調べていて
こちらへ辿り着きました。
月曜日の朝、急に痙攣が始まり、どうしたら良いのか
慌ててしまいました。
今は7歳を過ぎる女の子です。
土曜日の診察まで様子を見るように言われたものの
心配で居てもたっても居られず、ネットで情報を
集めてみたりしています。
猫が病気になることも、猫に寿命があることも
人間と同じことでしょうがないことだとは分かっていながらも
あの小さな体が辛そうなのはとても悲しいことです。
癲癇の可能性があると言われましたが
どうか一過性の何かであって欲しいとおもってしまいます。

2006-08-27-Sun-12:51
教えて下さい

話題がそれるようで申し訳ありませんが、
玄米には、40種以上の栄養が含まれていて「栄養の宝庫」と言われているので倹約も兼ねて精白米をやめて玄米食にしようと思ってくぐってみると、玄米の害について書かれたサイトがありました。
http://www.fukudaks.com/o/k/gennmai.htm
それによると、

「玄米の胚芽の部分に含むフィチン酸の強い排泄作用で体内毒素を、出すので病気の症状を早く消すことができます。症状が軽くなったら玄米を、止めれば良いのですが、ずっと続けるために玄米の強い排泄作用で、ミネラルまでも出してしまうためミネラル不足の体になり、短命の原因となってしまいます。
小鳥などに種籾を食べ過ぎられないように強いアクを持っているのです。小鳥達は決して食べ過ぎません。
アクの強さ、分量を本能的によく知っているからです。
雀がたくさん飛んできても稲を食べ尽くすことはありません。
雀は害虫も食べてくれ、分を心得て共存しているのです。」
等々書かれています。

それで、フィチン酸をWikipediaで調べると、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%81%E3%83%B3%E9%85%B8
「詳しい機序は明らかでないが、抗がん作用が指摘され、がん治療への利用が研究されている。」とも書かれていますね。

やはり、玄米食だけでは害になるのでしょうか?

2006-08-27-Sun-14:34

ミロママさん、
初めまして。ブログ読ませていただきました。辛いことですね。私も10年前、FIPで子猫を亡くした時、どうしてこんな病気があるのか、理解することができませんでした。人間なら、腹膜炎なんて、細菌性か癌性か、診断も治療もある程度確立されているのに、猫の場合、医学がなかなか進まないのが歯がゆいです。おそらく、人間のエイズ研究を応用すれば、すぐにでも解決しそうな問題なのに。

まみさん、
癇癪ですか、それとも痙攣発作かな。脳内に異常がある場合と代謝の異常がある場合などが考えられますね。うちの獣医さんは、CTも、MRIも、完備されているので、検査してすぐに原因を突き止めてくれますが、そういった獣医さんが少ないのが現状ですよね。大きな病変のない痙攣の場合、抗痙攣薬で発作の予防ができます。なんとか穏やかな日々が暮らせるといいですね。

ひでさん、
フィチン酸は、金属のキレート作用が強かったですね、確か。あまり専門ではないので、詳しくはわかりませんが、たくさん摂取することでカルシウムとか亜鉛とかの微量金属が摂取できなくなるんではないでしょうか。発芽玄米にするとその作用が低下すると聞いたことがありますが。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hanachin.blog9.fc2.com/tb.php/269-987c56c1

HOME

MONTHLY

CATEGORIES

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

はなちん

はなちん

大学で最後に生まれた茶々は、1年間限定の命の蝋燭を燃やし尽くして、旅立ちました。でも、小さな命の悲鳴は、続きます.....

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。