とある大学に捨てられた猫たちと、そんな猫たちを見守る日記 ~猫と医学と~命を尊ぶ

--------------:--
スポンサー広告スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-08-21-Mon-01:27
大学の猫たち近況


真剣にバトル!

チビ猫パワーに圧倒されて、しばらく茶々の介ばかり登場してますが....大学ニャンズの近況を。

クニちゃんは、ちょっと心配なくらいに食欲がダウン。大きな体の割に食べるのは少ない方だったけれど、最近は大きい缶詰1つを食べるか食べないか、くらいに。調子悪いようには見えないのだけれど。去勢手術した際に検査してもらってFIV陽性であると判明したから、ちゃんと年一回はワクチンを打って感染予防をしているが、この暑さ、たまらないのかもしれない。

ンコちゃんは、最近K寮駐車場で待つようになった。どうやら、ここが本拠地らしい。しかし、だ。困ったことに、人通りが結構激しい場所。しかも私を見つけるとにゃーにゃーと姦しい。こそっと来て欲しいのだよね...

保護が遅れている悟空は、ミーちゃんと一緒にきちんと待つように。しかし....これも人通りのある歩道にスフィンクスして待っているのだ。しかも、ね、人が来ようと絶対に動かない。悟空は体長が非常に長いので、歩道に垂直方向にスフィンクスすると、跨いでしか通れないのだが。日勤から帰りの看護婦さん、「ごめんね~」とかいいながら跨いでるし....ちょっとは動けよ、悟空。いい人ばかりじゃないんだよ。見ていたら、いかにも汚らしい物みたいな目で睨みつけてるナースだっているし。

悟空は、走らない。私を見つけて、「あ!ご飯が来た!!」って時でも、人間の歩行よりも遅く、ノッシノッシとやってくる。あ”~~、もーちっと機敏に動いてよ、機敏に。猫なんだし。

クルミと茶太郎は、病院駐車場の隅っこで元気にやってます。茶太郎、2~3日来ては、どこかへいっちゃうというパターンは相変わらず。それでも来ると、おいしそうにご飯を食べてくれてます。

モドキモドキはK棟駐車場を独占。しかも、他にもフアンがいるらしい。おいしいミニ缶を多数発見。コロコロと太りだして、毛並みも良くなった。

長老ギンもどきも、兄ちゃんも、R棟でしっかりとご飯食べてます。

今年、仲間入りした悟空もモドキモドキも、うまく暮らしてなんとか平和な毎日。


こんな記事が日経新聞のコラムに。どう思います?アホちゃうか、の一言ですな。これで作家などと文化人を名乗るとはね。文章にすることで、免罪されると思ってるのか、それともサディストであることを暗にほのめかしているのか。本当に殺すことの罪をしっかりと受け止めているのなら、文章になんかせず、自分一人で苦しめばいいのに。多くの人が目にすることで、嫌な思いをさせることを承知で書くなぞ、どう考えてもプシー(Psy、精神科)の患者だわ。それに、「生」に干渉するなというんなら、猫なんか、飼うな、と言いたい。


■「子猫殺し」坂東眞砂子 日本経済新聞8月18日夕刊コラム
スポンサーサイト

Comment

2006-08-21-Mon-12:32
ひどいですね

日経のその記事、こちらの方のブログでも書かれていますね。
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/770743.html
多くの批判のコメントも書かれています。
その中の『ホラー小説ばっか書いてるうちに命の価値観狂ったんだろ』
が的を得てるでしょうか........
この人ホラー小説も書いてる直木賞作家なんですね。
ホント、はなちん先生が言われるように、
>「生」に干渉するなというんなら、猫なんか、飼うな、と言いたい。
ですよね。 

動物を飼う人の考え方は様々ですね。
数年前によく行った、はなちん先生の病院の近くの喫茶店のママは
店内に2匹の小型犬を飼っていて、私が「飲食店内で犬を飼ってて良いの?」
と聞いたところ「犬の好きなお客さんもおられるから」との事でした。
また20年ほど前に良く行った西隣市の、昼は喫茶店で夜はスナックの
女店主は、カウンター内の厨房の排水口に時々現れる鼠に餌を与えていて、
私が「そりゃダメだよ」と言うと「猫を飼おうが鼠を飼おうと私の勝手だわ」
と言われました。
上記の御二人の店主の考えも、何か変だと思いますが。。。

2006-08-21-Mon-21:56

ひでさん、早速リンクさせて貰いました。本当に、酷い話を、堂々と一流新聞の紙面に載せて、何が楽しいのでしょうね、いったい。。。

確かに、人間と一緒に暮らしていくためには、最低限のマナーがありますよね。動物にそれを強要することは無理だし(言葉が通じないんだから)、人間が仕切っていくしかないでしょうに。その常識を越える輩がいるから、愛護が「愛誤」と煙たがられるんでしょうね。
しかし、ネズミはいかんわー、ネズミは...しかも飲食店で...

2006-08-21-Mon-23:37
自己概念に問題あり。

というより、ただのお馬鹿かな。
自分のポジションが見えてないんじゃない。
作家って人気商売でしょ。書いてるものがホラーだから、いいと思ってるのかな?
この人、写真を見る限りでは、容姿にコンプレックスがあっても仕方ないだろうし、女子の場合は特に、これが原因で自尊心が低い可能性は大いに有る。直木賞を貰ったことで、自分の全てが評価されたと勘違いしちゃったのかも。
動物の生がセックスをして・・・というあたりが、なんとなくそう思える。
生物学的に考えて、動物がセックスするのは、子孫を残す為であって、それを人間の手で抹殺され残されないのは、生を満足させていることなのかな?
避妊するのは、飼い主が子猫を殺すという嫌なことをしたくないから・・・、当たり前じゃない!普通の神経してたら、そんなこと繰り返しできないよ。責任とってるっていうけど、そんな覚悟があっても、繰り返しできることではない!できる神経をノーマルだと言われても、理解できない。
私には、この人が子猫を殺すという行為を、好んで行っているとしか思えない。
小説家といってもい、人気商売だから、これで残るfanは、神経伝達物質の分泌が異常な人とか、扁桃体が以上に大きいとかアブノーマルな、ご本人と気の合う人だけなんじゃない。
日経も、何を考えて記載したのかな?
あきれるばかりですね。

2006-08-22-Tue-00:50

ホラー好きな私は、こんな馬鹿作家とは認めない。
独りよがりの文章でくだらない。
現実と文章の中を一緒にすんなっつーの。
ホラーは、作り物で、ちゃんとした文章だからこそ、ホラーとしてなりたつ。
現実にこんな事する奴なんて馬鹿だよ、馬鹿。

2006-08-22-Tue-02:02

んだよねえ。呆れて物も言えない。
「生」を尊重するんだったら、子猫の行きたいという「生」の尊重はどうなるんだよ。書いてることが矛盾だらけで、ちっとも理論的でないし。
最初、タヒチだから手術ができないのかとおもた。でも、そうじゃないとはね。この女の感性、鬼●ちひろに通じるわ。それに、なに、この頭。前髪パッツン...爆。

2006-08-22-Tue-02:47
驚いたことに

この人私より年下だ。
よく人工妊娠中絶の論争として、何処から生命って考えるかってのがあるよね。受精した瞬間からという理論があるけど、彼女は受精のしていない、卵の状態と、この世の中で生きていける状態で生まれてきた子猫が等しいと言っていますよね。じゃあ、彼女は初潮以来何人の人を殺してきたのでしょう?まさに殺人鬼!!というロジックも成り立つわけですね。

2006-08-23-Wed-22:43
懐かれると

そのネズミですが、排水口から顔出して「餌くれ!」と言って、
「チュッチュッキーッキーッ」と鳴いてました。
私は初めてネズミって意外と賢いんだなぁと知りました。
人間ってそのように懐かれると放って置けないんですよね。
女店主の気持も解からない訳ではないですがやはり衛生上
問題ですから、理性で割り切らないといけないんですよね。

2006-08-24-Thu-02:11

さちよさん、

もうその人格、病的なところです。考えるだけでもおぞましい。タヒチはフランス領ですが、フランスの法律(動物愛護法)が適応されるかどうか、すでに電凸している人たちもおりますし、日経や書物の不買運動も始まってます。と言っても、どんな本、書いたのかも知らんけどww

ひでさん、
元来、ネズミは補食される側ですから、臆病なんですけど、賢いんですねえ。感心しました。でも、他の人にはわからないようにせんとねえ...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hanachin.blog9.fc2.com/tb.php/267-da4d98cb

HOME

MONTHLY

CATEGORIES

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

はなちん

はなちん

大学で最後に生まれた茶々は、1年間限定の命の蝋燭を燃やし尽くして、旅立ちました。でも、小さな命の悲鳴は、続きます.....

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。