とある大学に捨てられた猫たちと、そんな猫たちを見守る日記 ~猫と医学と~命を尊ぶ

--------------:--
スポンサー広告スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-08-09-Wed-02:01
大学の猫たち暑っつ....


いつもゴロゴロ人間大好きモドキモドキ君

暑う...ございます。

夏だもんね、仕方ない。今年はいつまでも雨が降っていたし、気温もいまいち上がらなかったから、なんとなく冷夏かと勘違い。はい、しっかりと暑いです、しかもしっかり湿ってますし。

突然夏になったもんだから、あちこちで、蝉の抜け殻が散乱してるし、蚊もいまぞ、とばかりに飛んでくる。姪っ子がどこぞの景品で貰ってきた腕時計みたいな虫除けグッズを使っていたこともあってか、7月中は蚊に刺されることもなかったが。今では、虫除けスプレーをしていても、ちょびっと噴霧し忘れた箇所を狙って刺されてるし...。

暑くなったから這い出てきたのか、大学ではマムシが出現して大騒ぎ。まあ、ヘビだって、この暑さじゃ、やってられんね。変温動物だし。

昨日は病院駐車場で、奇妙は光景に出くわした。コガネムシ親子の行列。最初がお母さん(だと思う)、その後をお父さん(だと思う)、最後にちっこい子供。飛べばいいじゃん...ねえ....なんであえて車に轢かれそうなところを歩くんだろう。しかも一列になって。

それでも去年に比べたら、夜は比較的過ごしやすい。大学の猫たちも、ちょっとは食欲は落ちたものの、元気に顔を見せてくれているし、禿げだらけだったモドキモドキも、毛並みが揃って綺麗になってきた。家では、相変わらず、茶々の介(茶々介は呼びにくいので)が遊び相手を求めて大暴れしてるし...。

大学は夏休みモード、病院はそろそろ盆休み(実際には休みではないが)モードに突入し、暑さもあいまって、ダラダラ...、いや、ゆったりモードです。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hanachin.blog9.fc2.com/tb.php/263-f4aaf89b

HOME

MONTHLY

CATEGORIES

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

はなちん

はなちん

大学で最後に生まれた茶々は、1年間限定の命の蝋燭を燃やし尽くして、旅立ちました。でも、小さな命の悲鳴は、続きます.....

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。