とある大学に捨てられた猫たちと、そんな猫たちを見守る日記 ~猫と医学と~命を尊ぶ

--------------:--
スポンサー広告スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-07-27-Thu-19:42
大学の猫たち人とともに生きる


美少女系 Qちゃん

コムギーズ、保護した時には、人間なんてみんな敵だ! だった。こんなんで、里親募集なんて出来るんだろか、と、不安でしようがなかった。今では、兄ちゃんだけ少し引くけれど、それでも顔を見ただけでゴロゴロ言ってるし♪

人に馴れてくる過程を思い返してみると、実に興味深い。

ある一瞬、

「あ、この人、好きかも♪」

そう子猫の目が語る瞬間がある。茶々子しかり、Qちゃんしかり。

私は、「猫抱っこした~~い」「猫触りた~~い」「猫チューした~~~い」人間で、そのオーラが出まくってるので、猫にドン引きされるタイプ。それでも、その瞬間を境に、どんどんと距離が縮まるのが分かる。

男女で言えば、一目惚れの瞬間なのかも。

今でも、その瞬間を思い出すと、心がほっと温まる。
スポンサーサイト

Comment

2006-07-28-Fri-11:06

うちの妹は大に「しつこい人」だと思われています。
でも、彼女のしつこい=溺愛なのですよね。
我が子をそんなに愛してくれえてありがとうですね(笑)

はなちん先生と猫達の時間、一度拝見してみたいものです(笑)

2006-07-29-Sat-19:38

う~ん、私もそれに近いです。猫にとったら、とってもうざい人間なんでしょうね。でも、いいんです、それでも、愛してるし♪

きっと「猫のこと、かまいすぎ~~」と思うかも。

2006-07-30-Sun-01:45

ちょwww
まだモカと両思いになれないwww
ずっと片思い中だよorz
でも私の事、気になる奴だとは思ってくれてる!...はず

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hanachin.blog9.fc2.com/tb.php/260-f6d36bfd

HOME

MONTHLY

CATEGORIES

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

はなちん

はなちん

大学で最後に生まれた茶々は、1年間限定の命の蝋燭を燃やし尽くして、旅立ちました。でも、小さな命の悲鳴は、続きます.....

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。