とある大学に捨てられた猫たちと、そんな猫たちを見守る日記 ~猫と医学と~命を尊ぶ

--------------:--
スポンサー広告スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-05-29-Sun-01:30
うちの猫たち季節の変わり目は...

0529.jpg

とても忙しい。築70年もの古屋に住んでいるので、完全に和様だ。しかも、季節毎の模様替えというか、衣替えがある。絨毯を籐の敷物に替え、襖は簀戸に入れ替える。親が年を取るごとに、休日がこのような家の用事に費やされる。無論、嫌いではない。けれど、ゆっくりと本でも読みたいなあ、とか、溜まったDVDを見たいなあ、と思っていても、明るい日中にそんな娯楽で時間を潰すことは我が家では許されないのだ。

バタバタとせわしなく働いているから、うちのニャンズはみな右往左往。ネネちんとお嬢は、どこに隠れようかと大騒ぎだ。ネネちんはタンスの上に、お嬢はケージの中でお篭もりしてなんとかやり過ごした。でもね、こんな日が年に何回もあるんだよ。うちの子になったんだから、早く馴れてね~。

お嬢もこんなに元気になりました。骨折した足もしっかりしてきたし、剃られた毛もほとんど生えそろったし。あとはネネちんの攻撃がなければ、安泰なんだけどねえ。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hanachin.blog9.fc2.com/tb.php/25-a4f338a1

HOME

MONTHLY

CATEGORIES

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

はなちん

はなちん

大学で最後に生まれた茶々は、1年間限定の命の蝋燭を燃やし尽くして、旅立ちました。でも、小さな命の悲鳴は、続きます.....

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。