とある大学に捨てられた猫たちと、そんな猫たちを見守る日記 ~猫と医学と~命を尊ぶ

--------------:--
スポンサー広告スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-05-15-Mon-08:11
うちの猫たち旅立ち

今朝6時、ネネは朝日の中を旅立っていきました。今は、悲しくて、寂しくて、辛くて、何も書けません。落ち着きましたら、またご報告いたします。
スポンサーサイト

Comment

2006-05-15-Mon-09:00
とても残念です・・・

ネネちゃん、旅立ってしまったのですね。
寂しいです。
はなちん先生、お心をゆっくり休めて下さいね。

ネネちゃん、ゆっくりお休み。
ネネちゃんのことも、茶々ちゃんのことも忘れないよ。

2006-05-15-Mon-09:34

はなちん先生 なんで ダメダメだめだよ。
楽しく暮らしていたたのに、猫の神様はどこいっていたんだ!

元気だったのに・・。信じられません。
うそだよね。 信じない。

2006-05-15-Mon-12:12

会社でこのプログを読んでしまって、涙が止まりません。気が強くてかわいかったネネちん。もっともっと幸せな時間をあげたかったです。

2006-05-15-Mon-12:45
ネネちゃん、頑張ったね。

もう、何といっていいか、言葉もありません。

でも、ネネちゃんは幸せだった。
ずっと、お外で頑張って、それからはなちん先生と一緒に暮らせた。いつも、いつもそばにはなちん先生がいてくれた。

いまは、茶々に寄り添って、やさしいお母さんをしているのかな。

ネネちゃんのご冥福をお祈りします。

2006-05-15-Mon-13:15
神様に選ばれた

ネネちゃんの訃報に接し、しみじみ、ミュージカル「Cat」のラストシーンを思い出しています。天国へ迎えられる名誉を得たくて、教会の最高司祭や、政治家や、この世で尊敬を受けている人々が争う中、お人よしで心が綺麗な娼婦が、選ばれるのです。
選ばれし者は、尊い魂を持っている、それがネネちゃんでしたね。きっと、これからも、はなちん先生を見守ってくれると思います。チャチャと共に・・・。
取り残された者の痛みと共に、私たちの中に、思い出してフッと笑えるエピソードを沢山残してくれたのでは?私にも、特別な猫が心の中で生きています。いつも、もっとしてやれた事があったのではないかという後悔の痛みと共に、耳元で鼻炎のズーピー
いいながら、私の手枕で眠っていた日常が、昨日の事のように思い出されます。チャチャもネネちんもそうやって、これからも、先生の中で存在し続けるのだと思います。最初は涙と共に、恋情とともに。おつらいでしょうね。お悔やみのつもりが自分の事を書いてしまって、ごめんなさい。
ご冥福をお祈りします。

2006-05-15-Mon-13:55

久しぶりにブログを拝見したら、ねねちゃんの訃報・・言葉もありません。ウチの犬、テンも4月6日に旅立ちました。大腸癌でした。あのときのことを思い出してしまいもう言葉もありません。ねねちゃんのご冥福をお祈りします。

2006-05-15-Mon-13:55
祈ります

はなちん先生、お辛いでしょう。
それでも、無理してでも、どうか食事を摂ってくださいね。
普段もお忙しく、命を削って猫の面倒を看ておられます。
はなちん先生のことが心配です。ネネちんもきっと...。

2006-05-15-Mon-14:30

ねねちゃんのご逝去を心からお悔やみいたします。
はなちん先生のお気持を偲び、辛く哀しい。

2006-05-15-Mon-17:35

ネネちん、ここまで頑張ってきたのに、残念です。
はなちん先生に出会えてネネちんはきっと幸せだったでしょう。
先生の心の傷が早く癒えますように。
まだお外の子たちが待っているから、体に気を付けて。

2006-05-15-Mon-18:06
心よりお悔やみ申します。

ネネちんの御冥福を心よりお祈り申します。はなちん先生の家で暮らすことができて、本当に大事にされて、ネネちんは、大変幸せだったと思います。

2006-05-15-Mon-21:48
ネネちゃん

ご冥福を祈ります.
はなちん先生,
ネネちゃんをたいせつにしてくれて
ありがとうございました。

2006-05-15-Mon-23:44
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2006-05-16-Tue-00:04
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2006-05-16-Tue-00:27

ネネちゃんは 幸せを感じていたと思います。
また なぜか1階に行きたがるのは、茶々ちゃんの匂いが
していたのだと思います。
ネネちゃんは 幸せでした。

2006-05-16-Tue-22:12
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2006-05-16-Tue-23:10
訃報に接し

心からごネネさんの御冥福を、お祈りいたします。
ネネさん、不調とのことでしたが、こんなに突然に逝ってしまわれるとは。残念な限りです。おだやかな季節となり、きっと回復してくれるものと思っていましたので。
 いまごろは、先生と暮らした日々のことで茶々と親子水入らず盛り上がってことと信じています。
 
 

2006-05-17-Wed-09:15
ネネちゃん・・・

ずっと、心配しておりました。

けど・・・
今は、「ネネちゃん、安らかに・・・」と、それだけです。


2006-05-17-Wed-09:19
今頃は

茶々ちゃんと一諸におかあちゃんの話をしているんでしょうか?
辛いことの多い猫生だったけど、最後に大好きな先生と暮らせて
ネネちゃんは幸せだったと思います。
今はお辛いと思いますがどうかお体を休められて又、他の猫さん達の為にも元気を出して下さい。

2006-05-18-Thu-04:10
言葉がみつかりません

ショックのあまり、書き込みが遅くなりました。まやです。
茶々と、ネネちんは、私にとってスーパーキャットでありました。
キャリアを抱えながらも、がんばっていきた2にゃん。
勝手に心の支えにさせてもらっていました。

言いたい事がありすぎて、言葉が出てきません・・・・・。
ネネちん、もう一度抱っこしたかった。
ありがとうね。

2006-05-19-Fri-18:43
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2006-05-21-Sun-05:58

ネネちゃん
旅立たれたのですね。

ネネちゃんは、とても賢い子でしたので、
自分の体のこと、はなちんさんの優しさのこと、
すべてわかっていたと思います。

こちらの日記は 数年前から読ませていただいておりますが、
書き込むのははじめてです。

私も 外の猫とかかわっているのですが、外の子を動物病院に連れていくのはなかなか大変です。
また
抗生物質やインターフェロンの注射が なかなか効きません。

のようなことで、人間のお医者さんのはなちんさんの 日記には
関心があります。

---
ネネちゃん ありがとう

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hanachin.blog9.fc2.com/tb.php/235-3371740a

HOME

MONTHLY

CATEGORIES

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

はなちん

はなちん

大学で最後に生まれた茶々は、1年間限定の命の蝋燭を燃やし尽くして、旅立ちました。でも、小さな命の悲鳴は、続きます.....

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。