とある大学に捨てられた猫たちと、そんな猫たちを見守る日記 ~猫と医学と~命を尊ぶ

--------------:--
スポンサー広告スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-04-06-Thu-02:40
事件訃報、そして...


「何見てんのよーっ!!」

0404.jpg昨晩、にゃんこ先生の大事なにゃんちゅうが旅立った。去年の秋から、腎不全そして脊髄の腫瘍と勇敢に戦った、戦って、戦って、戦い抜いた。偉いぞ、にゃんちゅう。一度しか会えなかったけど、もうあの文句垂れが聞けないなんて、寂しすぎるよ... 今頃は、茶々の執拗なスリスリ攻撃に遭ってるんではないだろか。なんとなく、べーちゃんとそっくりだもの。べーちゃんが大好きだった茶々(男同士なのにね)、きっとにゃんちゅうに出会って大喜びしてるだろうね。


病院駐車場でクルミちゃんにご飯をあげていたら、なにやら、見慣れぬ生物が....

タヌキかなあ....
それにしては猫みたいな身体つきだし....
猫にしては、なにやら頭がヘンだよな....

お腹が空いてるようで、クルミを気にしつつも近寄ってきた。ありゃ? 耳が空向いてるよ....

ほぉ~、アメリカンカールっちゅう猫や.... 初めて見ました。ショートヘアで白いソックスを履いたサバトラ。体格は大きくて、割合に馴れてるし。でも首輪なし、痕もなし。耳は比較的小さくて、根本から半分くらいで完全にイナバウアーしちゃってる。ゆっくりと背中を撫でてみたけど、そうも痩せてない。脱走したな、こりゃ...

とにかく腹ごしらえしなせー、と純缶を次々と開けた。3缶、平らげたら、とっとと来た方とは逆へ走り去った。ちゃんと家にたどり着くんだよ。帰れなかったら、保護、かなあ....
スポンサーサイト

Comment

2006-04-06-Thu-04:19
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2006-04-06-Thu-15:15

にゃんちゅう とうとう旅立ってしまいましたね。
あの姿がみれないなんて寂しい。
にゃんちゅうは、にゃんこ先生が大好きで、ただ一緒いたいだけなのに・・。なんで!って。悔しいですわほんと。

はなちん先生も、そういえば会いに行ってましたね。
はなちん先生の、サポートによって にゃんこ先生はどんなにか
心強かったのではないかと思ってました。

にゃんちゅう兄ちゃんがいる、にゃんこ先生一家はいつも、楽しそうで好きでした。 にゃんちゅう またにゃん子先生のとこに戻って来てね。

大学にゃんずの出席率はこのところ落ち着きましたでしょうか?
こちら、見知らぬにゃんがあちらこちらで出没しておりエンドレス
状態です。 去勢もまだまだ続きます。ふう。

2006-04-07-Fri-00:44

シロママさん、いいえ、何もしてあげられなかったです。近ければ、もっと何かとしてあげられただろうにと歯がゆい思いです。

大学は、最近、ンコちゃんが欠席がち。でも痩せたりもしてないから、どこかで貰っているみたい。茶太郎は相変わらず、あっちへフラフラ、こっちへフラフラですわ...。 最近、子猫だけでなくて、大人猫も捨てられたり、帰れなくなったりして、増えてません?

2006-04-07-Fri-13:24

昨日の夜も土手に 誰にゃんだ猫が、いました。
日替わりで5匹です。ほとんどが大人猫ですが、三毛猫もいました。メスだな。毎日食べに来ないと、避妊ができないのに。住宅地にも、ちらほらと・・・。 増えてるやんけ!てなところです。
何とか、みんな食べているようで、安心しました。

2006-04-08-Sat-16:36

どうなってるんでしょうね...
数年前くらいから、急に大人猫が増えましたよね。景気が快復して物質的に豊かになると、途端に心が貧しくなるのでしょうか。質素だけれど、心豊かに生きるのが、日本人の美徳だったはずなのに...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hanachin.blog9.fc2.com/tb.php/213-06fec051

HOME

MONTHLY

CATEGORIES

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

はなちん

はなちん

大学で最後に生まれた茶々は、1年間限定の命の蝋燭を燃やし尽くして、旅立ちました。でも、小さな命の悲鳴は、続きます.....

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。