とある大学に捨てられた猫たちと、そんな猫たちを見守る日記 ~猫と医学と~命を尊ぶ

--------------:--
スポンサー広告スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-04-04-Tue-02:04
うちの猫たちミニペコちゃん


見つめ合うふた~りぃ~♪

ゆうべ、猫の餌やりをしている間、口の痛みは絶頂に...アイタタ,,,, なんでやねん、さっきロキソニン飲んだとこやのに... と悪態ついていたら、何やらしょっぱい。 ......ん?

パンパンに腫れていた歯茎さん、自爆...

途端に気分爽快となりました。丁度、担当の患者さんが発熱して救急で来られたので、足取りも軽く診察に。検査もしたけど血液検査も胸部レ線も異常なし、ただの風邪ってことでお薬だしました。自爆してくれたおかげで、今日は右のほっぺは、ペコちゃんからミニペコちゃんに。でも、やっぱり根本的治療をしとかなきゃね。

ネネちんも、昨日は何度も吐いて、涎も酷く、とうとう3週間を前にステロイド。元気はあるけど、少しづつ薬が効きにくくなってきてる。いつもなら、次の日には絶好調で涎もほとんど止まっていたけれど、前回くらいから、涎がいつも出るようになった。痛がっているわけじゃないけど。顎が口からの分泌物で黒くカビカビに。拭きたいんだけど、ネネちん、怖くってねえ。久しぶりに猫パンチ(かぎ爪付き)を顔に喰らいました。最近は、濡れティッシュを引っ張り出す音だけで、ベッドの下に逃げ込んで出てこんし....

お嬢は快食快便で、相変わらずの運動不足。あまり構ってもらえないのが気にくわない。でもね、お嬢。お嬢には、まだまだ時間はあるけれど、ネネちんには、あまり時間はないかもしれない。今まで外で暮らして寂しい思いをさせた分、目一杯愛してやりたい。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hanachin.blog9.fc2.com/tb.php/212-f013139b

HOME

MONTHLY

CATEGORIES

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

はなちん

はなちん

大学で最後に生まれた茶々は、1年間限定の命の蝋燭を燃やし尽くして、旅立ちました。でも、小さな命の悲鳴は、続きます.....

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。