とある大学に捨てられた猫たちと、そんな猫たちを見守る日記 ~猫と医学と~命を尊ぶ

--------------:--
スポンサー広告スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-03-30-Thu-02:08
大学の猫たち春まだ遠し


「よう、よう、ねえちゃん、遊ばない?」
「あれぇ~、ご無体な~」(な訳ないか....)


昨日、どーしても思い出せんかった映画は "The day after tomorrow" だと、ぺぺさんから教えて貰った。そう、そう、それだよ。最近、物忘れが激しくて、いったん頭に "Indepence day" とか浮かぶと、思い出そうとするとそればかりが浮かんで消えない。今日なんて、CPC(病理解剖と臨床とのカンファレンス)で apoptosis が浮かばなくて autopsy ばかり浮かんじゃったのよねえ。大脳半球が半分以上眠っていたのもあるけど。

桜の蕾は、プックリとふくらんできたのに、なに、この寒さ。やっぱり "The day after tomorrow" みたく、なるんだろうか。映画じゃ、飛んでる飛行機が凍っちまったりしたから、桜の蕾もこの寒さでフリーズ製法されちゃう。

昼からの外来は、最強メンバーの患者さん軍団で、たった6人に3時間以上もかかった。石田パパと午後からういろうの面会に行こうねと約束してたので、6時からのCPCの前に大急ぎで獣医さんへ。相変わらずブランド犬オンパレード。よりどりみどり。シーズー、ポメラニアン、ミニチュアダックス.... 総額幾らかな、とか思いつつ、待つこと小一時間。

院長先生が病室へ案内してくれた。先週見たときはお鼻もピンクで元気だったのに、口唇は真っ白。それでも久しぶりに出会った石田パパに思い切り甘えてたよ。

結果は、FIVに感染してしまっていた。頬に化膿した傷があったから、たぶん、捨てられて襲われて感染してしまったのかもしれない。それだけだったらいいのだけれど、脳浮腫をとるために使用したステロイドもあって、ヘモバルトネラに感染し、酷い貧血を起こしたのだ。足取りもヨロヨロと弱々しい。それでも、嬉しくてゴロゴロ、スリスリと一生懸命に甘えるういろう。取りあえず、今の治療が一段落したら、一度おうちに帰って、貧血の具合を見ながら手術できるかどうか検討することになった。

ういろう... 人間の1年が猫の数年になるんなら、私の分、4,5年分の命の蝋燭をあげるよ。
スポンサーサイト

Comment

2006-03-30-Thu-10:37

ホント、なんでこんなに小さな子に試練を与えるんだ?・・・
ういろう、先週病院へ行ったときには、元気にしてて手術出来る日が決まってたのにね・・・

ういろう、無理しなくても良いけど、頑張るんだよ。
私の命の蝋燭を4・5年あげるよ!だからもっともっと生きようね!!!

2006-03-30-Thu-11:38

やっぱり感染してたね・・・噛まれてなかったら感染しなかったのに、どうしても新参者は侵入者だからやられちゃう。
捨てた奴が一番悪い!!

2006-03-30-Thu-16:27

やっと幸せになれるってとこなのに....
しんどいだろうに、一生懸命に甘えるういろうを見てると泣けてきます。ほんとうに、可愛い子なんだ、ういろう...

2006-03-30-Thu-16:43

かわいい ういろう・・・。何とかがんばってほしい。
この上ない幸せを掴んだのだから、絶対に元気になって 
また楽しく暮らしてほしいです。 

今いる餌場からの保護猫 2ヶ月になりますが、貧血もひどく
白血球も高く、危篤状態になりましたが、なんとか生きております。オスですが、2.2キロしかありません。
ヨロヨロでしか歩けません。毎日、毎日 一緒にいるとかわいくて
しかたありません。

自分の寿命を、にゃん達にあげてもいいと切に思って暮らしています。 餌やりがあるので、もう少し生かせてほしいですが・・。
若い?ので にゃん達に私の分 いっぱいあげれます。

ういろうちゃんのこと、元気になれるよう遠くから祈っております。

2006-03-31-Fri-01:27

シロママさん、応援ありがとう。本当に健気に生きている子たちは、儚げで、可愛くて仕方ありませんよね。今日も一日、楽しかったよ、と言ってくれてるようで。

ネネも迎えに行った時は、ヘモバルトネラから酷い貧血になり、輸血して貰って抗生剤を飲ませ、今日か明日かという状態だったけど、今もこうやって元気にしています。奇跡は絶対に起こります。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hanachin.blog9.fc2.com/tb.php/208-7987e1ea

HOME

MONTHLY

CATEGORIES

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

はなちん

はなちん

大学で最後に生まれた茶々は、1年間限定の命の蝋燭を燃やし尽くして、旅立ちました。でも、小さな命の悲鳴は、続きます.....

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。