とある大学に捨てられた猫たちと、そんな猫たちを見守る日記 ~猫と医学と~命を尊ぶ

--------------:--
スポンサー広告スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-05-24-Tue-01:49
大学の猫たち嬉しい便り

0524-1.jpg

覚えておいでだろうか。保護猫、ナナちゃん。あるサービスエリアに捨てられて、兄弟ともはぐれひとりぼっちだったナナちゃん。里親募集していたのは、昨年の秋だった。募集をはじめてすぐにとても優しい素敵な里親さんに出会えた。その幸せな写真が届いた。与佐(よさ)ちゃんという名前を貰い、避妊手術も済ませ、毎日幸せに暮らしている。こんな便りを貰うと、一生懸命にがんばってきて、本当に良かったと思う。本当にありがとうございます。これからも与佐ちゃんをよろしくお願いします。

お嬢は、夜になってほんの少しウンチが出た。お腹を触るとまだまだ硬いウンチが溜まっているけれど、今日から新しい下剤を始めてみたから、これで出るようになればいいな。
スポンサーサイト

Comment

2005-05-25-Wed-22:38

カワイイ子~
顔見たら可愛がられてるのがすごい分かる!

2005-05-26-Thu-01:04

でしょ?本当にとても素敵な里親さんなのよ。旦那さんは猫が好きで、猫を飼いたくてアパートも変え、猫グッズも7年かけて揃えたそう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hanachin.blog9.fc2.com/tb.php/20-e6a9acfc

HOME

MONTHLY

CATEGORIES

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

はなちん

はなちん

大学で最後に生まれた茶々は、1年間限定の命の蝋燭を燃やし尽くして、旅立ちました。でも、小さな命の悲鳴は、続きます.....

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。