とある大学に捨てられた猫たちと、そんな猫たちを見守る日記 ~猫と医学と~命を尊ぶ

--------------:--
スポンサー広告スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-03-16-Thu-01:34
うちの猫たち作っちゃった~




前からテンプレートをカスタマイズして、想い出の写真の中でも、大好きな茶々の姿をトップにしたかった。やっとできた。この日記の前身は「猫の記録」で、とりとめもなく大学の猫やうちのニャンズ、大学での出来事諸々を書きつづっていたのだけれど、あまりに露骨に書きすぎてか、大目玉をくらい(爆)辞めてしまった。丁度そのころ、茶々の具合が悪くなり出し、心配した方々からたくさんのメールをいただいて再開したのが、この「茶々の日記」だ。その茶々は、2年前の秋に逝ってしまった。命の蝋燭は、茶々のお母さんであるネネにリレーされた。もう、茶々はいないけれど、たくさんのことを教えてくれた茶々を忘れたくない。ネネを見れば、そこには茶々がいる。新入りさちお君を見ても、そこに茶々がいる。

luna2003.jpg

ルナとあかねの里親さんから、先日メールが入った。ルナが行方不明になったというのだ。里親さんの家の周りは閑静な京都の町中で、大きな道路もない。たしか隣には神社もあって絶好の遊び場だった記憶がある。関係部署にも連絡し、ポスターも作って探しておられたが、今朝、救出したと連絡が入った。どうやら、他の猫に追いかけられて倉庫の下に潜り込み出られなくなってしまったようだ。本当によかった、見つけて貰って。同じような目には、きっとたくさんの猫が出会っているだろう。でも、このように必死で探してくれる人は多くあるまい。いつか帰ってくるさ、とか、猫なんてそんなもんだ、とか、そんな認識の人が多いんじゃないかな。そうした猫が、新入りさちお君のようになってしまうのかもしれない。でも、ほんとうによかった、よかった...

ネネは今回3週間ももたず、13日にステロイドを投与した。あまりにも涎が酷かった。だんだんと効きが悪くなってきているよう。でも、復活したネネちんは、キラキラと輝いてます。もう、生きてることが嬉しくて仕方ないのです。
スポンサーサイト

Comment

2006-03-16-Thu-13:27

これ、検索欄取れないのかな~?
せっかくなのに、もったいない!

2006-03-16-Thu-14:05

どやっ、これで!?

2006-03-16-Thu-20:43

いいね、いいねえ~
茶々がばっちし見える(^◇^)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hanachin.blog9.fc2.com/tb.php/197-1ff1cdf2

HOME

MONTHLY

CATEGORIES

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

はなちん

はなちん

大学で最後に生まれた茶々は、1年間限定の命の蝋燭を燃やし尽くして、旅立ちました。でも、小さな命の悲鳴は、続きます.....

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。