とある大学に捨てられた猫たちと、そんな猫たちを見守る日記 ~猫と医学と~命を尊ぶ

--------------:--
スポンサー広告スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-03-02-Thu-01:25
大学の猫たちアンケート


でかすぎ...

冷たい雨だった。先週は、もう春だと思ったのにね。雨のせいで、工事は中断。掘り起こされた土が濡れていた。ンコちゃんも、ミーちゃんも、新しい餌場でしっかりと待機。お利口だねー。4日ぶりにコムギも登場。痩せてもいないし、一体どこにいたんだろう。いつ食べに来てもいいように、いつもの場所に置き餌をしていたから、食べていたのかもしれない。

何故か年度末の押し迫った時期に厚生労働省からおみやげが...。胃癌とか心臓手術とか、10ほどの疾患・手術で使用した輸血量を調べろというのだ。この手のアンケートは本当に手間がかかる。担当する診療科にお願いしてもいいのだけれど、それでなくても人手不足で(研修制度が変わって研修医が少なくなったし、ローテーションしているから)超多忙な後輩たちにお願いするなぞ、出来るわけがない。部屋にカルテを山積みにして、技師さんと日夜カルテをめくる毎日。クッ... アンケートを取る側はいいわなあ。データを入力するだけなんだから。どういうわけか、こんなアンケートがあちこちからくる。何通も。アンケートに答えるために、時間を潰すなんて、勿体ない。とかく好きなんだよね、アンケート。そんなにデータが欲しいなら、こちらに来て自分で調べて頂戴。

確かに医療の質を高めるにはデータの蓄積が必要だ。でも、必要となるデータなら、どうしてこのネット社会、あらかじめ登録制にしておいて、データを日々入力していき、そこから拾うってことができないんだろう。無論セキュリティの問題もあるだろうが。

もーっ、こんなことするんなら、ベッドサイドで患者さんのじいちゃんとおしゃべりしていたいっ!早く帰ってネネちんともふもふしていたいっ!!
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hanachin.blog9.fc2.com/tb.php/187-c1d2952e

HOME

MONTHLY

CATEGORIES

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

はなちん

はなちん

大学で最後に生まれた茶々は、1年間限定の命の蝋燭を燃やし尽くして、旅立ちました。でも、小さな命の悲鳴は、続きます.....

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。