とある大学に捨てられた猫たちと、そんな猫たちを見守る日記 ~猫と医学と~命を尊ぶ

--------------:--
スポンサー広告スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-05-22-Sun-01:03
うちの猫たち退院

0523.jpg

一昨日便秘で入院したお嬢を昨日、迎えに行った。土曜日は午前中仕事だったので、夕方一番で。開院15分前に行って3番目。まだ、ましな方だ。一昨日預けてから、昨日の朝まで5回浣腸してもらい、石のように硬くなったウンチを崩しながら、出したそうだ。新しい下剤は、おとこ先生曰く、あまり効かないそうで、また前の処方食と下剤でコントロールすることになった。手術は半年くらいしてからの方がいいらしい。というわけで、お嬢は退院してきました。

お嬢の留守中、また、ネネちんがお嬢の部屋を嬉しそうに闊歩。寝る時も、わざわざお嬢の部屋の本棚の上へ。お嬢が帰ってきたら、かなり不満そう。戸を開けると、いきなりお嬢に文句言いに駆け寄るし....。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hanachin.blog9.fc2.com/tb.php/18-34fcc45a

HOME

MONTHLY

CATEGORIES

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

はなちん

はなちん

大学で最後に生まれた茶々は、1年間限定の命の蝋燭を燃やし尽くして、旅立ちました。でも、小さな命の悲鳴は、続きます.....

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。