とある大学に捨てられた猫たちと、そんな猫たちを見守る日記 ~猫と医学と~命を尊ぶ

--------------:--
スポンサー広告スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-02-07-Tue-02:25
事件真冬の台風


お尻、すき....

気圧の谷が通過、とかで、昼から暴風雨。猫餌タイムには、飛ばされそうなほど強風になった。昨日は久しぶりの冷たい雨で欠席したクルミもギンもどきも出席。会議が長くて遅刻したもんだから、ブーイング連発でした。しかし...茶太郎がいない。どちらの駐車場にもいない。もぉ、またフラフラとプー太郎してるんだ。帰ってくるんだよ、ちゃんと。

ニュースを読んで驚いた。世間お騒がせのLD事件に絡んで自殺した例のあれ。誰が見たって殺されたよねえ、と話していたのに、国会で警視庁のお偉いさんとかが「自殺です」と言い切ったらしい。へっ?オババだって、あれは消されたと言ってたぞなもし。

たしか、両手首を切って、両頸部を切って、割腹したって報道してた。んな~、あるわけないよ。手首と頸部の傷がどれほどの深さかは知らないけれど、死因は腹部大動脈をすっぱり切ったことによる失血死だと言ってたな、たしか。んな~、無理っぽい。正真正銘のお侍さんだって腹切りは死にきれないから、介錯人が付いて首切ったんだぞー。腹部大動脈まで成人だと結構な深さがあるから、長い包丁が必要だし、普通の包丁だったら柄の部分がめり込むくらいでないと、無理。それを横にぐいっと引くなんて、あんた、そりゃ幾ら考えたって無理。刺した時点で痛くて失神しちゃうわ。もし手首とかの傷が深くて出血してたら、それまでにショック状態に陥ってるし。

医学的に考えて、どうにも腑に落ちない。しかし、この事件は奥が深いらしくて、やばいって噂。自殺だろうが他殺だろうが、医学的に法医学的に興味の尽きない症例でありますが。救急で診た医者はひっくり返るほど、びっくりしただろうねえ、自殺って聞いて。
スポンサーサイト

Comment

2006-02-08-Wed-11:49

ネネちん、まん丸!!!
ムチムチだねえ~

2006-02-08-Wed-14:48

うん、このごろ凄く食べるのよ。お嬢よりも多いくらい。また食べられなくなるだろうから、今のうちにオブタにしちゃおうとw

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hanachin.blog9.fc2.com/tb.php/172-e36bcd81

HOME

MONTHLY

CATEGORIES

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

はなちん

はなちん

大学で最後に生まれた茶々は、1年間限定の命の蝋燭を燃やし尽くして、旅立ちました。でも、小さな命の悲鳴は、続きます.....

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。