とある大学に捨てられた猫たちと、そんな猫たちを見守る日記 ~猫と医学と~命を尊ぶ

--------------:--
スポンサー広告スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-05-20-Fri-01:07
うちの猫たち再入院

0521.jpg

朝一番にお嬢を獣医さんに連れて行った。この季節、犬の予防注射やフィラリアで、超満員。以前からお世話になっている獣医さんは、駐車場を拡張し警備員も配置していた。ほとんどが純血種の犬。ちょっと閉口。

やっぱり、ウンチはカチンカチンに固まっていて、何回か浣腸して出さなきゃならないのでお嬢は再入院となった。今使用している下剤が効かなくなってきているので、腸蠕動を促す薬に変更してみようということに。それでもだめなら、手術しかない。可哀想だけれど、便秘で苦しむよりもいい。

昨夜はお嬢につきっきりだったからか、朝からネネちんが大騒ぎ。起きて~、起きて~と鳴くのだけれど、どうしても起きられない。あまりに鳴くので、ふと見たら、カーテンレールの上に乗り、降りられないよ~、とSOSを出していた。しょーがねーなー、と椅子に乗って降ろそうとしたのはいいけれど、キャスター付きの椅子だったもんで、よろけてズドンと見事にこけた。思い切り、肋骨を打ったけど、ネネちんはその拍子に私の顔に爪を立てて逃げてった....。まあ、ネネちんに怪我がなくて、よかったけどさー。まるでやくざもんみたいな顔になったよ...。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hanachin.blog9.fc2.com/tb.php/17-6b4eac3f

HOME

MONTHLY

CATEGORIES

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

はなちん

はなちん

大学で最後に生まれた茶々は、1年間限定の命の蝋燭を燃やし尽くして、旅立ちました。でも、小さな命の悲鳴は、続きます.....

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。