とある大学に捨てられた猫たちと、そんな猫たちを見守る日記 ~猫と医学と~命を尊ぶ

--------------:--
スポンサー広告スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-01-31-Tue-02:00
うちの猫たち一転、


「はやくぅ、抱っこぉ~~!」

昨日ステロイドを使ったばかりのネネちん、早くも復活。一転してハッスル、ハッスル。上へ下への大騒ぎ。缶詰もバクバク、よく食べて、べーちゃんを追いかける。絶好調。これがステロイドエフェクトでなければ、なお良いのだが。仕方ないか。

お嬢は、自分の一畳ほどの陣地の中から動かず、食っちゃ寝してるから、もう、ムチムチ、プリプリのナイスバディ。

ここ数日暖かいので、餌やりの足取りも軽い。茶太郎もなんだかんだと心配だけれど、ちゃんと毎日走って来るし。上を見ればきりがないけれど、平穏無事なのが何よりなのかもしれない。

久しぶりに入院してきた患者さん。大の猫好き。家にも5匹。前の入院では、ちょっと散歩したら猫の姿を見たのに、いなくなったの?と心配そう。いえいえ、手術して管理してたら、数が減ったのよ~、と説明。それを横で聞いていた他の患者さん、へ?と頭の中が???状態。そうさね、TNRはまだまだこれからだ。手術することが当たり前になったら、野良猫なんて、絶対にいなくなるさね。そんな時代をこの目で見られるといいけれど。
スポンサーサイト

Comment

2006-02-02-Thu-01:54

お嬢...抱っこしてみたいなあ。
カワイイ...

2006-02-02-Thu-02:42

いいよ、抱っこしてやって。ただし、絶対に降りないよ~。それに、実は、見かけよりずーーーーっと重い。。。

2006-02-08-Wed-13:15
とうとう出ちゃったね

うわさは本当だったよ。
http://himitsu.ath.cx/4

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hanachin.blog9.fc2.com/tb.php/166-0bea8912

HOME

MONTHLY

CATEGORIES

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

はなちん

はなちん

大学で最後に生まれた茶々は、1年間限定の命の蝋燭を燃やし尽くして、旅立ちました。でも、小さな命の悲鳴は、続きます.....

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。