とある大学に捨てられた猫たちと、そんな猫たちを見守る日記 ~猫と医学と~命を尊ぶ

--------------:--
スポンサー広告スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-01-07-Sat-02:59
大学の猫たち再び寒波襲来




また、猛烈な寒波に襲われている。今日は、朝から雪が降り、昼前にはお日さまが顔を出したのはよいが、溶けた雪が凍ってしまい、道はアイスバーンに。車はまだスタッドレスだからいいようなものの、猫の餌やりでコンクリートの上を歩くのは命がけだった。水たまりと見せかけて、実は氷なんだもんねえ。きっと、つるりと滑って後頭部を強打、出血で...なんて事故もありうる。こけないようにと、猫の匍匐前進ならぬ小股歩行を強いられて、知らない人が見たらパーキンソン病かと思うだろうなあ。

あまりに寒いので、一番古くから着ていたモンクレーのダウンを猫の餌やりにおろした。これは、研修医になって買った物。もう20年ものだ。いまじゃ、見られない型だろう。そのころはレディスもほとんどなくて、サイズ0が一番小さかったけれど、それでも今では大きいくらいだ。しかし、20年も経っていても、ダウンは少しもへたっていないし、どんな新品にも負けないくらい暖かい。少し後にもう一着買ったけれど、ダウンはこの古い方が暖かい。しかし、この寒さには変えられぬ。

おとついから、ンコちゃんが来ない。天候が悪いと来ないことがあるけれど、3日続けては少し長い。どうやら、看護婦宿舎の方から来るらしいので、ひょっとしたら、誰かにもらってお腹も空いていないし、天気も悪いし、で来ないのかもしれないが。そうだったらいいけれど。茶太郎も、今日は欠席。このところ、しっかりと食べているから、体格もがっちりしてきた。明日は気圧配置も緩むらしい。明日はみんなに会えるかな。
スポンサーサイト

Comment

2006-01-08-Sun-14:01

近年にはない厳しい寒さと積雪が続き、凍結したした路面には気を付けて下さい。
本格的なアイゼンの付いた冬山用登山靴までは必要ないと思いますが、下記URLのサイトで北海道の人たちが滑らないように靴に装着する手頃なグッズが各種掲載されていましたので御参考までに書いてみます。
http://www.footcare-goods.com/kutuno_suberidome_001.htm
それと車のスタッドレスタイヤですが、普通の雪道には効果がありますが完全に凍結してツルツルのアイス-バーン化した路面ではタイヤメーカーが宣伝してるほど効果はないですから過信は禁物です。私は一昨年の冬、山の中のツルツルに凍結したゆるい上り坂で車輪が完全に空回りしてしまい登れなくて引き返した事があり、それまで思っていたスタッドレスタイヤに対する考え方が変りました。
凍結した路面にはやはりタイヤチェーンかスパイク付きのゴムで出来たタイヤに巻き付ける物が効果がありますね。面倒くさいですが。

2006-01-08-Sun-19:09

ひでさん、こんばんは。私も初めて札幌に行った時、タクシーを降りた途端、すってんころりんとこけました。そのときに現地の人に歩き方を伝授してもらい、デパートにも、その器具を見に行きました。ほんと、危ないですよねえ。車も、決してアクセル、ブレーキを踏まないでトロトロ走るがモットーですよね。滑り出したら、逆ハンで乗り切ってます。車にウインターモードがあって、オートマながらセカンド発進ができるし、前輪駆動なんで、大丈夫みたいです。以前は4輪ともスパイクタイヤ、はいてましたけど、禁止になったんですよね。

2006-01-09-Mon-00:32

スパイクタイヤは車にとっては安全で便利でしたね。
(Wikipedia)で見ると、「日本では1991年3月31日で販売が禁止された」、と書かれていますから、もう15年前になるんですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hanachin.blog9.fc2.com/tb.php/147-af8dddf0

HOME

MONTHLY

CATEGORIES

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

はなちん

はなちん

大学で最後に生まれた茶々は、1年間限定の命の蝋燭を燃やし尽くして、旅立ちました。でも、小さな命の悲鳴は、続きます.....

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。