とある大学に捨てられた猫たちと、そんな猫たちを見守る日記 ~猫と医学と~命を尊ぶ

--------------:--
スポンサー広告スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-12-14-Wed-21:00
大学の猫たちああ....

茶太郎がいた。駐車場で、車に向かって走ってきた。うれしくて名前を呼びながら、追いかけ回したら、元気に車から車へと逃げていったけど、それでも呼ぶ声にちゃんと答えてくれた。ああ、よかった、本当によかった。
スポンサーサイト

Comment

2005-12-14-Wed-21:14

はなちん先生!よかったですね。
もうちょっとですよ。茶太郎ガンバレ!

2005-12-15-Thu-13:32

良かった!  元気そうにしていて。
茶太郎って、生命力があるに違いない。
○のスプーン おもいっきりたべさせてあげたいな。
はなちん先生、茶太郎 今日は寒いけど がんばれ!

こちら、風邪引き 外ニャン1  治療完了  
駆けずり回って 忙し、忙し  気が抜けず。

2005-12-16-Fri-02:28

レイさん、シロママさん、本当に安堵しました。今日もちゃんと来ていたんです。何が気に入らないのか、絶対に近寄らないし、手を出すと逃げるか引っ掻くか、威嚇するので、もう好きにさせています。それでもいつでも食べられるようにと、銀のスプーンを一杯置き餌してます。ちゃんと食べてくれていたら、もう、何もいうことはないけれど、ね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hanachin.blog9.fc2.com/tb.php/133-03ee4b51

HOME

MONTHLY

CATEGORIES

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

はなちん

はなちん

大学で最後に生まれた茶々は、1年間限定の命の蝋燭を燃やし尽くして、旅立ちました。でも、小さな命の悲鳴は、続きます.....

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。