とある大学に捨てられた猫たちと、そんな猫たちを見守る日記 ~猫と医学と~命を尊ぶ

--------------:--
スポンサー広告スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-05-16-Mon-01:36
想い出不思議...

0516.jpg
夏の日の茶々

何度か、不思議な体験をした。

さあ寝ようとベッドに潜り込む。いつものようにべーちゃんが一緒に枕元に来て甘えながら丸くなつ。するとしばらくして掛布団の上をそろりそろりと枕元に歩いてくる猫の気配。あ、ネネちんも一緒に寝たいのね...

そっと頭をあげて布団の上を見ても、ネネはいない。自分のお気に入りの赤い猫ベッドの中だ....暖かい気持ちに包まれて眠りにおちる。

きっと茶々が会いに来てくれていると信じている。大好きなべーちゃんの側に寄り沿いたくて。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hanachin.blog9.fc2.com/tb.php/13-e07e5fab

HOME

MONTHLY

CATEGORIES

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

はなちん

はなちん

大学で最後に生まれた茶々は、1年間限定の命の蝋燭を燃やし尽くして、旅立ちました。でも、小さな命の悲鳴は、続きます.....

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。