とある大学に捨てられた猫たちと、そんな猫たちを見守る日記 ~猫と医学と~命を尊ぶ

--------------:--
スポンサー広告スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-12-05-Mon-01:43
うちの猫たち冬将軍到来


猫コタツの中が暖かいことを初めて知ったべーちゃん

今年一番の寒気が来た。天気図だと台風のような目を持った低気圧らしい。おかげで寒いのなんの。気温は4℃くらいだが、風が強いから体感温度がぐんと低い。少し早めに出掛けたけれど、ニャンたちはもう待っていた。寒いねえ、ごめんねえ、と謝りながら。クルミを抱っこして冷たくなった肉球を手で包み込んで暖める。家の子たちと違って、ゴワゴワした肉球。外の生活がどんなだか。

家に帰ってネネちんとお嬢に話しかけた。よかったねえ、お外は凄く寒いよ。あんたたちを連れて帰れて、本当によかった。

今のところ、大学ニャンズの健康状態に問題はない。茶太郎(疑)も毎日待っていて、ドライをバクバク食べている。それでも、寒い冬は辛いよね。餌やりも寒いけれど、帰ったらいくらでも暖かくなれる。ごめんね、本当にごめんね。
スポンサーサイト

Comment

2005-12-06-Tue-12:03

はなちん先生の外ニャン達への想いを読んでいると、自分の想いも込み上げてきます。
外ニャン達の体を激しく撫でながら「ごめんね」、「頑張って」、「なんとかするよ」ばかりの私。
みんなうんと頑張っているのだから、私ももっともっと頑張ろうと思うのでした・・・

銀のスプーン好きの子って多いですよね~
話が反れました(汗)

2005-12-06-Tue-13:51

はなちん先生~ 寒いですね4℃ですか。
茶太郎?も元気に銀のスプーン食べているようで良かった(^_^)。

昨日は、同じことしましたよ。肉球をほっぺにつけて 「冷たいね」
「ハア~ハア~」なんてやって小さな手を暖めてあげました。
ほんと、小さな肉球なのですよ。心が、痛みます。

大学ニャンズの健康に問題がないのはなによりです。
こちらは具合が悪かったニャンが、やっと復活できてほっとしているところです。3日間来なかった時はダメかもと思いました。
10日間近く、苦しかったです。毎日、ごちそうを持って行きましたから
今は味しめたみたいで、今日も持っていかないとダメですね。

にゃん達のためにも倒れるわけにゃ いかんので、気合を入れて食べることにも気を使って生活しています。忙しいので、早食いになってしまうのですが・・・(; 。;)。
はなちん先生の頑張りは、ほんとに励みになります。
ネネちん、お嬢 ほんと お家でよかったね。
はなちん先生もいっぱい食べてくださいね。

2005-12-07-Wed-02:20

大ママさん、シロママさん、思いはみんな、同じですよね。人間は服を着込んで靴を履いて、寒さから身を守れるのに...。

いつも自分のふがいなさを嘆いているうちに、なんで、こんな思いをしなきゃなんないんだと、捨てた人間への恨み節です。ほんと、見つけたらただじゃおかないから。アメリカのように、捨てた人間を同じように、この寒さのなか、外に空腹で立たせてやりたいよ...。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hanachin.blog9.fc2.com/tb.php/129-508dc009

HOME

MONTHLY

CATEGORIES

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

はなちん

はなちん

大学で最後に生まれた茶々は、1年間限定の命の蝋燭を燃やし尽くして、旅立ちました。でも、小さな命の悲鳴は、続きます.....

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。