とある大学に捨てられた猫たちと、そんな猫たちを見守る日記 ~猫と医学と~命を尊ぶ

--------------:--
スポンサー広告スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-11-29-Tue-02:01
大学の猫たちもう師走じゃん...


トリャーッ!!

明日で11月も終わり。もう年末、師走だ。世間は師走に向かって大忙しだが、病院はそうでもない。年末や新年早々、病院にいたい人は少ない。重症の患者さん以外は退院するか、外泊するし、検査も手術もストップするので、病院は閑散とする。その静けさが好きだ。

疑惑の中心、駐車場の茶太郎モドキは毎日、きちんと待っている。最初に比べたら少し無愛想になってきたので、やっぱり茶太郎かなあとも思ったり。相変わらず、缶詰は食べないで銀のスプーン一本槍だ。しかし、しかしだ。茶太郎がいつもの餌場から消えて、同じ日に1キロも離れていないところに同じ茶トラが現れて、しかもながーいまっすぐの尻尾を持っていて、同じ銀のスプーンが大好きで....こんな偶然が重なるわけないよ、ね?

茶太郎がいなくなったので、ギンもどきはR棟の元の餌場に戻った。いつも誰かと一緒だったギンもどき。去年の誕生日に仲良しのミッキーが消えた。K棟駐車場に移動して茶太郎と一緒にいたけれど、その茶太郎も消えた。寂しいだろうなあ。一番の長老だもんな。家に迎えてやれたらどんなにいいだろう。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hanachin.blog9.fc2.com/tb.php/125-10e94f26

HOME

MONTHLY

CATEGORIES

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

はなちん

はなちん

大学で最後に生まれた茶々は、1年間限定の命の蝋燭を燃やし尽くして、旅立ちました。でも、小さな命の悲鳴は、続きます.....

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。