とある大学に捨てられた猫たちと、そんな猫たちを見守る日記 ~猫と医学と~命を尊ぶ

--------------:--
スポンサー広告スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-10-30-Sun-00:58
想い出1年




早いもので、明日で茶々が亡くなって1年になる。具合の悪い子を保護したことは過去にもあったけれど、すぐに亡くなってしまったり、獣医さんで亡くなったりしていたので、こんなに辛い思いをしたのははじめてだった。具合が悪くなりかけてから、茶々の死を予感し、はじめてキューブラーロスの提唱した5段階を自分自身が経験した。

否認と孤立、怒り、取り引き、抑うつ、そして受容....

職業柄、たくさんの死と向かい合ってきたはずなのに、医学的な生命の週末は頭で理解できても、その取るに足らない小さな命が終わるのを受け容れられず、毎日泣いていた。泣いて、泣いて、泣いて、そして、ようやく受け容れてた。あれからもう1年。私の横にはネネがいる。
スポンサーサイト

Comment

2005-10-31-Mon-18:16

はなちん先生、はじめまして。
茶々ちゃんのご命日、お祈り申し上げます。

ダブルキャリアと検索をして辿りつきました。以前からはなちんさんのことは、ちゃま坊さんのwebsiteやblogを通じて存じておりました。今日は丸一日、茶々の日記を拝見していました。私の面倒をみている猫が現在ダブルキャリアで病気と闘っています。たくさんの希望と勇気をくれた、茶々ちゃんとはなちん先生に一言お礼を申し上げたくコメントをいれさせていただきました。

これからの1日1日を大切にします。
また寄らせてくださいね。

2005-10-31-Mon-23:19

レイさま、はじめまして。寒くなりましたね。レイさまのブログ、見ました。チャーくん、心配ですね。茶々もネネもダブルキャリアです。発症したのか、していないのか、定かではありませんが、ネネは1年たった今も元気に走り回ってくれています。これといって特別サプリをあげるわけでなく、食事だけは好きなものを好きなだけあげて、あとは思い切り甘えさせてあげる、これが一番の薬なんじゃないかと思っています。ああしてあげればよかったとか、こうしてあげたらよかったと思うよりも、これ以上ないくらい愛せたと思えるようにと、日々暮らしています。そのくせ、シッコたれされてますが(苦笑)。

ダブルキャリアの猫たちを見守って下さる方々にはあまり医学的に参考にはならないですね、ごめんなさい。また、こちらも寄らせて下さいね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hanachin.blog9.fc2.com/tb.php/110-33410a9c

HOME

MONTHLY

CATEGORIES

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

はなちん

はなちん

大学で最後に生まれた茶々は、1年間限定の命の蝋燭を燃やし尽くして、旅立ちました。でも、小さな命の悲鳴は、続きます.....

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。