とある大学に捨てられた猫たちと、そんな猫たちを見守る日記 ~猫と医学と~命を尊ぶ

--------------:--
スポンサー広告スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-10-25-Tue-01:20
大学の猫たち平和


シッコたれじゃないもーん

ネネちんのシッコたれは、今のところ止まっている。トイレを少し広くしたのがよかったんだろうか、それとも最後にシッコたれされた時に、呆然と立ち尽くして「ネネちん、こんなに愛しているのに...」と涙したことが堪えたのか、よくわからないが。おねしょシーツは大繁盛しているようで、ただ今品切れとのこと。あと1週間、なんとかシッコたれしないでよ、お願い。

気温は低いけれど気持ちいい日だったからか、珍しくクニオ君が待っていなかった。いつもボイラーの吹き出し口付近でお地蔵さんのように待っているのに。何かあったのかと心配になって、夜遅くまた見に行ったら、起きたばかりのような顔してのそのそとお出まし~。よかった、クニちゃん。あんたがいないと寂しいよ。デカ猫はいいねえ。癒してくれる。

この季節は講義が多くて準備に追われている。数年前、数ヶ月を費やしてスライド集を作ったけれど、医学の世界は日進月歩だ。同じ講義内容で言い訳がない。なので、一生懸命に講義の準備をしているのだ。出席をとるから、たくさんの学生が聴講してくれるのはいいけれど、本当に大変なのよ、準備するの。わかってくれたら、寝てないでちゃんと聞いてね。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hanachin.blog9.fc2.com/tb.php/106-a8859b12

HOME

MONTHLY

CATEGORIES

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

はなちん

はなちん

大学で最後に生まれた茶々は、1年間限定の命の蝋燭を燃やし尽くして、旅立ちました。でも、小さな命の悲鳴は、続きます.....

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。