とある大学に捨てられた猫たちと、そんな猫たちを見守る日記 ~猫と医学と~命を尊ぶ

--------------:--
スポンサー広告スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-10-15-Sat-02:34
うちの猫たち寝る、寝る、寝る....


見ているだけで苦しいわ

久しぶりの雨の日。そのせいか、寝る、寝る、寝る。いつもなら遊べ、撫でれ、と五月蠅いのに、誰も側に来ない。ふとみたら、じゃまされない場所で、こってりと寝ている。幸せだねえ、君たちは。お外の子たちは、この雨の中、一日一回のご飯を待って濡れていた。お腹が一杯になったら、濡れずにすむ場所を求めて闇の中を消えていく。どの子も幸せになる権利があるはずなのに。みんなが小さな命にも目を向けてくれたらいいのに。

老人ホーム事件の真相は未だ闇の中だけれど、色々な団体や個人の力でネット上ではいい方向には向かっている。それでも訂正や真実を報道しようとしないマスコミ。

今度の事件の時だって、記者の中には猫を知っていておかしいと感じた人だっていたはずだ。それなのに、どうしてみんな画一の同じ記事を書いているのだろう。マスコミってそんなもんか?真実を探求する力、そして真実を知らせようとする努力、それがマスコミの義務だろうし、記者魂なんじゃないのかね?

テレビを見ていても、株の買収だとか訳のわからんことばかり。どの顔も、金、金、金。反吐が出そうだ。資本主義社会なのだから仕方ないのかもしれないけれど、あまりにもせちがらい。今もまた、投資が破綻して大騒ぎ。確かに潰れるかもしれん、という間際にまで投資を募集するのもどうかと思うが、投資するかどうかを決めたのは自分なんだし(それこそ自己責任だろうが)、うまいことして儲けようなんてせこいこと考えたのもいかがなもんかと。

情報が届かなかった時代ならいざ知らず、このグローバルな時代で、国だとか民族だとか、宗教だとか、そんなこと言ってる場合じゃないじゃないか。毎日たくさんの種が絶滅し、自然は破壊されているし、人間だって食うか食わずかという人たちが大勢いると言うに。

お金を儲けるのは良い。でも、何が大切でお金をどう使うべきかを是非考えて欲しい。ま、わたしなど降っても何も出てこない袖しか持ち合わせないので、こんなことを書いてもやせ我慢というか、武士は喰わねど...というやつなんだが。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hanachin.blog9.fc2.com/tb.php/101-29675754

HOME

MONTHLY

CATEGORIES

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

はなちん

はなちん

大学で最後に生まれた茶々は、1年間限定の命の蝋燭を燃やし尽くして、旅立ちました。でも、小さな命の悲鳴は、続きます.....

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。