とある大学に捨てられた猫たちと、そんな猫たちを見守る日記 ~猫と医学と~命を尊ぶ

--------------:--
スポンサー広告スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-08-31-Thu-01:34
うちの猫たちタマ子の独り言




もう、夏も終わりねえ...ふーっ。

今年は、なんだかチビ猫がたくさん来てさ、ほんと、うざいったら、ありゃしない。あいつら、遠慮っつーもん、知らないんだよね、まったく。親の顔がみたいわよ...どういう教育してんだか。

ちょっとずつ減ってるみたいなんだけど、一番、ちゃかちゃかと五月蠅いのが残ってるんだよねえ。まったく、わたしを見たら、背中弓なり毛髪ビンビンで威嚇すんのよっ!まったく、最近の若いもんは、礼儀も知らないのよっ!ちゃんと挨拶もできやしないんだから、ったく。

いちお、里親募集してるらしいんだけど、売れないのよねえ。なかなかの男前だし、色も涼しげなんだけどさ。ネットで掲示板見たら、満載、じゃないの.....

私なんかさ、大学で車に当て逃げされてさ、助けて貰ったからこそ、こうして悠々自適で暮らしていられるけどさ....あんな事故がなけりゃ、今頃私だって、どこでどうしているのやら....

そうそう、去年、二階に越してきた陰気なばあさんも、事故に遭ったって言ってたわね。轢いちゃったのは、うちの飼い主、だって。それまで10年も大学に暮らしてたって言うじゃない。その割には、艶々していい毛並みしてんのよね、あのばあさん。ま、美貌じゃ、私の方が上だけど。

新聞読んでたら、どこぞの不細工な作家が、自分ちの猫が産んだ子猫を崖から落として殺してたってエッセイ書いてんのよね。ばっかじゃないの。屁理屈こねくり回して、自分の事を賢いって思ってるみたい。ほんとに賢い人間は、罪を一人で背負って、寡黙に生きるもんなのよ。日本は私には向いてないわ~、とかって、タヒチにいるらしいけど。だったら、日本の新聞じゃなくてフランスの新聞に同じエッセイを書けっつーの。それだけの肝っ玉、ないんじゃないのー?なんなら、全世界に同じエッセイを発表して、ご意見頂戴したらどーなのよ。日本を見下したふうに、言うんじゃねーよ、まったく。自分の方が落ちこぼれじゃないのさ。

あら、私としたことが、汚い言葉になっちゃった。

いやなご時世ねえ。ったく、ところで、チビ猫、どーにかならない....
あ~、こっちに来た.......あqwせdrftgyふじこlp;




スポンサーサイト

2006-08-27-Sun-04:00
未分類


やってらんねぇ...

涼しくて過ごしやすいので、ついつい、寝てしまう。帰宅して猫の世話して、茶々の介の遊び相手をしていたら....zzzzz......気が付けば、朝....

去年は夜も蒸し暑くて寝苦しい日が多かったけれど、今年は結構、気温が下がって過ごしやすい。お外の猫たちも、暑い昼間をやり過ごせば、涼しい夜に活動できる。食欲も例年ほどには、落ちないようだし。

いつもなら、夕方に雨がざーっと降って餌やりタイムには止んでいることが多かったけど、今日は残念、タイムリーに雨が降り出し、雷もなりだした。丁度、車の下に悟空がいたので、動かすこともできず、小一時間、小休止。いつもなら、たくさん車が駐車してあるから、どこにでも雨宿りできるんだけれど、週末ともなると駐車場は雨宿りすら、できないのだ....。厳しい現実。

2006-08-24-Thu-02:07
大学の猫たち気が付けば


こ~んなに馴れましたよん♪

猫の餌やりの時間には、せみの声じゃなくて、秋の虫。今日は、風も涼しげ。もう、秋かいな。まだ、夏休みしてないんだけど...

茶々の介はパワー全開。力余って、走り回ってます。お嬢は、もうヘロヘロ。夜、オババが寝た後台所を開放してやるんだけど、ハナもタマも戦々恐々で、「こいつは何もん???」状態。茶々の介は、先住さんたちなんか、目に入ってないし。

はぁ~、早く里親さん、探さねば。。。お嬢の胃に穴があいちまう....

昨日、書き忘れたこと。

姉貴、家を失ったスズに暖かい家庭と限りない愛情を本当にありがとう。そして、姪っ子へ。献身的な看病を、本当にありがとう。スズは世界一幸せな猫になれました。

2006-08-23-Wed-01:39
事件さよなら、スズ...




姉貴んちのスズが、今朝、亡くなった。

10年近く前、スズは大学に捨てられた。鈴のついた赤い首輪をはめたまま。K寮の前を小走りに駆け寄ってくる姿を今も覚えている。

そのころは、避妊手術後、獣医さんが預かってくれなかったので、自宅や姉貴の家に傷が癒えるまで静養させてからリリースしていた。スズは姉貴んちに預かって貰った2番目の猫だ。最初のシルバータビーは、凄く可愛い猫で、姉貴もここにいてもいいよ、と言ってくれたけれど、どうやら家の中が気に入らないらしく、仕方なくリリースした。その直後に預けたスズは、まるでここが私の家よ、と言わんばかりにすぐに馴れ、そのまま姉貴んちの猫になった。

その後、姪っ子が骨折して木に引っかかってたクロベエを保護し、甥っ子が道の真ん中で行き倒れになっていた小夏を保護した。

今年になって、よく咳をすると獣医さんにも行ったけれど、喘息かアレルギーだと言われていた。食欲もあったし、それよりも腎不全で点滴通いのクロベエの容態の方が深刻だと思われた。しかし...

2週間前、いったんはステロイドで持ち直したスズだったけれど、パタリとご飯を食べることをやめた。息づかいも荒い。スズはFIV陽性だし、年だから仕方ないね、そう言ってたけれど。

それでも心配で診察時間の過ぎた獣医さんへ走った。肺炎から膿胸を併発していた。酸素を取り込む場所もない、よくこれで息ができるな、とも。

ともかく、抗生剤と点滴の日々が始まった。身体はやせ細り、日がな一日寝ていたスズ。

それでも、ここ数日、好物のカニかまを食べたりしていたのだが...

一生懸命に看病してくれた姪っ子に看取られて、スズは旅立った。最後の瞬間は、苦しそうで見ていられなかったよ、と泣きじゃくる姪っ子。思わず、ネネを思い出し、泣いた。

そう、苦しまないで死ぬことなんて、できないんだよ。
誰もが避けて通れない死だけれど、楽そうに死んでいくなんて、ウソ八百。
しっかりと受け止めて。
スズも、そしてネネも、力の限り生きて、そして死んでいったの。
自分の死をしっかりと見つめながら。

ネネにも言ったけれど、スズ、もう生まれ変わってくるな。

生まれ変わって、また出会えたらいいけれど、また、助けてあげられたらいいけれど。

出会えなくて、辛い野良生活をするくらいなら、ずっとそこで留まって、私たちが逝くまで待っていて。
[ 全文を表示 ]

2006-08-21-Mon-01:27
大学の猫たち近況


真剣にバトル!

チビ猫パワーに圧倒されて、しばらく茶々の介ばかり登場してますが....大学ニャンズの近況を。

クニちゃんは、ちょっと心配なくらいに食欲がダウン。大きな体の割に食べるのは少ない方だったけれど、最近は大きい缶詰1つを食べるか食べないか、くらいに。調子悪いようには見えないのだけれど。去勢手術した際に検査してもらってFIV陽性であると判明したから、ちゃんと年一回はワクチンを打って感染予防をしているが、この暑さ、たまらないのかもしれない。

ンコちゃんは、最近K寮駐車場で待つようになった。どうやら、ここが本拠地らしい。しかし、だ。困ったことに、人通りが結構激しい場所。しかも私を見つけるとにゃーにゃーと姦しい。こそっと来て欲しいのだよね...

保護が遅れている悟空は、ミーちゃんと一緒にきちんと待つように。しかし....これも人通りのある歩道にスフィンクスして待っているのだ。しかも、ね、人が来ようと絶対に動かない。悟空は体長が非常に長いので、歩道に垂直方向にスフィンクスすると、跨いでしか通れないのだが。日勤から帰りの看護婦さん、「ごめんね~」とかいいながら跨いでるし....ちょっとは動けよ、悟空。いい人ばかりじゃないんだよ。見ていたら、いかにも汚らしい物みたいな目で睨みつけてるナースだっているし。

悟空は、走らない。私を見つけて、「あ!ご飯が来た!!」って時でも、人間の歩行よりも遅く、ノッシノッシとやってくる。あ”~~、もーちっと機敏に動いてよ、機敏に。猫なんだし。

クルミと茶太郎は、病院駐車場の隅っこで元気にやってます。茶太郎、2~3日来ては、どこかへいっちゃうというパターンは相変わらず。それでも来ると、おいしそうにご飯を食べてくれてます。

モドキモドキはK棟駐車場を独占。しかも、他にもフアンがいるらしい。おいしいミニ缶を多数発見。コロコロと太りだして、毛並みも良くなった。

長老ギンもどきも、兄ちゃんも、R棟でしっかりとご飯食べてます。

今年、仲間入りした悟空もモドキモドキも、うまく暮らしてなんとか平和な毎日。


[ 全文を表示 ]

2006-08-18-Fri-03:01
大学の猫たち子猫パワーって


おばちゃん、大好き♪(わたしゃ、嫌い...)

凄いです、ホント....

何もないのに、ただ、走り回ります。大猫だろうが、怖いおばちゃんだろうが、平気で足蹴にして飛び越えていきます。

元気です、元気すぎます。ついていけません...

一つ、ハンサム極まりない茶々の介ですが、欠点が...

驚くとすぐに放屁しちゃうんです、そう、おならが出ちゃうんです....これがまた、クサイ....綺麗なお顔に似合わないんですけど。


お盆休みも(世間では)終わり、来週は地蔵盆。そうこうするうちに、秋。早いなあ...

2006-08-16-Wed-01:49
大学の猫たち


どう?男前でっしょ!

男前の茶々の介

ですが....

めっちゃ、びびりです。弱虫です。やんちゃなのは、内弁慶なだけです、はい。

もう姉貴や姪っ子、甥っ子が来るとムササビみたいに飛びますし、壁なんて、垂直に登っちゃいます。挙げ句の果てに、最後の砦、ケージに入って、尻尾ビンビンで威嚇しまくってます、迫力ないんだけど。

あかんわ、これじゃ、里親なんて見つかりっこないよ、と姉貴がポツリ....

.ウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!!!!

ほんまにねえ、あかんたれなんですわ、こいつ。でも、茶々の介が階段降りてきて一目さんに逃げ出したハナちゃんって、もっとあかんたれですけど。

どなたか、こんな息子ですが、貰ってもらえません?

見目麗しいことは保証いたします。スタイルも抜群です。尻尾の先っちょが、くるりんと180℃曲がってることはご愛敬....

大学のにゃんこらは、この暑さで食欲減退。いつもの半分くらいしか食べません。それじゃ、やってらんないよ、と、与えた焼きカツオがまずかった....

もっとくれ~、カツオ、くれ~って、鳴き続けるし.....

あのな...これ、高いんだよね....

参ったなあ。

2006-08-15-Tue-02:31
大学の猫たち茶々の介で~す!




デジカメさん、再起するのに随分とお金がかかるので、諦めて、買いました。うっふっふ...

一眼レフなぞ、いいなあと思ったけれど、だいたい、カメラがどうして撮れるのかも知らない人間だし、それなら、と、雰囲気だけでもかっこいいキャノンパワーショットS3で。雰囲気だけでも、カメラマン、へへ。

茶々の介は、相変わらずのビビリン坊ですが、背中やお腹を撫でると、ぴったりとくっついて、盛大にゴロゴロ言ってくれます。普段、2階でお嬢と二人ぽっちなせいか、もう、お嬢が大好きで。ず~~~~っとお嬢をストーカーしてます。お嬢、お疲れ、です。

盆休みが済んだら(と言っても、私は仕事)、茶々の介の募集再開します。ほんと、私が言うのもなんだけど、めっちゃ、イケメンです。手足もすらりと長いし。じっと見てると、惚れ惚れしちゃう。

チンチラの多頭崩壊も、たくさんの人が手を差し伸べてくださり、なんとか、光が見えてきた感じですね。よかった。飼い主の罪は許されるものではないけれど、犠牲になるのは、物言えぬ猫たち。今後は、関東、地元、関西と地域に別れて、保護や募集が広がるはず。できることから、お手伝いできればいいな、と思っています。

確かに、80匹という数に圧倒。捨てられたり、拾ったりで、多頭崩壊することはあったけれど、たった数匹が3年間で、しかも室内飼いで、これだけ増えるとは。仰天でした。しかし、もっと仰天は、それを見ていてなんとも思わない飼い主の根性。

まだまだ先は長いけれど、チンチラ、長毛ということもあり、通常よりも早いスピードで物事が運んでいるように思うのは、ひがみ、でしょうか...

現地でがんばってくださるボラさんも、遠い所を駆けつけてくださったリトルさんも、そして関西のボラさんも、普段、地元で地道に活動を続けてくださってる。これがチンチラでなくったって、駆けつけて下さる方たちです。しかし、ネット上の注目度が....、違うんじゃね?って。

これが、三毛だの、キジだの、はたまた、白茶だの、ふっつーの日本猫の集団だったら、こんなに注目されたでしょうか。

普段からも、多頭崩壊なんて一杯あるんだし、チンチラでなくったって、応援してあげてよ、と小さい声で言っときます。お願いします。これを機会に、日本の貧しい動物事情を少しでも知っていただければ、そして声をあげてくだされば、と。

そう考えると、なんだか、今も知らない所で辛い目に遭い、手が差し伸べられるのを待っている猫たちが不憫。いやいや、状況が全然違うし、差別じゃないとは思うけれど、ね。やっぱり、猫も女性も、見た目、かな。個人的には、ベタベタの日本猫の不細工系が、好みだけど。

2006-08-09-Wed-02:01
大学の猫たち暑っつ....


いつもゴロゴロ人間大好きモドキモドキ君

暑う...ございます。

夏だもんね、仕方ない。今年はいつまでも雨が降っていたし、気温もいまいち上がらなかったから、なんとなく冷夏かと勘違い。はい、しっかりと暑いです、しかもしっかり湿ってますし。

突然夏になったもんだから、あちこちで、蝉の抜け殻が散乱してるし、蚊もいまぞ、とばかりに飛んでくる。姪っ子がどこぞの景品で貰ってきた腕時計みたいな虫除けグッズを使っていたこともあってか、7月中は蚊に刺されることもなかったが。今では、虫除けスプレーをしていても、ちょびっと噴霧し忘れた箇所を狙って刺されてるし...。

暑くなったから這い出てきたのか、大学ではマムシが出現して大騒ぎ。まあ、ヘビだって、この暑さじゃ、やってられんね。変温動物だし。

昨日は病院駐車場で、奇妙は光景に出くわした。コガネムシ親子の行列。最初がお母さん(だと思う)、その後をお父さん(だと思う)、最後にちっこい子供。飛べばいいじゃん...ねえ....なんであえて車に轢かれそうなところを歩くんだろう。しかも一列になって。

それでも去年に比べたら、夜は比較的過ごしやすい。大学の猫たちも、ちょっとは食欲は落ちたものの、元気に顔を見せてくれているし、禿げだらけだったモドキモドキも、毛並みが揃って綺麗になってきた。家では、相変わらず、茶々の介(茶々介は呼びにくいので)が遊び相手を求めて大暴れしてるし...。

大学は夏休みモード、病院はそろそろ盆休み(実際には休みではないが)モードに突入し、暑さもあいまって、ダラダラ...、いや、ゆったりモードです。

2006-08-07-Mon-11:17
大学の猫たちそして....




今度はQちゃんがお試しに入りました。

里親候補の方は、幸い、同じ県内で車で30分もかからないところ。先住に、同じ年頃の女の子がいて、相性が合うかどうかみたいということ。お世話してくれるのは、うら若き女子大生の娘さん。茶々子の時もそうだったけど、またまた、美人さんです(*^_^*)。

そして、また、今度も先住さんは、キジ猫さん.... 何かご縁を感じますねえ...

勝手知ったる近場の地理....しかし、しっかり迷いましたよ。

昔からの在所で、車が通れるかどうかという細い路を、こっちかなあ、と行くと、そのまま民家の庭に突入、とか... 

車に乗っている間中、Qちゃん、文句垂れどおし。到着して放すと、物怖じすることなく、シッポを立てて探索....先住のメイちゃんは、知らないおばちゃんと訳わからんけど偉そうに振る舞う猫とに圧倒されてましたけど。

一昨日連絡があり、バッタンバッタンと取っ組み合いしてるんですけどぅ...こんなもんですか?と。

そうです、激しいですよ、子猫の遊び方。必殺背中掻きを伝授すると、「すごい!もっともっと、って甘えてくれる!」と感激されちゃいました。

あんなに逃げ回っていたQちゃんだけれど、すっかり人間との生活に慣れてくれたみたいで、嬉しい。どうか、幸せに。




で、残された兄ちゃん、改め、茶々介でありますが....

遊び相手がいない....  おばちゃ~~ん、あそぼ!とお嬢に擦り寄るが、
シャ~~ッ!!(そばに寄らんとって!!)」

仕方ないので、私とたくさんのおもちゃとで、大人しく遊んでます。さすがに走り回ることがないせいか、バタンキューと疲れて眠れるわけでなく、いつも、目がランラン....




おもしろいのはお嬢の反応。

茶々介一人になった途端、態度が急変したんです...無論、ケージに誰も残ってないことを何度も確認したうえで...

「ここは私の部屋だかんね、あんたの好きにはさせんからね~~」

落ちてた食欲も快復し、茶々介に負けじと食べてますし....
茶々介にも、一杯遊んでくれる里親さんが早く見つかるといいね。




アケッチ邸に預かって貰っている茶々男にも、お話が来ています。

ゆっくり、ゆっくり、少しずつではありますが、なんとか、がんばってます......





HOME

MONTHLY

CATEGORIES

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

はなちん

はなちん

大学で最後に生まれた茶々は、1年間限定の命の蝋燭を燃やし尽くして、旅立ちました。でも、小さな命の悲鳴は、続きます.....

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。