とある大学に捨てられた猫たちと、そんな猫たちを見守る日記 ~猫と医学と~命を尊ぶ

--------------:--
スポンサー広告スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-05-30-Tue-02:11
事件あれや、これや...


サチヨさんに抱っこされてご満悦~

ネネが亡くなって2週間しかならないのに、まやさんちのちゃちゅ(お嬢と同じ柄だけれどスレンダーで半長毛の可愛い子)そしてアケッチママさんちのこてつが相次いで旅立った。今年に入ってから、周りで訃報が相次ぐ。

そして...

今度は姉貴んちのクロベエ。食欲大魔神だったのに、ご飯を食べなくなり部屋に籠もって出てこなくなった。慌てて獣医さんに連れて行ったら、腎不全とエイズ。エイズは発症かどうかは定かではないけれど、風邪も引いている。しかし、連日の点滴とインターフェロンでなんとか食欲が戻りつつある。

いつまでたっても、肌寒さの残る今年。いつもなら、もう建具も夏用に変わっているころなのに。

米原万里さんが逝去された。ロシア語の通訳で有名だけれど、ある雑誌で読んだエッセーがいまだ心に残っている。とある国際会議で同時通訳していた時、会場に子猫が捨てられていた。助けを求めて鳴く悲痛な声に各国の首脳が右往左往したそうだ。どうしよう、どうしよう、とうろたえる首脳陣。なんだか、可愛いなあ。見かねて万里さんが猫を連れて帰ったと記してあった。後で調べてみたら、彼女はとても動物好きだとわかった。そのときの猫かどうかはわからないが、猫5匹と犬4匹と暮らしていた。卵巣癌と闘い、25日亡くなった。享年56才。ちょっと毒舌・反体制で、こよなく動物を愛する人、こんな人には、もっともっと長生きしてもらいたかった。
スポンサーサイト

2006-05-26-Fri-02:33
大学の猫たち頭隠して...


尻隠さず....

お嬢は潜るのが好きだ。事故で入院中も、ケージに敷かれた新聞紙をうまくつぐらの形にして中に潜り、おまけにご丁寧に出入り口まで作っちゃってた。半畳生活の時も、潜るものがないと、お尻に引いてるクッションをはがしてまで、もぐっていたほどだ。安心できるのだろう。

しかし、ねえ...

何もマザーベッドに潜ることはないじゃん。それは、上にのってこそ、気持ち良いのであって、潜っても、ちっとも気持ちよくないと思うのだが。

もうすっかり家猫のお嬢。どの猫よりも飼い猫っぽい。あれだけ外の暮らしが長かったのに。そして、日に日に部屋からネネの影が薄れていく。

新入りの茶白くん、しっかりと毎日定位置で待っている。車の音が覚えられないようで、定位置に車を止められないと、「餌が来た!」と分からないようだ。なので、呼びに行かねばならぬ。呼ぶと、キーキーと甲高い声で鳴くから、ちょっと恥ずかしい...

誰かに似ている、新入り君。はて...

あ、モドキだ!

大学猫にはなんとかモドキと名付けられたのが何匹もいる。最初のころにいた子らは、安易にも、その模様から名前を付けていた。クロちゃん、とかシロちゃん、とか。で、キジ白の初代が「シマちゃん」そのそっくりさんが、「シマもどき」。シルバータビーの初代が「ギンちゃん」で、そのそっくりさんが「ギンモドキ」、といった具合。

元祖「モドキ」は、はて、誰に似ていたから「モドキ」になったんだったっけ...

ともかく、私好みの横長ふてぶて顔の元祖モドキは、どういうわけか、猫に嫌われていた。性格が悪いというわけではない。むしろ、大人しい猫だった。なのに、ちょっとでも近づくと、オスであろうがメスであろうが、狂ったように威嚇されるのだ。なんでやねん... そのころ一緒に餌やりしていたクミコさんと、「きっとモドキは臭いんちゃうか~」と冗談いってたほど。

そのモドキに似ている新入り君。ということは、モドキモドキ?

2006-05-25-Thu-02:35
うちの猫たちネネ亡き後...




数日間、お嬢は疑心暗鬼でネネの部屋を探索していたが、ようやくネネはもういないのだと納得したようで、今では我が儘全開、パワーアップしている。ほとんどの時間をネネのいた私のベッドの上で過ごし、御覧のようにべーちゃんに、ちょっと気がある模様(爆)。

ネネのいた間は、半畳ほどの自分の陣地から出ることはほとんどなくて、たまに出てくると、ネネがガーッと駆け寄り、「あんたっ!ここをどこだとおもってんだよぉっ!!」とメンチ切ってた。なので、お嬢はほとんど動かない猫だと思っていた。よく外で暮らせてきたなあ、と関心していたのだけど...

走ってます、たまに。何もないけれど、楽しそう。

今朝など、起きてみたら布団の中で寝てました。お嬢....ずーっとこうして暮らしたいと思っていたんだね。大変な怪我をさせてしまったけれど、夢は叶ったよ。

ネネが亡くなってすぐ、お嬢のいた駐車場に白茶の猫が出現....性別、年齢不詳だが、やたら甲高い(サチヨさんちの大ちゃんみたい)声でキーキーと催促してる。

あんた、一体、誰?

2006-05-23-Tue-02:19
うちの猫たちありがとう~さようなら



ネネ、そばにいてくれて、ありがとう
貴方のことは、忘れない


何から書けばいいのか...

ネネが亡くなって1週間が過ぎました。とても長い1週間。ネネのいない部屋は、とても静かで、こうしてパソに向かっていても、遊んでくれ~、撫でてくれ~と駄々をこねる声も聞こえません。

たくさんの励ましとネネへの暖かい言葉をありがとうございました。ちっぽけで、気だけは強い1匹の野良猫だったネネが、これだけたくさんの方の心に焼き付いたことは、誇らしい限りです。ネネは懸命に生き抜いた。輝いて、ピッカピカに輝いて命を駆け抜けました。

思い返せば、このままずっと幸せに暮らせるんだと錯覚していました。FIVとFLVのダブルキャリアがどれほどリスクが高いか、知っていたのに。いつも覚悟をしていたはずなのに、その現実がどれほど辛いものだったか。

やっと春がきた4月、それまでのようにステロイドが効かなくて涎が止まりませんでした。それに、嗜好が変わって、ドライフードもシーバに、缶詰は食べなくて焼きカツオに、と。その時点で嫌な予感はありました。どういうわけか、具合が悪くなると、味の濃いものを欲しがったのです。

あまりの涎に獣医さんに行くと、下の犬歯の歯根が感染していると言われ、「よっしゃ、抗生剤か悪くしても手術で治る」と喜んだのでした。しかし、抗生剤を投与しても一向によくならない。そのうちご飯も食べなくなり、元気だけはあったものの、不安にかられ、獣医さんへ。40.9度の熱はあったものの、レントゲンも異常なく、貧血もなし。鼻水が出ていたので、ヘルペスかカリシが再燃したのでは、との診断でした。インターフェロンを打って貰い、皮下点滴をしてもらって帰宅。

ヘルペスやカリシならなんとかなる、がんばれる、と思っていました。

しかし...

5月14日、昼、トイレに行こうとしたネネが倒れた。瞳孔は散大し、呼吸は早く荒い。あきらかにショック状態でした。おろおろして思わず手に取った携帯でぺぺさんに連絡。アケッチさんが駆けつけてくれて、獣医さんに運びました。

たった1日なのに、肺にはあきらかに肺炎の影が....体温も33度しかありませんでした。カットダウンし点滴に繋いで貰いましたが、どうしても家で見てやりたいとの願いを聞いてもらい、この手に抱いて帰宅。

しばらくは疲れたのか、それとも点滴が効いたのか、ベッドの上でぐっすりと寝ていたネネ。保温のため、ケージを用意してお気に入りのキューブベッドで寝かせました。

しかし...

何度も何度も苦しそうに呼んでは、出してくれと言うのです。そう、ベッドの下に行ってしまうネネ。茶々もそうだったね。冷たくて暗いところに行ってしまうのです。だめだよ、ネネ、そんな所に行っては、私の手が届かないよ...

ネネには悪いと思いましたが、肺炎なら乗り越えられるかも、と奇跡を願い、ケージにもどしました。

明け方、どこからそんな力があるのかと思うほど、ケージをガリガリし、悲壮な声を出しました。

どうしたの、ネネ、苦しいね、辛いね,,,,

抱き上げた途端、大きくのけぞり、深く息を一つして....

ネネは旅立ちました。約束したとおり、私の腕の中で。

ごめんね、ネネ。中庭で暮らしていた時、何があってもネネを守ってあげるよ、と約束したのに。苦しみから守ってあげられなかったね。許してね。

ネネはとても綺麗でした。初めて口の周りの汚れも取ってやれました。どう?美人でしょ?差し込む朝日の中で、輝いていました。

そして、久しぶりの快晴の空に、ネネは帰っていきました。残されたものは、本当に寂しいものです。こうして日記を書いていても、じゃまをする、貴方はもういない。まだまだ、これからも寂しい日が続くけれど、お嬢はもう、貴方がいないことを確かめて、ベッドで寝ているよ。べーちゃんは、貴方の猫タワーで爪研ぎするようになったよ....

もう帰って来ちゃだめだよ、この世には。猫であれ、人間であれ。生まれ変わってきちゃ、だめだ。辛いことが多すぎるし、残酷な世の中だもの。

ネネ、本当にありがとう。楽しい日々を、ありがとう。絶対に忘れない。

そして、さよなら.....


2006-05-15-Mon-08:11
うちの猫たち旅立ち

今朝6時、ネネは朝日の中を旅立っていきました。今は、悲しくて、寂しくて、辛くて、何も書けません。落ち着きましたら、またご報告いたします。

2006-05-14-Sun-23:41
うちの猫たち時間をください

ネネが重体です。

鎮痛剤を処方してもらったのですが、あまりよくならず、まったく水も飲まなくなったので、昨日獣医さんを受診。体温40.9度、レントゲンでは肺炎なし、胸水なし。肝機能、腎機能に軽度の異常はあるものの、さほど問題なし。貧血も軽度で、カリシかヘルペスによる風邪だろうとのこと。インターフェロンと抗生剤、解熱剤を打って貰い、水分補給の指示を受けて帰りました。脱水が少し改善されたようで、よく眠っていました。

今朝になり、やたら身体が冷たいなとは思っていましたが、トイレの前で倒れ込み、失禁、瞳孔散大。ショック状態でした。獣医さんに電話して指示を仰ぐも、自宅での治療は限界があるため、アケッチさんに来て貰い、一緒に獣医さんに行きました。

こんな時、一人だとなかなか行動に移れないものです。こうして友人が側にいてくれるだけで、どんなに心強いか。そして、ぐったりしたネネをキャリーに入れることなく、抱っこしたまま獣医さんに連れて行くことも。励ましてくれたぺぺさん、にゃんこ先生、本当にありがとう。一人で、オタオタ。動物のことになると、本当にヘタレなんです、私。

診察してすぐにレントゲンを撮ってもらったら、昨日は綺麗だったのに肺炎の影が...。カットダウンで血管確保、セフェム系の抗生剤と少量のステロイド、少量の利尿剤を投与。そして今、ネネは家にいます。トイレに立つこともできません。

できることは全てやります。ネネが苦しまないように。そして、それでもネネの命が尽きるなら、自分の腕の中から、旅立たせてやりたいのです。外の世界が過酷だと知りながら、小さな体のネネに10年近くも我慢させてしまったせめてもの償いに。こんなこと、償いにもならんで!ただの自己満足やん、と突っこまないでください...

ネネと一緒にいる時間を下さい。

この日記、「茶々の日記」は、先だったネネの子供、茶々の闘病日記でもありました。ネネが発症してすぐに、茶々はその座を譲るように旅立ちました。悲しむ間もなく、ネネがやってきて、奇跡的に快復し、幸せな時間を過ごしてきました。

ネネがいなければ、この日記を書く意味もありません。猫を捨てることが、どういう哀しい結末を迎えるか、を知ってもらいたいと続けてきましたが、悲しすぎます。

どうか、時間をください。もう少し....

2006-05-11-Thu-03:02
うちの猫たち再び...




連休が終わって、仕事に就いたとたん、体調は完璧に戻った。働け、ということか...

しかし

ステロイドの追加で良くなったかのように思ったネネが、今までになく悪化。涎どころか、食欲もなく、ここ2日は水を飲むばかり。家に連れて帰った当初、ネネを救ったホタテの貝柱も、小さな一切れを食べただけ。いつもなら、帰宅すると、駆け寄って甘える姿もない。構われるのが嫌なようで、タンスの上のキューブ型ベッドの中で寝てばかりいる。

どうしたものかと、昼休み、獣医さんに相談に行った。先月末に診て貰った所見からは、抜歯した方がいいだろうけれど、元気がないことが気になる。血液検査をしてみて、原因を突き止めてから、抜歯できるならしましょうと。

とても小さな体で、10年近くも外で暮らしたネネ。こんな雨の日は、いったいどこで雨をやりすごしていたのだろう。やっと、雨も当たらず寒さ知らずの家に連れてこられたというのに。まだ、1年半しか経っていないというのに。

この世に、幸せと不幸せが、同じだけあるのなら、不公平すぎるじゃないか。

ネネのいない生活など、考えられない。フワフワの毛の中に顔を埋めて、ゴロゴロを聞きながら、体中を撫でるひととき。何もかも忘れられる、たった一つの時間なのに。

2006-05-07-Sun-15:27
事件ゴールデンウィーク


「ちょっと、あんた、臭いわよっ!」

さんざんなGWだった。

初日、両肩から肩胛骨の間にかけて、そう、僧帽筋が板のように固くこった。普段、肩こりなんて知らない人間だから、一体、なんだろうと思っていたら、次の日には右肩から右腕にだる痛さが広がる。気分も優れず。そうこうするうちに、右季肋部にも張り痛さが。

うーん、以前自分でエコーしたら胆石チックな影があったから、こりゃ、胆石からの関連痛かな、と思い、ブスコパンを内服。しばらくしたら、すーっと痛みが引いたので、よっしゃーっ!当たり!と思ってたのだが。

次の日、起きたら、今度は右側の頭痛。もう、なんやねん、これ... それでも、冬ものを片づけたり、猫炬燵を片づけたり、靴磨きをしたりして過ごす。

今度は、左の頭痛と目の回りの痛み。けれど、視野狭窄や充血なんかはないから、緑内障でもないよな....

その頭痛がすーっと治ったな、と思ったら、服用したアスピリンのせいか、激しい嘔気、嘔吐で、とうとうダウン。

そんなこんなで、やっと6日の夕方くらいから快復して、普通に戻りました。一体、なんだったんだ?

と思いきや、今朝、目が開かない!

へ??

両目が目やにでくっついてるんです.... そう、結膜炎。なんだかなあ.... 流行性角結膜炎でもなさそうだし。ネネちんの抗生剤入り点眼薬を拝借してます。

天候に恵まれたGWだったけど、わたくし的にはさんざんでした。普段不摂生しているからしかたないのかもしれない。食事だって、なんだかんだ、糖質中心だし。運動不足だし。無論、睡眠時間は半端じゃないほど短いし。

もう無理の利かない年なんだわな、と一人で納得。

で、ネネちんは、その後10日目に追加したステロイドが結構効いて、ご飯も食べられるようになりました。可愛いお顔で、そばで寝ています。以前にもまして、甘えん坊になりました。大学のにゃんこたちも、来たり来なかったりですが、みんな元気でこの春を満悦しています。この子たちを残して倒れてなんか、いられない...

2006-05-04-Thu-01:07
大学の猫たちどうにも、こうにも

なんだか、調子わりぃ。今まで、何が自慢かって、女性に多い肩こり、腰痛、冷え性知らずだったのに、背中から肩にかけて張ったような固いような、詰まったような。夏になると、クーラーの風をまともに受けて筋肉が硬直し、同じようなことがあったけど。更年期だろうかねえ。夜になって、さあ、日記でも書くべ、とパソに向かうのだけれど、う~~ん、なんだか、辛い。というわけで、さぼってしまったのだ。

0503-1.jpg

「ほりゃ~、焼きカツオだよ~ん!」

おまけにネネちんは、自分が眠いと背中を撫でれ~、とベッドに誘う。ひとしきり背中を撫でているとこちらも眠くなる。どうやって感じるのか、私がふっと眠気を感じた瞬間にくるりと身を翻して猫ベッドに向かうのだ。そして、取り残された私はというと、そのまま明け方ちかくまで寝てしまう...と言うパターン。まるで、早く寝なさいよ、と言ってるみたい。

そのネネちん、抗生剤で3日目だが、涎は相変わらず酷い。昨日は久しぶりにお刺身をフガフガ言いながら、たくさん食べた。でも、今日はベッドから出てこない。タンスの上やベッドの下の猫ベッドで寝ていることが多い。粘膜の色はさほど悪くなく、貧血があるようには思えないけれど。お刺身もほんの少し食べただけ。先生と相談して、かなり早いけれどステロイドと抗生剤を投与することに....

抜歯すれば、何もかもうまくいってくれるといいけれど。かなり迷っている。

0503^2.jpg
なんか...怖い...クロベエの顔

コムギは2日に一回くらいの割合で待っている。体型は、以前と変わらないし、出産したようにも見えないんだけどなあ。一昨日は久しぶりにいなくなったと思っていた悟空もいた。うーん、来たり来なかったり。どうなってんだ。ンコちゃんも、このところ、ご無沙汰。一気に春が来て、皆うかれて遊びまくってるんだろうか...

NHKスペシャルの再放送で、地球温暖化の影響を3つの地点から同時に検証するという番組をやっていた。一つの地点は、温暖化の影響で沈む危機に曝されている島。一つは二酸化炭素排出権利の売買で利益を生んでいるアメリカ。そして、もう一つは今一番公害が酷い中国。

中国では、先進国が二酸化炭素を排出して豊かになっていったのに、我々がそうして何が悪いと開き直っている。いかにも、中国人らしい意見だが。アメリカのビジネスマンは、訳のわからん権利の売買でひっくり返るほどの利益を手にして、自慢げ。そして沈み行く島では、自然の中で多くを望まず、自然の恵みを感謝して生きている人たちが...

3つの顔、3つの生活を見て、アメリカ人も中国人も、醜いと思った。顔には、「欲」「欲」「欲」.... 地球がくれる、自然がもたらすものは、全てタダ、使わなきゃ損だと思っている。有害な排泄物を垂れ流していても、自分に被害が無ければ構わないと思っている。そして、環境を守ろうという崇高な精神から必死で戦っているのをビジネスチャンスだと金儲けを企むヤツがいる。歪んでるわ、まったく。日本人だって中国に二酸化炭素排出権を買いに行ってたし....

もう自然はただじゃない。どんなものよりも、高価なものになってしまった。温暖化で溶けてしまった北極や南極の氷は、どうやって元に戻すんだ?ホッキョクグマだって、とうとうレッドブックに載ってしまった。

地球に一番有害な生物は、人間であることは、もう疑いようがない。

2006-05-03-Wed-01:36
大学の猫たちういろう

0929-2.jpg


昨年の夏の終わり、石田パパに保護されたういろうが、5月1日旅立ちました。

冬に神経症状が出て、水頭症と診断。こちらの獣医さんで手術に向けて準備中、FIVからヘモバルトネラを発症。輸血も抗生剤も功を奏せず、4月23日、いったん退院。家に戻れたことがうれしかったのでしょう。思ったよりもご飯もしっかりと食べ、思ったよりも動き回っていましたが、石田パパが学会で出張中に急変し、ご両親に見守られて逝きました。

保護した時、噛まれた傷が化膿し、助けを求めて必死で鳴いていたういろう。保護するに当たり、一時預かりしていただいたアケッチさん、本当にありがとうございました。アケッチさんがいなかったら、保護が遅れて見失ってしまっていたかもしれません。

短い間、石田パパの家で、やんちゃ坊主のギズモとヒサオちゃん、ワンちゃんと一緒に団子になって、石田パパのベッドで寝ていたういろう。もっと、もっと、幸せになる権利はあるはずなのに。

2006-05-01-Mon-03:28
うちの猫たち不調




ネネを獣医さんに連れて行ってきた。

前回のステロイドは23日。その前も、ステロイドの割に涎が止まらないとは思っていたけれど、今回は涎も酷く、ご飯も食べなくなってきた。ドライもシーバをほんの少し、缶詰はパス、焼きカツオもいらないと言う。

どうも、口内炎だけではないようだ。しかし、絶対に口の中を見せようとしない。少しでも顎に触ろうもんなら、鉄拳が飛んでくる。でもね、ネネ、見ないとどうしてあげたらいいか、わからないよ...

獣医さんに連れて行くこと自体、ネネにとって強いストレスだし、できることなら連れて行きたくなかった。けれど、今なら治せる病態であっても、躊躇して先延ばしにして手遅れにしたくない。もっと、もっと、ネネを幸せにしてやりたい。

昨日から、それとなくキャリーを置いて、行く直前にキャリーへとほりこんだ。車の中では、不安に駆られ、悲壮な声で鳴くネネ。ごめんね、ネネ、絶対に連れて帰るから、ね、ネネを失いたくないんだよ、いつまでも一緒にいたいんだよ、だから辛抱してね...

ゴールデンウィークだし、混んでるかなあとは思ったけれど、いや、待てよ、いつもブランド犬ばかりだし、セレブはとっくに海外に飛んでるか、休暇を楽しんでいるはず。そーだ、そーだ、絶対に空いてるぜ.....

ガーン....

予測は大外れ。車は溢れ、中にも外にも、犬が一杯... ふむ、ここはエセセレとプチセレだけか。そう言えば、犬は血統書付きのブランド犬だが、車はほとんど軽だったりファミリーセダンだし。ベンツやジャガーなんて、ほとんど見たいもんな。ちぇっ。

ともかく、受付を済ませ、車の中で待った。1時間以上かかるかなと思ったけれど、案外すぐに順番が回ってきた。今日はおんな先生。

へー、これがネネちゃん?元気そうだね~。

(あんた、まだ生きてんの?とか言ってたじゃん...)

うちでは口の中を見せてくれないんですー。

えー?先生(私のこと)がみられないんだったら無理かもねえ。

とか言いながら、キャリーから出して口を開けたら、すんなりと、あんぐり....

奥歯は、一本もありませんでした。そう言えば、ネネを保護してすぐに抜歯したけれど、10本近く抜いたと聞いていた。口内炎も酷くなくて、奥の歯肉も綺麗だったけれど、右上犬歯の歯肉がかなり酷いのと、下両犬歯の根本あたりがかなりやばい。上は押さえても痛がらないが、下はちょっと触っただけでも痛がるし。

あ~、もう全部抜歯するしかないかもねえ、ネネちゃん。

取りあえず、抗生剤で歯肉炎が治まるかどうか見てから手術について考えることにしました。できたら、なんとか食べられるくらいになってくれれば、そのうち、抜けてしまうかもしれないし... そうなってくれたらいんだけど。でも、機を逸して体力を奪い、エイズや白血病を発症させたくもない。いいタイミングで治療してやらなくちゃ。

たいそう疲れたようで、今日一日、寝ています、ネネちん。絶対に失いたくないよ....
[ 全文を表示 ]

HOME

MONTHLY

CATEGORIES

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

はなちん

はなちん

大学で最後に生まれた茶々は、1年間限定の命の蝋燭を燃やし尽くして、旅立ちました。でも、小さな命の悲鳴は、続きます.....

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。