とある大学に捨てられた猫たちと、そんな猫たちを見守る日記 ~猫と医学と~命を尊ぶ

--------------:--
スポンサー広告スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-09-29-Thu-02:13
事件いつになったら



捨て猫がこの世から消えるのだろう。

昼休み、ギズモやヒサオの里親さんになってくれた石田パパが慌てて入ってきた。見慣れない猫がいると。模様を聞いても、はて、そんな子はいないはず。取りあえず、ご飯を持って一緒に見に行った。

学食の近くにこの子はいた。丁度昼休み、たくさんの医学生や看護学生が行き交うなか、一生懸命に甘えていた。でも、誰一人、手を差し伸べない。いつもの光景。可哀想だけど、私がなんとかしなくてもいいじゃん、野良だから勝手に生きていくでしょ、わ、汚ねー、病気じゃん、誰かがきっとなんとかしてくれるわよ....心の声が聞こえてくる。

0929.jpg


なんにも考えずに手が伸びた。気がついたら、白衣の中に子猫を抱っこして駐車場へ走り出していた。石田パパも。車に乗せてあったキャリーを出してきて、取りあえず人気のない非常階段の踊り場に。缶詰をたらふく食べた。左のほっぺは、膿瘍のようだ。何が原因かはわからない。いつもなら保護してすぐに獣医さんに駆け込むのだけれど、あいにく、木曜日の午後は休診だ。

アケッチさんに連絡をとり、一時保護をお願いした。石田パパが里親さんに名乗りをあげてくれた。本当に有り難い。一人ではできないことも、2人、3人と心を同じくするものが協力すれば、命を救えるのだ。

夕方、会議もカンファレンスもぶっとばしてアケッチ邸に子猫を運んだ。人に甘えることが嬉しくてしかたない様子。そんなに痩せてないし、汚れも酷くないから、捨てられて数日かも。アケッチ邸のいっちゃんのチェックを受け、説教も喰らった(笑)。

さあ、おちび、もう怖がることはないよ。
スポンサーサイト

2005-09-28-Wed-01:19
大学の猫たち秋が来た


クルミ「ご飯っ!ご飯っ!ご飯が来たよっ~!」「わたしゃ、メシかいっ?!」

去年の今日、ネネを保護した。口内炎が悪化してご飯が食べられなくなったネネ。それでも時間通りに出てきていたネネ。えいやっとキャリーに入れて獣医さんへ走った。酷い口内炎と歯槽膿漏で即入院。その後紆余曲折があり、瀕死で家に戻ってきたネネ。家で看取ってあげたいという一心から。もうだめだ、と毎日泣きながら強制給餌していたっけ。

それがこんなに元気に。奇跡というしかない。かけがえのない命。あの日、ネネをキャリーにほおりこまなければ、きっとネネを失っていただろう。どの子もかけがえがない。どの子も愛おしい。私にできることは、ほんの些細なこと。でも、一人一人が小さな命の大切さを心に留めてくれたら、世界はもっと素晴らしくなるだろう。

ニュースを見ていたら、子猫を踏みつけて殺した中学生が補導されていた。かたや、動物愛護週間のためか、道路で轢かれて死んでいた子猫を埋めてあげた小学生の記事もあった。前者は決してしてはならないこと、後者はして当たり前のこと。それがニュースになる世の中だ。そんなこと、小さなうちから親や周りの大人から教わって然るべきことなのに。いたわりや慈しみの心を敢えて教えなければならない世の中だ。やだ、やだ。

つらつらと、色々な想いが心をよぎる秋。

2005-09-27-Tue-02:34
うちの猫たち彼岸が過ぎて



「このモッコリはなあに????」

めっきりと秋らしくなった。しかし、うまいこと言うねえ。暑さ寒さも彼岸まで、って。温暖化しても変わらないところがすばらしい。

0927-2.jpg

「寒くて布団にもぐりこんだ子ブタちゃんでした」

夜中、何度もべーちゃんに起こされた。何か文句垂れているんだけれど、何いってんだか、と放置していたら、どうやら寒かったらしい。朝になって、布団の中で丸まっているのを発見。あのなあ、まだ9月だぜ。どうすんの、そんなことじゃ。分厚い脂肪層と自前のフサフサ毛があるじゃないか。

起きていたネネちんがべーちゃんの小山を見つけて、ちょいちょいと手を出して、ダイブっ!それでも起きないべーちゃんでした。

お嬢は、缶詰の量を減らしたのでお腹が空いてたまらないらしい。お手々デリバが待ちきれなくて、お皿からガツガツ食べ出した。やれやれ。

2005-09-25-Sun-01:43
うちの猫たちとうとう...



お嬢のお手々デリバが復活しました...。朝晩、大変です、とほほ。お手々デリバだと痛くならないと覚えているようで、手からだとバクバク、食べます、はい。

2005-09-24-Sat-01:47
うちの猫たちお嬢、再び...?



お嬢、元気がない。ご飯を何よりの楽しみにしていたのに、あまり食べない。ずっと猫ベッドで寝ている。口は大学にいたころから、右側を触ると痛がったし、入院中も口を無理矢理開けてみたら、酷い歯槽膿漏だった。骨折の手術の時に一緒に治して貰おうと思っていたけれど、手術時間が長すぎてできなかった。腸切除の時も。それでもドライも食べていたし、随分とましになったかと思ってたけれど。。。

また、手術かなあ。それともしばらくステロイドでしのげるだろうか。もう10才にになっているから、全身麻酔の連続は身体にこたえるだろうし、どうしたものか。

2005-09-23-Fri-00:15
うちの猫たち秋眠



昼間は夏日が続いているけれど、朝夕めっきりと涼しくなった。なので、猫ベッドを出してきた。やはり、気持ちがいいのか、このとおり、ぐっすり。窓から入る風も気持ちいい。でもね、昼寝ないで、夜寝て欲しいんだけど、さ。

お嬢の食欲が落ちている。小さい缶詰を半分も食べられない。どうしたんだろうと抱っこして口を触ろうとしたら、めっちゃ、怒る、怒る。そうかあ、歯槽膿漏が悪化してるんだわ、きっと。あちゃちゃ、、、また手術だろうかねえ、、、。

2005-09-21-Wed-01:55
うちの猫たち原因は、



食べ過ぎ。。。お嬢はここ数日、食べては吐きを繰り返していた。大学にいたころから、よく食べる子で、トール缶を1つ半、ころっと食べていた。でも、これは一日一回のこと。手術して好きな缶詰を思い切り食べられると知ったお嬢は、同じ調子で食べていた。しかも、戸を開けていても絶対に自分の部屋からは出ないくらい、運動不足。これじゃ、食べ過ぎだよねえ、いくらなんでも。

なので、缶詰もいる間に、ちょこちょこと少しづつあげるようにして、置き餌のドライもかなり少なくした。そしたら、治った。心配したよ~、お嬢。ウンチは出てるけれど、それでも巨大結腸の履歴のある子だから、イレウスにでもなったらどうしようかって。

ネネちんは、ひさしぶりのステロイドでハイテンション。上へ下へ、走り回ってま。

2005-09-19-Mon-00:13
大学の猫たちおしん・コムギ



静かなおしん・コムギ。最初に出会ったのは、昨年の夏。もう1年になるのに、全く心を開いてくれない。コムギは耳が不自由だ。いやに静かだなと思ってはいたけれど、足音をたてて後ろから近づいても気づかないし、物音に反応して耳を動かすことはない。そんなハンデを背負っても、凛としてしっかりと前を向き生きているコムギ。こんなに近くで写真が撮れるけれど、ちょっとでも触ろうものなら、飛んで逃げていってしまう。

出会った時は、痩せこけてガリガリだった。随分苦労したんだね。コムギにご飯をあげる間中、ずっと話しかけてるが、返事はなく(勿論だが)、こんな目で「何ブツブツ言ってんのよぉ!」と怒られる。

ネネちん、とうとう41日目でステロイド。元気はあるものの、涎も酷く、口をあぐあぐさせている。新記録だね、ネネ。

2005-09-17-Sat-01:02
うちの猫たちプレミアムフード




大学の猫たちは、国産の缶詰とドライフードだ。どうしても食事の時間が限られているから、食いつきの良さを目安にしてしまう。なので、家でも国産フード。最近はいいフードも多いけれど、ぺぺさんちやアケッチさんちへ行って驚いた。毛並みが全然違うのだ。なんていうのだろう、シルクのような艶やかさなのだ。どちらもプレミアムフードが中心。なので、お嬢もネネちんもドライはプレミアムをミックスしてあげている。最初はシーバとか喜んでいたけれど、ネネもお嬢もプレミアムの方が喜ぶし。固いから食べにくかろうと心配したけれど、丸飲みしてるし(笑)。

まず、ネネちんのウンチが良くなった。それまでコロコロウサギウンチ少量だったが、立派なウンチになった。夏が過ぎてふと気づいた。毛並みが違うぞ。

お嬢はまるでシルクのようだ。章子怡(チャン・ツィイー)もびっくり。お嬢、世界も羨むアジアンテイスト、狙えるぜ。ネネちんは、カシミアの毛触り。ふんわり。前はギシギシで立った毛並みだった。

一番変えたいのは、べーちゃんだ。べーの毛は短くてごわごわで、栄養が毛まで廻らないらしい。あれやこれやと与えてみたが、どうにもこうにもフリスキードライミックスしか、食べないのだ。今日もコンプリサーモンに挑戦。これ、ネネちんも大好きだし、大学ニャンズにも比較的好評だったのに、食べません....。

大学ニャンズには、毛並みをよくして、しかも外のストレスを少しでも凌いで貰おうと、コンプリとロイカナのアクティブをあげようとトライ中。ここは、寒い山の上。今から冬の準備を始めなきゃ。

2005-09-15-Thu-01:20
事件流血の惨事!~深夜の住宅街で~

0915-1.jpg
0915-2.jpg


9月15日未明、○▲市に住むはなちんさん(20才、プッ)宅の台所で大量の血痕が発見されました。通報をうけた警官が捜索したところ、次女ハナ子さん(6才)が前足から血を流して倒れているのを発見。直ちに止血処置を施され、事なきを得ましたが、全治1週間と診断されました。同居している長女タマ子(7才)が不審な行動をとっていることから事情を聴取したところ、犯行を自供。「自分よりも先にお尻を叩いて貰っていたのを見て、腹が立った」と犯行の動機を語っています。

2005-09-14-Wed-03:46
事件ヒナちゃん、ありがとう


「私、クルミ。びびりんの黒猫。駐車場にいるんやけど、ぺー助って嫌なヤツが苛めるんよ...」

まやさんちのヒナちゃんが亡くなった。発症してあっという間に旅立ってしまった。
hina2.jpg
思い返せば、一昨年の夏、ぺぺさんのところから里子を貰われたことがきっかけで、ヒナちゃんと大ちゃんがそっくり>だということから、サチヨさんと夏のある日、ヒナちゃんに会いに行った。穏やかな性格で、後から来た子らを見守ってくれたヒナちゃん。絶対に忘れないよ。

2005-09-13-Tue-23:50
大学の猫たち夏日


ご機嫌斜めの茶太郎「口が痛いんだよ、あんただろ、痛くしたのは?」「ちゃうで~!私とちゃうで~!!」

暑い。昼間なんか、車の外気温を見たら35度もある。どういうわけか、台風15号が熱帯低気圧になって中国の手間でUターンしてきたらしい。なんじゃ、そりゃ。帰ってこんでよろしい。なので、明日は雨になるそう。

ソックスの可愛いお顔を撮ろうとせっかくデジカメ持参で出掛けたのに、今日は現れず。変わりに茶太郎をパチリ。機嫌が少し良くなったかなと思うと、次の日にはまたご機嫌斜めに。でも、しっかりと食べてるから、大丈夫だろう。可愛いんだけどなあ、茶トラってどうしてこんなに可愛いんだろう。

ネネちん、少し吐くようになったけれど、もう最後のステロイドから1ヶ月以上経過。凄い、新記録だ。でも、痛がる様子はないし、元気一杯だし、少しづつでも食べられてるから、このまましばらく様子を見ることに。毎日、いっぱい、いっぱい、身体中を撫でて病気に負けるなと励ます。ご飯を食べる前も、寝る前も、これをして貰わないと気が済まないらしい。気が済んだら、とっととベッドに戻るネネちん。一緒に寝たいんだけど。。。まあ、猫だしなあ、仕方ないよなあ。

2005-09-12-Mon-00:57
大学の猫たちソックス登場


通販で秋用にとハラコのミュールを買った。昨日、届いた。開けてみてたら、ネネちん、いきなり猫パンチの嵐。ずずっと靴を動かすと飛び上がって後ずさり。そしてまたパンチの嵐...変なもんが怖いんだよねえ。

ソックス(靴下くん、そのまんま)は、たまにやってくる子だ。顔は亡くなったトオル君そっくりのキジ白八割れのハンサム。身体全体にキジ模様があって、足だけ足袋のように白い。どうやら、お隣の学校から通ってくるようで、何日か来たかと思うと、ふと来なくなったりする。先週も5日くらい毎日通って、これで定着するのかと思いきや、ふと消えた。待っていると不憫なので、餌やりの時はまずソックスの餌場を確認する。今日、時間通りに行こうとすると、途中でミャ~ンと可愛い声。

わ”っっ!子猫か?捨て猫か??

なんと、ソックスでした。ご飯をくれる人ということはなんとなく認識していたようだが、すり寄ってくることも、まして、鳴いたこともなかったのに。うっふっふ....なんだか、少し嬉しかった。

2005-09-11-Sun-02:02
未分類でっかいナン、でっかい夢しゃん...

0911.jpg


先月、飼い主さんが急逝したタマと夢を友人サチヨさんが預かった。そのタマと夢を一目見ようと、本日、ねこまた倶楽部ご一行様が遠路はるばる訪ねてくださった。お昼は近くでインド料理。見て、これ、ナン.....この前にタンドリーチキンとか一杯食べた後のカレーとナンがこれ....みんな半分でギブアップでした。残念。

その後サチヨさんちでタマと夢とにご対面。大人数で隠れまくってたけれど、おもちゃを振られてついついタマが本領を発揮。ほんとに茶トラ性格の明るいタマちゃん。夢はお篭もりしてたけれど、引きずり出して抱っこしてもこの通り。しかし、夢しゃん、太ったね....ナンよりデカイよ、おまえ。。。

0911-2.jpg

2005-09-09-Fri-14:45
うちの猫たちウンチ合戦


「ふんっ、なんか、文句ある?」

お嬢の部屋でお嬢を抱っこしていると、隣でネネちんが悲痛な声で呼ぶ。いつものことだから、ほおっておいた。すると、とっととお嬢の部屋に侵入。何をするのかと見ていたら、お嬢が気づいていないのをいいことに、お嬢のトイレに突入。砂をガシガシ、掻きだした。

おや?そういえば、ネネちん、今日はウンチをしてなかったわね....あっ!やっぱり!お嬢のトイレにウンチした...。すぐに掃除すればよかったんだけど、睡魔に勝てず、そのまま爆睡。

明くる朝、なにやらウンチくさい。。。。お嬢の部屋へ行ってみれば、お嬢の小屋の中、洗い立てのタオルの上にたんまりウンチ....これ、お嬢のウンチ...掃除しなかったら、仕返しされた。涙。。。

2005-09-08-Thu-01:14
大学の猫たち気持ち、いい。


ギンもどき、マタタビに悶える

マタタビが全ての猫に効くというわけではない。色々と調べてみると、子猫には効かないと書いてあることが多いけれど、私見では、アッポちゃんには効かないようだ。

例えばうちの子たち。賢いタマ子やお嬢はバカ効き。そしてネネちん。アッポちゃん組のハナやべーちゃんは全く効かない。

大学ニャンズは、外という緊張の中にいるせいもあるけれど、やっぱり効くのは賢い子。無論、フニャフニャになるほどではないにしても、ムシャムシャと葉っぱと嬉しそうに食べる子もいる。

アメリカではハーブの仲間、キャットニップ。案外知られていないのが、キウイの新芽。これも好物らしい。お隣のおじちゃんがせっかく育てていたキウイの新芽をお外の白ちゃんが全滅に追いやった事もあった。

キウイで思い出したけれど、医療の世界ではラテックスアレルギーが問題になっている。ラテックスは手袋を始め、点滴のラインにも、使われているし、色々な所で多用されているのだ。日本人には少ないのか、実際には見たことがないけれど、ERでは研修医がラテックスの手袋をした途端アナフィラキシーを起こしてぶっ倒れていたっけ。このラテックスの抗原性とキウイとが同じらしい。なのでキウイにアレルギーがある人は要注意というわけ。案外、知らない医者も多いんだけど。

2005-09-07-Wed-01:11
大学の猫たち台風一過


最長老、ギンもどき

予想よりも北寄りに台風が進んだので、心配された暴風雨もさほどもなく済んだ。朝起きてみたら、ピーカンの晴天!早速、オババが雨戸を開け、窓を全開にして風を入れる。大量の洗濯物に取りかかっていた。ふとテレビをみたら、まだ、鳥取じゃん...
「まだ、来てないよ~、台風」
「あ、ほんまや!西の空、黒いわ~」
慌てて雨戸を閉め直し、洗濯物も軒下に。それでも、昼間も気持ちいいくらいのお天気だった。いっぱい、赤とんぼが飛んでいる。空も高い。秋だ。

猫たちのお腹も秋が来たようだ。もの凄く食べる。そろそろ冬に向かって腹支度。

2005-09-06-Tue-01:08
大学の猫たち台風襲来、かな?


まったりネネちん

「大型で非常に強い」という形容詞が常につく台風14号。今日、九州に近づき記録的な大雨になったらしい。テレビでその様子を見ていると、不謹慎だが、人間のことよりもお外の猫たちは大丈夫だろうかと心配になる。どこにでも野良猫はいる。きっと小さすぎて自分の身も守れない子猫たちもいるだろう。人知れず消えていく命たち。思いを馳せるだけで胸が潰れてしまう。

会議が長引いて(昨日も今日も3時間だよ、3時間!)風の音が強まるのを聞きながら、イライラしていた。終わってダッシュ、1時間半も遅れたけれど、雨が止んでいたので、みな、待っていてくれた。ごめんね、ごめん。でも、思わず神様有り難うと感謝。昨日も今日も、こうやってみなのお腹を一杯にしてやることができました。私にできることは、目の前にいるこの子らの面倒だけですが、許してくださいな。

家ではネネもお嬢も御覧のとおり、だらりんこ。こんな姿を見るだけで幸せ。

2005-09-05-Mon-02:00
うちの猫たち衝撃の事実!




昨日、お嬢のお気に入りの座椅子にシッコとウンチが大量に。その直前にネネちんがバリアを軽々と飛び越えてお嬢の部屋に侵入していたから、てっきりネネちんの仕業だとおもた。まあ、少しウンチが緩いし、変だなあとは感じていたけれど、お嬢が自分の憩いの場にシッコやウンチをするなんて、考えられなかったし....


しかし!

帰宅してみたら、お嬢の隠れ家(ぺぺさんから貰ったハウス)がやけにウンチ臭いのだ。このハウスは元々犬小屋でログハウスみたいにおしゃれなもの。なんだか、臭う....

あ”っ!!

中にウンチが!しかも昨日と同じユルユルウンチ....今日はネネちんが侵入しないように戸を閉めていったもの、ということは、お嬢.....

昨日も自作自演だったのね、やるわね、お嬢.....

2005-09-04-Sun-23:51
うちの猫たちまた、台風が...そしてうちの台風も。


「うっっっっ、腹がっっっ...」

大型の台風が近づいている。明日には広い強風圏内に入るみたいだ。今度は、直撃コースかもしんない。築70年の古家じゃ、飛ばされるかもしれないなあ。べーちゃん、重しになれるだろうかね。

昨日も今日も、久しぶりにゆっくりと家で過ごした。いつもバタバタしてネネやお嬢とゆっくりできないからね。それでも、お嬢を抱っこしてネネちんの部屋に侵入したのがお気に召さなかったようで、ネネちん、やってくれました。お嬢のお気に入りの座椅子にシッコだけでなく、ウンチまで....。もう、台風で天気が悪いっちゅーに。。。

2005-09-03-Sat-01:01
うちの猫たち媚薬か...

0903.jpg



昨年退職された眼科教授から、天然のマタタビを貰った。この先生は、強烈な阪神タイガースフアンで(これは何も関係ないけど...)野山の散策が大好きなのだ。で、休日には奥さんと一緒にあちこち散策されている。この大学を退職されてから、山陽地方の病院に移られたけれど、こちらへ来られた際にマタタビを持ってきてくださった。生憎留守をしていて、直接はお出会いできなかったのが残念。

で、持って帰ってこのざまです。袋に身体ごとツッコミ入れてるのはタマ子。数分間、この状態で、やっと出てきたと思ったら、涎で顔がジュルジュルでした....

2005-09-01-Thu-01:35
うちの猫たちお嬢ですっ!

0901.jpg


元気にしてますっ!

ちゃんと毎日ウンチもしてるわ。手術前みたいに、ふっといウンチじゃないけれどね。足はまだひきづることが多いけれど、それでもちょっとした段なら登れるし。毎日、しっかり食べて、しっかり寝てるから、とっても健康優良児なんだって。

でもね、隣のネネっていうヤツが、おっきな顔してのさばってんのよね。いやんなっちゃう。私の方が年上なんだから、少しは敬意を払って欲しいもんだわ、もう!それに、なーに?あのでっかいブタみたいな猫、べーちゃんって?私の顔を見ただけで、逃げるのよ!失礼しちゃうわ!

失礼なヤツばっかりなんだけど、やっぱりおうちが一番ね。雨も降らないし、暑ければエアコンも入れてくれるし。それにいつでもご飯が目の前にあるもんね。極楽、極楽。

2005-09-01-Thu-00:25
うちの猫たちネネちんです...



「やーっとデジカメ買ったらしい...やれやれ。久しぶりです、ネネです。ハナクソは無視してねん♪」


今日で8月も終わり。休み気分も終わり。なんだか寂しい。学生の頃は休みと学期がはっきりしていて、さあ、がんばろうという気も湧いたが、医者になってからはいつがオフでいつがオンか、区別のない生活ばかりだし。

去年の9月末、ネネの調子が悪くなった。9月28日、入院。もう1年が経とうとしている。去年の今頃、息子の茶々は一進一退を繰り返していたけれど、ステロイドの効きも悪くなり、茶々を失うことの哀しさに毎日泣いていたっけ。そして茶々が逝き、ネネがうちに来た。そして今、ネネは元気に暮らしている。もの凄く感慨深い。いつかは生命の終わりが来るだろうけれど、ここにこうして生きていることは、本当に素晴らしい。この1年、信じられないくらい、長く感じた。

HOME

MONTHLY

CATEGORIES

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

はなちん

はなちん

大学で最後に生まれた茶々は、1年間限定の命の蝋燭を燃やし尽くして、旅立ちました。でも、小さな命の悲鳴は、続きます.....

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。