とある大学に捨てられた猫たちと、そんな猫たちを見守る日記 ~猫と医学と~命を尊ぶ

--------------:--
スポンサー広告スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-07-30-Sat-01:52
事件選べない道



1997年、7月にアメリカ留学を控え、2組の子猫が捨てられた。3ヶ月くらいの子猫4匹と1ヶ月にも満たない3匹。それまで保護などとんでもないと言うオババのことを考える時間もなく保護していた。なんとか留学までに里親さんを見つけなければ。

大きい組は、茶トラの雄と雌、キジ白、サビ猫。小さい組は茶トラとベージュ、そして白。小さい組にべーちゃんがいた。丁度その頃、関東から遊びに来ていたサチヨさんの友人、マリさんが茶トラの女の子を貰ってくれた。その子はタマちゃんと名付けられた。その後もなんとか里親さんが見つかり、鼻気管支炎で亡くなった茶トラのチャーと右目を失ったべーちゃんを除いて、みんな新しい生活が始まった。

マリさんは、資産家の娘さんで、不自由なく暮らしておられたが、持病の糖尿病から腎不全になったり、骨折したりで入退院を繰り返していた。私がアメリカ留学中には、大学猫のクズ白が産んだ長毛の茶トラ猫、夢ちゃんの里親さんにもなってくれた。

そのマリさんが亡くなった。サチヨさんのメールでは、タマも夢もマリさんのお友達が引き取ってくださるとのことで安心していたのに....
Yume.jpg

今日のメールで、引取先は、私と同じく外猫の世話をし、家に10匹以上も保護されている方だそうだ。直接の友人ではなく、友人が探し当てた預かりさんみたいなものだった。それでなくても、大切に育ててくれたマリさんを亡くし、人恋しくて堪らないタマと夢。預かってくださる方は、とてもいい方だそうだけれど。

マリさんのご両親は亡くなられているが、兄弟はいらっしゃる。しかし、病床に伏したころから、ご両親の残された遺産の相続を巡り、目に余る言動があったらしい。そんな人間が行き先を失った、それも元野良猫を引き取るわけがない。つまり、お金には不自由ないけれど、猫なんて飼う余裕はない、そうだ。

こんな人間模様はもう日常茶飯事だし、人間の心の寒さには慣れっこになって、なんとも思わなくなった。やっぱりね、って。猫が宝石やブランドもんを欲しがるわけでない。おいしいご飯と暖かい家庭、そしてお金のかからない愛情。たったそれだけ。莫大な遺産があっても、猫に使う金はないらしい。若くして亡くなった妹が可愛がっていた猫たちの行く末をなんとも思わない人間に飼われるのは、もっと不幸だろう。

猫たちはもうシニアの年代だ。簡単に里親さんが見つかるとは思えない。けれど、あきらめない。なんとか、もう一度、思い切り愛情を注いでくれる里親さんを探してあげたい。関東方面でシニアでもいい、という方がいらっしゃったらよろしくお願いします。

いつもの事、たかが猫、なのだ。もう人間には何も期待することもない。
スポンサーサイト

2005-07-29-Fri-02:20
うちの猫たちお嬢....


「わてが、クニオだす。」

昼にお嬢に面会に行った。相変わらず、ケージの中で毎日新聞紙を使って自家製猫つぐらを作っているお嬢。両サイドを猫に囲まれて、ご機嫌斜めのお嬢。

「今日の昼から手術しますわ」

午後からは診療所が忙しくて見に行かれなかった。電話したら、大丈夫ですよって言われた。お嬢、ごめんね。年とってから、大きな手術ばかりで。でもこれで、大好きなご飯をお腹一杯食べて、後はのんびりとうちで一緒に暮らそうね。

2005-07-28-Thu-01:01
うちの猫たち夏本番


都会猫からの保護猫さん~ふうちゃん~里親さん募集中♪

台風一過、涼しい日は一日だけで照り付ける夏の太陽が帰ってきた。こうでなくちゃねえ、夏は。と言っても、ほとんど空調の効いた病院にいるから本当の夏を知らないんだけど。それでも、去年に比べたら猫の餌やりが格段に楽。じっとしていても汗が滲むような蒸し暑さもない。虫除けスプレーに耐性の蚊もいない。感謝、感謝。

たまに現れる靴下君以外は全員毎日元気な顔を見せてくれる。少し食欲が落ちたものの、病気も怪我もなく元気一杯だ。

お嬢はまだ入院中。病院だとまずい処方食もバクバク食べてウンコしているらしい。どうしたもんでしょうねえ、と言われた。即ち、私が猫に甘過ぎるのですよね、はい。我が儘言われても、はいはいと言うことを聞いちゃうからねえ。人間の患者さんには厳しいのにねえ(爆)。もうしばらく様子を見させてください、ということで一応手術を前提に入院中。でも、ウンチのためにおいしいご飯を辛抱するか、手術のリスクをおかしても好きな物を食べて暮らすか....う~ん、難しい選択だわ。

べーちゃんの肘も随分と良くなってきた。何もしていないのだけれど、日がな一日寝てるから体重の負荷がかからないのだろうね。ダイエットしろって言われたけれど、一日23時間も寝ていたら、無理だよね。

2005-07-24-Sun-02:53
うちの猫たち獣医さん通い


子犬用キャリーにおさまったべーちゃん後ろ姿(満杯)

今週、退院したばかりのお嬢。結局、家では一回もウンチが出ず、金曜日にはトイレできばる度に嘔吐もしだした。それでも元気だったので、あーだこーだと下剤や食事を工夫してみたけれど、とうとう今日入院。

おまけに3日前からべーちゃんが左前足をびっこ引くようになったので、一緒に獣医さんへ。骨折しているわけではないと思ったけれど。レントゲンを撮ってもらったら、肘関節のラインがスムーズでなく反応性に骨化しているような像が。人間でいう変形性関節症だ。ドタドタと階段を降りたり、高い所から飛び降りたりして、関節に負荷がかかっているせいだろう。体重を落とすことと、サプリを進められた。やれやれ。

お嬢も10才をとうに越えているし、べーちゃんは1997年生まれだ。どちらも猫ではシニアの世代。一番若いハナだって6才だし、これから色々な病気や障害があるだろう。それでも機嫌良く、幸せな日々過ごしてくれたらと思う。

2005-07-20-Wed-00:52
うちの猫たちタマ子の憂鬱



タマ子は賢い子だけれど、狡いところがある。座敷の襖を開けておいて、自分は入らずに他のニャンズを入れておき、怒られるのをそっと垣間見てクックックと喜ぶことがある。たぶん、同じことを狙ったのだろうが、玄関の土壁にシッコをかけた。俗に言うマーキングの方法だ。オスだけでなく、メスも立ったままシッコを後ろに飛ばしてマーキングすることがある。シッコをかけておいてハナやべーちゃんの仕業にしようと企んだのか。

しかし、大きな誤算が。オババに現行犯逮捕されてしまった。こっぴどく怒られたことは言うまでもない。私が帰宅するまで机の下に隠れて出てこなかったタマ子。それでも私には知られていないとふんだのか、お尻を叩けと催促してきた。「聞いたわよ~、シッコしたんだってねえ~」と言うと「ワタシ、ネコ、ニンゲンノコトバ、ワカリマセーン」だと。

お嬢は昨日全身麻酔の元、ウンチを全部ほじくりだして貰って、お腹がペッタンコになった。夜、迎えに行き車に乗せたら、お前はにゃんちゅうか?と思うくらい、言う言う、文句の垂れ通しでした。。。また、これからお嬢の便秘との戦いの日々が始まります。

2005-07-18-Mon-01:00
うちの猫たち再々入院....溜息



前回退院してから、お嬢のご飯は以前の如く療法食だけにしようと堅く心に誓っていた。が、お嬢は頑としてw/dを食べない。こんなまずいもん、食えるかぁ~、と唸る。まもちゃんに教えて貰ったデンマーク・レオ社のスペシフィックFRDを急遽オーダーした。うん、これなら食べる。おまけに繊維含有率は抜群に高い。しかし、ドライでしか食べないので下剤を飲ませられない。直接口に入れたらいいじゃん、と思われるだろうが、お嬢に内服させるのは、至難の技なのだ。頑として口を開かない、それでも口の横から流し込むと普通の猫ならペチャペチャと舐めるのだけれど、お嬢はダラダラと垂れ流す。終いには泡を吹くという始末。

あーだこーだと試行錯誤していたら、また糞詰まりになってしまった。お腹を触るとカチカチのウンチがゴロゴロしてる。急遽獣医さんに走った。

さすがに連休最終日だけあって、混雑。しかも血統書付きのお犬様のオンパレード。ゴールデン、シーズー、ビーグル、マルチーズ、、、、。野良猫なんて1匹もいなかった。今日は院長先生。「もう腸を切った子やったっけ?」「いいえ、まだ切ってませんよ~」「ほな、預かるわ。いっぺん麻酔かけて便を徹底的にほじくり出すわ~。一度お腹をリセットしましょか。」

というわけで、お嬢は再々入院となりました。好きなものが食べられるように、手術した方がいいのだろうか。お嬢がいないと、ネネちんもなんとなく手持ちぶさた。

2005-07-15-Fri-02:49
うちの猫たちネネです....


「ネネです...。トイレでシッコしなくちゃいけないことは知っとるとです...。気持ち良くて、つい、布団でシッコしてしまうとです.....。」

ステロイドを投与したネネちんは、ハイテンション期。一人で走り回り、転げ回る。帰宅しても、なかなか自分の所へ来ないので、ベッドの布団でシッコなんかしてみる....。困ったもんだ。やったことはしっかりと理解しているから、私の顔を見るなりベッドの下に隠れて出てこない。夜中、またカバーとシーツ、タオルケットを洗濯したとです....。

2005-07-13-Wed-01:42
うちの猫たちネネの弱み


「なによ....怖くて悪かったわね」

ネネちん、うちのどの子よりも強くて、ネネちんが通るとみな土下座して上目使いに見上げ、固まってしまう。お外で10年も暮らし、見つけた時にはすでに子猫を育てていた、小さいけれど肝っ玉かあさん、ネネ。病気になって始めて家に引取り、死の淵から脱出したネネ。まあ、強い、強い。知らない猫を見ても、決して尻尾を下げることなく、背筋をピンと伸ばして、顔をはすかいにして、睨みをきかせるのだ。

そのネネちん...雷が怖いときた!

今日始めて発見した。夜になって急に大雨になり、雷が鳴り出した途端、瞳孔は開き、耳は水平になり、匍匐前進でベッド下に直行。呼べど叫べど出てこない。うふふ、、、ネネちんにも怖いものがあったのねえ。しかし、外で暮らした10年、雷だって、もっと酷い台風だってたくさんあったし、近くの大学では、やれ入学式だ、学園祭だとどんぱち盛大に花火をあげていたのに、その間、どうしていたのだろう。

隠れる場所もなく、小さく縮こまって目を固く瞑り、災いが通り過ぎるのをじっと待つ、ネネの姿が浮かんだ。とてつもなく、哀れに思えた。そして、今なお、そんな状況におかれている猫たちに思いを馳せ、やるせなくなる。

今日、ネネはステロイドを投与。今回は3週間しかもたなかった。

2005-07-12-Tue-01:55
大学の猫たち気質になったクニオ君


「顔を出すのは、勘弁してくだせぇ。。。」

道を挟んで大学の隣に高校がある。夜な夜な道を横断して猫たちがやってくる。あちら側では、しっかりした餌やりさんがいないようだ。置き餌は基本的にはしていないが、それでもやって来る。2003年の夏、やってきたのがクニオ君。薄汚れてやせこけた、それでいて、顔がやたらごつくて、首のない猫さんだった。


0712-2.jpg
2003年夏のクニオ君

やたら喧嘩っぱやく、出会う猫みんなに喧嘩を売って、怪散らかしていた。当初R棟に出没していたが、やがて中庭の住人に。先住の猫たちが戦々恐々としていたため、えいやっと捕獲して去勢。しかも、猫の餌やりの最中だったもんだから、餌入れ鞄10キロと重量級のクニを入れたキャリーを抱え、死にものぐるいで駐車場まで走った。火事場のなんとかだ。もう二度と出来まい。去勢後、数日で男性ホルモンレベルが閾値以下まで下がったのか、他の猫を追いかけもしなくなった。いまでは好々爺だ。デブのくせに寒がりで、いつも暖かく乾燥した空気が吹き出すボイラー口に陣取っている。顔に似合わず、もの凄く声が可愛い。声だけ聞けば、生後3ヶ月のかわいこちゃん。背中を掻いて貰うのが大好きで、ひとしきりご飯を食べたら、そっと近づいて催促する仕草がなんとも言えず、可愛い。そう、私はとびきり不細工な猫が好き。

2005-07-10-Sun-01:27
大学の猫たち永遠の妊婦さん~クルミちゃん~


1997年アメリカに留学する年だったか、その前だったか、病院の駐車場にいきなり現れた。すごく気が小さくて、オドオドしていたけれど、やけにお腹がデカイので、やばいと思ってすぐに捕獲して手術。妊娠してるだろうなあ、と思っていたら、ただのお肉でした(汗)。その後、しばらくして、姿を消した時期があったけれど、また駐車場に戻り、皆勤賞。お腹は相変わらずで、見る人みんなに、妊娠してるんちゃうん?と言われてしまう。綺麗なグリーンの目で、顔が小さくて、とっても美人さん。黒美ちゃんとつけようかと思ったけれど、どうも呼びにくくて、クルミちゃんに。今は暴れん坊ぺー助が大嫌いだから、大変な毎日だ。一時元気をなくし、慌てて獣医さんに連れて行ったら、なんとお腹に大量の虫を抱えていたらしく、駆虫剤一発で快復。私だけ、抱っこもなんでもできちゃう可愛い黒猫。

お嬢は夕方無事に退院。午前中に電話したら、まだ便が出ていないと言われた。もう一泊かなあ、と思ったら、出ましたぁ~と連絡があり、お迎えに行きました。そうしたら、以前病院で働いていた方や、診療所の患者さんの奥さん、同じ猫仲間のNさん、などなど、知り合いばかりで、動物話に花が咲きました。

ご飯があたらなかったらしく、お嬢は帰ってから、ご飯くれ~を連発。仕方なく、以前の療法食を食べたお嬢。まもさんが、おいしい療法食を教えてくれたから、もうちょっと辛抱してね。

ネネちん除けに付け替えた120センチのラティス、お嬢ご帰還後、ネネちんはひょいっと難なく飛び越えられました、です。。。

2005-07-09-Sat-02:35
うちの猫たち浣腸入院


生きていて、悪かったわねえ...

先週から、サンプルで貰ったロイヤルカナンがお嬢とネネちんに、えらく好評だったので、こりゃ歯石にもいいわいと続けていたら、、、、お嬢が便秘になりました。とほほです。お嬢はあまり水を飲まない子で、処方食を思い切りたくさんのお湯でふやかしてあげていたら、1日で4回も5回もシッコするのだけれど、ドライが増えたら途端に尿量が減少した。尿量が減少するということは、とりもなおさず大腸からの水分吸収が増えるということ、そしてウンチはかちかちになって、便秘に....

昨晩は一晩中、トイレに籠もってきばっていたお嬢。気張りすぎて吐き、今日はぐったり。本当は今日、午後から研究会の予定だったけれど、お嬢の方が大切だもんね。急遽キャンセルして、獣医さんに走った。

フィラリアの季節が過ぎたからか、いつも満員の獣医さんが空いていた!ラッキー!すぐに若い女の先生(これがまたしっかりしてるんだわ)に診て貰い、ウンチが一杯とのころで、浣腸のため、即入院。。。お嬢を預けて帰ろうとしたら、いつものおんな先生が出てきて、事の経緯をお話。そうだよね、w/dはまずいもんねえ、と先生。ネネちんもステロイドが減らせて、とっても元気ですよ、と告げたら、へっ?まだ生きてんの??だって。失礼しちゃうわねえ(爆)。

ともあれ、お嬢を預け、留守の間にネネちんとの部屋の仕切をアコーディオンラティスの120cmのに交換。これじゃあ、さすがのネネちんも越えられないだろう。どうだ?

2005-07-07-Thu-03:52
事件お嬢の冒険

0707.jpg

今日は帰宅して血の気が引いた。

いつもなら帰ってすぐに2階にあがると、ネネちんの大歓迎は勿論、隣の部屋でお嬢も早くこっちに来てぇ~と五月蠅いのだが、やけに静かだ。カシャカシャという足音もしない。

あれ?

部屋の仕切を開けてみると、お嬢がいない。何処にもいない。外へでるにはネネちんの部屋を通らねばならないから、こっちには来ていないはず....ってことは、表通りに面した窓か?

カーテンを開けてみると....窓が僅かに開いているではないか!あらぁ~、お嬢が脱出してしまった....ネネちんのイジメに耐えかねたのか、堪忍袋の尾が切れたのか。

玄関の庇から隣のガレージの屋根に行くには少し段があるのと、その時間、ガレージには白ちゃん、シロ吉、どこかの白黒猫、モモちゃん、と一杯猫がいたからか、お嬢は庇から動けずにいた。他の猫だったら、見つかった瞬間、どっと逃げの体勢に入るだろうが、そこはお嬢。はなちん命のお嬢だから、「お嬢、何処へ行くの?帰っておいで~、ご飯だよ~」と呼びかけたら、帰りたそうに窓の方に向く。しかし、降りられたものの登るには自信がないようで、いくら待っても一向に上がってこない。フム。しかたなく、窓から身体半分を宙に浮かせながら、ムンズとお嬢を捕まえて引きずりあげた。その重いこと...。

しかし、どこにも行かなくて良かった。まだ足も腰も完全に治っているわけでないから、行方不明になったら死んでしまうよ、お嬢。

というわけで、お嬢の部屋の窓にはがっちりと目張りが施されたのでありました。。。。

2005-07-05-Tue-01:54
大学の猫たち快食ミーちゃん

0705.jpg
唯一の三毛猫、小さくないけどチビ三毛

以前は三毛猫は、そうも珍しくなかった。覚えているだけでも、餌やりのきっかけにもなったブチ、白血病でなくなった意地悪ミーちゃん、サチヨさんちのチーちゃんとクミコさんちのマーちゃんの母親である元祖三毛、マユミさんちで余生を暮らしたミーちゃん....うちのタマ子姐さんも大学から来た三毛さんだ。。しかし、最近三毛猫はあまり見かけない。

チビ三毛は、私がアメリカ留学中中庭に捨てられた子だ。そのころはうちのタマ子もまだ大学にいて、チビ三毛と仲良くしていたらしい。小さな頃からしっかりしていて、快食王だ。ほとんど毎日しっかりと待っていてきっちりとご飯を食べていく。勿論避妊済みだ。抱っこするとしっかりと肉がついていてずっしりと重い。ご飯のためなら、抱っこも撫で撫でも辛抱するし、クニオ君とだって仲良くできちゃったりする。基本的には独りで暮らす子で、用心深いほうだろう。これと言って病気も大きな怪我もせずにいる。あまり心配かけない優等生だ。もう8歳になる。

連日の雨で、大学の子らも、うちの子らも、退屈しまくっている。べーちゃんはハナと追いかけっこに興じ、ネネちんはお嬢を襲っている。おまけにどういうわけか、ネネもお嬢も缶詰よりも固いカリカリを欲しがる。サンプルで貰った色々なドライを入れておくと、そちらから優先して食べている。ネネもお嬢も歯槽膿漏が酷くてかなり痛いはずなんだがなあ。オババ曰く、猫も暑いからさっぱりしたものの方がいいんだろうって。ともかく、早く梅雨が明けて欲しいもんだ。

2005-07-03-Sun-00:49
大学の猫たち忍者ヨーダ兄ちゃん

0703.jpg
静かなレギュラー~ヨーダ兄ちゃん

いつの間にか現れて、いつの間にかしっかりとレギュラーの地位についていた。ほとんど鳴くことはないけれど、いないと思って通り過ぎようとすると、子猫かと思うほど可愛い声で呼び止めたりもする。

基本的には、ビビリンだけれど、相手が自分よりもびびっていると見破るやさっと強気に早変わりしたりもする。以前は、駐車場のボス、プー助やクニオ君にびびっていたけれど、プーもいなくなり、クニも去勢された今では怖い者なしだ。ぺー助にはいたって強気。

大学内の餌場と私が廻る順番を熟知していて、食いはぐれると先回りして待っていたりするし、もっと食べたい時には、まだ貰ってないよ~の振りをしてちゃっかりとご飯をいただく。怪我をしたり、鼻水を飛ばしたりすることが多いけれど、触ることもできないので、仕方なしに薬をご飯に混ぜたりしている。どーにかこーにか、ヒョロヒョロのわりには長生きしてくれている。いつもびっくり目で、憎めない。

うちでは、ネネちんもお嬢も元気一杯に甘えてくれる。夕方と明け方のバトルは日常化した。今朝は寝坊したのでお嬢が早くご飯をくれ~と泣き喚いた。いつもはネネちんを優先して相手するのだけれど、寝惚けてお嬢のご飯を先にあげたら、やられました。。。抗議シッコ。お嬢のお気に入りの座椅子、座ってお嬢を抱っこしていたら、なんだかお尻が冷たし、くさい。。。ネネちん、こんなところに抗議シッコするなんて、知能犯だねえ、まったく。雨降りで洗濯物も乾かないっつーのに。

HOME

MONTHLY

CATEGORIES

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

はなちん

はなちん

大学で最後に生まれた茶々は、1年間限定の命の蝋燭を燃やし尽くして、旅立ちました。でも、小さな命の悲鳴は、続きます.....

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。