とある大学に捨てられた猫たちと、そんな猫たちを見守る日記 ~猫と医学と~命を尊ぶ

--------------:--
スポンサー広告スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-04-14-Fri-03:00
瞑想時間


手強い... おしん・コムギ

一日は、誰にでも平等に24時間しか、ない。それ以下でも、それ以上でも、ない。24時間もあるが、24時間しかない。

家にいられる時間は、そのうち、8時間か、9時間。移動時間やら、猫の餌やりやらも含めて一日の2/3を大学で過ごしている。猫の餌やりに所用する時間は、お嬢を保護してからはうんと減って1時間ちょっと。お嬢がいた頃は、2時間はかかっていたが。

それだけ働いたらがっぽり儲けてるでしょ、と言われる。使う時間もないから、金、貯まってしゃーないやろ、だって。

あんなぁ....

時間外の手当なんて、貰ったことないよ... 大学の給料なんて、研修医と額と変わらんし。医者は、呼び出されたら、親が倒れていようが、自分が高熱でうなされていようが、駆けつけるのが当たり前だと思われている。行かないと、極悪非道人みたいに言われるし。ボランティアじゃないんだけど。

若い頃は、燃えていたから、それでも自己満足してたけど。もう人生、何回も曲がり角を曲がっちゃってるから、そんな気力もない。たくさん人生の裏表を見てきたから、博愛精神なんて、とっくに失せた。猫のことなら、身体を引きずってでも動けるのだが。

人間よりも寿命の短い猫たちと過ごす時間をやりくりするのに苦労する。餌をやり、トイレを掃除すればそれでいい、というものではない。猫だって感情がある。愛されて生きる、生きられる。時間を作るために、まず睡眠時間を削った。それでも、足りなくて夕食(一般人には夜食の時間だけど)を辞めた。そうして削った時間、お茶を飲みながら、オババと会話する、猫のお尻叩きに励む。人間の家族と、猫の家族と、ゆるりと過ごす時間がなければ、働いても意味がない。

そんな生活で、猫仲間は心強い味方。声を聞くだけで、ほっとする。心を同じくする人たちがいるのだと思うだけで、力が湧いてくる。困った時にはお互いさまで、助け合う。ほんとうにありがたい。職種も違うし、住んでいる所もバラバラ。猫がいなければ、そしてネットがなければ、交わることのなかった線。不思議だ。
スポンサーサイト

2006-03-04-Sat-02:39
瞑想雛祭り




うちの代々のお雛様。毎年、早く出さなくっちゃと、2月のさむーい時期から出されてます(溜息)。早く出して、さっさと片づける、そうしないと嫁に行きそびれるという言い伝え。物心ついた頃から、オババはせっせとそうしてましたけど、残念ながら、嫁に行ったのも遅ければ、さっさと離婚しちゃいましたしねえ。ごめんなさい、お雛様。ま、ご時世と言うことで。

ちゃんと組み立て式の雛壇もありますが、さすがに場所を取るので最近はこのように簡易式で。奴さんとかもいたはずだけどなあ。女雛の嫁入り道具とかもどうしたんだっけか。これは昭和初期のもの。顔がかなり古典的。オババは、自分が死んだら私が世話するわけないと、来年には人形塚へ持って行くと言い張るが。さすがに、それは可哀想。人形とて、これだけ年月が経ていれば、魂も持っているだろう。オババのようには世話できないにしても、毎年この季節にはちゃんと飾ってみようかと思う今日この頃。

雛祭りの日は決まった献立です。貝のお汁ものにちらし寿司、ぬた、シジミ、鰈(カレイ)。これって全国共通?

昨日、いつものようにお嬢のいたK棟駐車場に車を止めようとしたら、キジの子を発見。ん?あれは?つっぱりオヤジじゃないかっ!いや~、久しぶりだわ。いたんだー。艶々した毛並みも変わらないし、どこでどうしていたのやら。茶太郎がいないので、前のようにつっぱってはいなかったけど、びびりは相変わらずだ。ああ、元気でいてくれたのね。茶太郎もきっと何処かで、こうして元気でいてくれるはず。

ンコちゃんは、一人の餌場が嫌なようで、兄ちゃんが顔を出していた塀の隙間からご登場。以前のように、クニちゃん、兄ちゃん、ンコちゃんが揃ってご飯を食べました。今のところ、この餌場は静かで工事の影響はないようだけど、これからどうなるか。

3月なのに、小雪のちらついた一日。久しぶりに車も凍って、ドアを開けてもギシッ、
走っていたらあちこちで、パシッパシッ。氷点下。


2006-01-18-Wed-02:35
瞑想思うこと


今日のにゃんこ「あけてぇ~!!」

人生の半分以上があっという間に過ぎてしまった。何も後悔などしていないけれど、このままでいいのだろうかと思うこのごろ。自分では年齢もわすれてしまうくらい脳天気なのだが、死ぬ時に後悔のないよう毎日を充実して生きていたい。

ん?

かなり深刻な文章だけれど、何もニャンズに変化があるわけではない。猫餌を辞めるなんて、とんでもない。深刻に考えてみたけれど、きっと毎日忙殺されて過ぎてしまうんだろうね。

HOME

MONTHLY

CATEGORIES

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

はなちん

はなちん

大学で最後に生まれた茶々は、1年間限定の命の蝋燭を燃やし尽くして、旅立ちました。でも、小さな命の悲鳴は、続きます.....

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。