とある大学に捨てられた猫たちと、そんな猫たちを見守る日記 ~猫と医学と~命を尊ぶ

--------------:--
スポンサー広告スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-08-23-Wed-01:39
事件さよなら、スズ...




姉貴んちのスズが、今朝、亡くなった。

10年近く前、スズは大学に捨てられた。鈴のついた赤い首輪をはめたまま。K寮の前を小走りに駆け寄ってくる姿を今も覚えている。

そのころは、避妊手術後、獣医さんが預かってくれなかったので、自宅や姉貴の家に傷が癒えるまで静養させてからリリースしていた。スズは姉貴んちに預かって貰った2番目の猫だ。最初のシルバータビーは、凄く可愛い猫で、姉貴もここにいてもいいよ、と言ってくれたけれど、どうやら家の中が気に入らないらしく、仕方なくリリースした。その直後に預けたスズは、まるでここが私の家よ、と言わんばかりにすぐに馴れ、そのまま姉貴んちの猫になった。

その後、姪っ子が骨折して木に引っかかってたクロベエを保護し、甥っ子が道の真ん中で行き倒れになっていた小夏を保護した。

今年になって、よく咳をすると獣医さんにも行ったけれど、喘息かアレルギーだと言われていた。食欲もあったし、それよりも腎不全で点滴通いのクロベエの容態の方が深刻だと思われた。しかし...

2週間前、いったんはステロイドで持ち直したスズだったけれど、パタリとご飯を食べることをやめた。息づかいも荒い。スズはFIV陽性だし、年だから仕方ないね、そう言ってたけれど。

それでも心配で診察時間の過ぎた獣医さんへ走った。肺炎から膿胸を併発していた。酸素を取り込む場所もない、よくこれで息ができるな、とも。

ともかく、抗生剤と点滴の日々が始まった。身体はやせ細り、日がな一日寝ていたスズ。

それでも、ここ数日、好物のカニかまを食べたりしていたのだが...

一生懸命に看病してくれた姪っ子に看取られて、スズは旅立った。最後の瞬間は、苦しそうで見ていられなかったよ、と泣きじゃくる姪っ子。思わず、ネネを思い出し、泣いた。

そう、苦しまないで死ぬことなんて、できないんだよ。
誰もが避けて通れない死だけれど、楽そうに死んでいくなんて、ウソ八百。
しっかりと受け止めて。
スズも、そしてネネも、力の限り生きて、そして死んでいったの。
自分の死をしっかりと見つめながら。

ネネにも言ったけれど、スズ、もう生まれ変わってくるな。

生まれ変わって、また出会えたらいいけれど、また、助けてあげられたらいいけれど。

出会えなくて、辛い野良生活をするくらいなら、ずっとそこで留まって、私たちが逝くまで待っていて。
[ 全文を表示 ]
スポンサーサイト

2006-07-15-Sat-02:10
事件入院....


♪可愛い茶々子♪

しました。

いえね、デジカメがです

昨日の夜、アケッチ邸に預かって貰っている茶々男の写真を撮りに行き、落っことしたら、レンズの部分がウィ~ンウィ~ンと、引っ込まなくなっちゃいました(涙)。

ショック....

ボーナス時期になると、何かしら、壊れるんです。

いえ、壊すんです。去年の冬は、パソにコーヒー、こぼしたし。。。

えー、気を取り直して、

募集始めました。題して「綺麗なパステル色三兄妹の飼い主さん募集♪」

たくさん、写真も載せています。大事にしてくださる方、よろしくお願いします。とっても可愛いです、もう、食べちゃいたいくらい。久しぶりの子猫、ほんまにちっちぇー。

2006-07-07-Fri-02:42
事件増えた.....




昨日、いつものことながら遅くに帰宅したら、ガレージにまで子猫の声がした。茶々子め、うるせーなあ、と思っていたのだけど...

今日、帰宅したら、なんと...

茶々子が脱走してる!?!?!?

ちゃいました....少し大きな3ヶ月くらいの茶トラ。ミャーミャーと呼ぶんだけど、近寄ってこない。お腹が空いてるんだろうねえ、きっと。

車に積んでいた捕獲着を仕掛けたら、すぐに入っちゃいました....

薄汚れているけれど、抱っこしてお腹を撫でていたら、ゴロゴロゴロゴロ.....捨てられたんだねえ、お前も....なんちゅう、世の中やっ!!

同じ色目だし、子猫同志仲良くやってくれるだろうと思ったけれど.....ダメです....コムギーズ、3匹で喧嘩ふっかけに。ケージは一つしかないから、隔離できないし、困ったなあ。

で、

困ったときの神頼みしちゃいました。明日まで、この子には悪いけれど、キャリーに入っていてもらって、明日から一時預かりして貰っちゃいます。

この子も、べーちゃんが来た途端、うれしそうにすり寄ってます。べーちゃんって、すっごいオーラが出てるんだわ。

ひょっとしたら、猫の神様の化身ちゃうん?

んな訳ないわ....

頭にくる。きっと、「この家は猫飼ってるし、好きそうやから、置いといたら拾ってくれはるやろ」なんだろう。

金正日さん、猫捨てたヤツ狙ってノドンでもテポドンでも、ぶち込んでください。何発でも結構です。


2006-06-14-Wed-02:49
事件最愛のボス




ボスが逝った。貧血が悪化して、わずか2週間、今にも起きてパンにかぶりつきそうなくらい、綺麗な毛並みで、がっしりとした体格なのに...

大好きだったよ、ボス。猫が大好きな、優しいボス。パンには目がなくて、いったんかぶりついたら、絶対に離さなかったよね。うふふ.... あの姿は今でも目に焼き付いているよ。

ボスがやってきた日を忘れない。まだ、暑い夏の終わりだったよね。六甲の山を彷徨って牧場で保護されていたのに、オーナーが保健所へやると脅かした。怒ったブリさんがSOSを発して、神戸のぺぺさんがでっかいボスを連れてきた。みんなで、お寺に集まったよね。

最初から、とてもお利口だったボス。うちで飼っていたわんこはみんな、躾できてなかったから、ボスがあまりに賢くて、ひっくり返りそうに驚いたよ。

病気の問屋みたいで、里親募集もままならず、預かりを申し出てくれたアケッチママの子になった。あれは、もう、運命だったんだよね、きっと。

逆まつげ、貧血、脾腫、膀胱炎、そして膀胱癌。一つ、一つ、アケッチママとパパと一緒にハードルを越えてきたのに。

貧血ったって、白血病ったって、私の専門分野じゃないか....
治してあげられなくて、本当にごめん。私は藪医者だね、まったく。

一つ、また、一つ、大切な命が失われていく。

寂しいよ、ボス。ドアから飛び出して、バシバシとでっかい尻尾を振り回す姿がないなんて。

2006-05-30-Tue-02:11
事件あれや、これや...


サチヨさんに抱っこされてご満悦~

ネネが亡くなって2週間しかならないのに、まやさんちのちゃちゅ(お嬢と同じ柄だけれどスレンダーで半長毛の可愛い子)そしてアケッチママさんちのこてつが相次いで旅立った。今年に入ってから、周りで訃報が相次ぐ。

そして...

今度は姉貴んちのクロベエ。食欲大魔神だったのに、ご飯を食べなくなり部屋に籠もって出てこなくなった。慌てて獣医さんに連れて行ったら、腎不全とエイズ。エイズは発症かどうかは定かではないけれど、風邪も引いている。しかし、連日の点滴とインターフェロンでなんとか食欲が戻りつつある。

いつまでたっても、肌寒さの残る今年。いつもなら、もう建具も夏用に変わっているころなのに。

米原万里さんが逝去された。ロシア語の通訳で有名だけれど、ある雑誌で読んだエッセーがいまだ心に残っている。とある国際会議で同時通訳していた時、会場に子猫が捨てられていた。助けを求めて鳴く悲痛な声に各国の首脳が右往左往したそうだ。どうしよう、どうしよう、とうろたえる首脳陣。なんだか、可愛いなあ。見かねて万里さんが猫を連れて帰ったと記してあった。後で調べてみたら、彼女はとても動物好きだとわかった。そのときの猫かどうかはわからないが、猫5匹と犬4匹と暮らしていた。卵巣癌と闘い、25日亡くなった。享年56才。ちょっと毒舌・反体制で、こよなく動物を愛する人、こんな人には、もっともっと長生きしてもらいたかった。

HOME NEXT

MONTHLY

CATEGORIES

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

はなちん

はなちん

大学で最後に生まれた茶々は、1年間限定の命の蝋燭を燃やし尽くして、旅立ちました。でも、小さな命の悲鳴は、続きます.....

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。