とある大学に捨てられた猫たちと、そんな猫たちを見守る日記 ~猫と医学と~命を尊ぶ

--------------:--
スポンサー広告スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-05-02-Wed-18:09
大学の猫たち1年




ネネがこの世を去って、もうすぐ1年が経つ。

早いものでもう1年、いえ、たった1年しか経っていない。もう何年にもなるような気がする。身体だけは人間の暦なのに、月日の流れる様は猫の暦になっているようだ。

ネネの旅だった日は、抜けるような青空だった。今年は雨。そういえば、茶々を見送った日も天高い秋の晴天。早く天国に上れるようにとの猫の神様の計らいなのか。

この1年、哀しいニュース、辛い出来事の連続だったし、今だって随分と心は沈んでいる。思い切り笑い転げたのは何時だったかさえ、思い出せない。心の底から幸せを感じたのは、何時だったろう。それでも日々前に向かって生きていかねばならない。猫たちだけを相手に暮らせていけたら、どんなに幸せだろうか。

ねえ、ネネ。そこから見てる?

いつか、そっちに行くから必ず待っていてね。会いたいよ、ネネ.....
スポンサーサイト

Comment

2007-05-02-Wed-18:49
いつも見てるんですよ。

お忙しいんだろうなって思ってました。ネネちゃんや茶々ちゃんを懐かしんでおられるんですね。忘れられない子って居ます。私も。最後を看取ってやれなかった後悔と共に懐かしいです。

今は、又新顔の茶白に秋波を送られて、ストーカーのように家の周りに停留されて、困っています。団地では限度ってものをわきまえなければ、きっと今居る子達も追い出しを食いそうなので、追い出しますが、今日もベランダの猫ベッドで眠っていました。私が出て行ってもすやすやと眠っていて・・・、追い出せなかったなぁ。困った困った!

2007-05-03-Thu-03:40
もう1年、まだ1年

年々時間の感覚が薄れていきます。
短いような、長いような。

私もいつか亡くした子達に会えると信じています。
でも、時々「戻ってきてよ!」とムリを言って泣いたりもしますが。

みんな待っててね。

茶々もネネも見守っててね。

2007-05-04-Fri-06:57

↑まやです

2007-05-06-Sun-19:17

つーさん、ご無沙汰してます。家に帰るとバタンキュー、したいのですが、茶々の介が許してくれません、、、延々数時間は猫の相手をする時間になりまする。これって忙しいんだか、どうだか(笑)。

切ないですね。飼われて捨てられた子は、人間のそばを離れたがらない。わかっていても、それに応えられないのって、本当につらい。ここでも新顔の出現で餌場に異変がおきて、毎日てんやわんやです。コムギさんの居場所がなくなって....

まやさん、ご無沙汰です。その後、いかが?みんな元気にしてる?先に逝った子らを思い出すたび、そして看取ってやれなかった子らを思うたびに、つらくなります。本当にこれで良いのだろうかと。

2007-05-15-Tue-21:37
逝った子達

一生懸命事実を消化して,
今は,
すみれちゃんやぱくちゃんと同じところにいけるよう,
またあった時に
恥ずかしい生き方をしないように
(だって全部見られてるからね…)
精一杯死ぬまで生きようと思うようになりました.
天使は心の支えです.

2007-09-19-Wed-19:03
リンクさせていただきました。

御山の狸改名十六夜雨月です。
新たに猫ブログを始めました。と言っても、不定期更新のアバウトブログです。中身も何にもありません!が、ご挨拶までにまかりこしました。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
事故以来、体調ぼろぼろです。

2008-11-10-Mon-14:53
なるほどです

よく拝見しています。継続して日記感服します。私も頑張ります。ここのところ寒くなってきたので風邪などに気をつけて下さい。また覗きに来ます。

2008-11-10-Mon-15:31
面白かったです

いつも見ています。継続して更新凄いですね。私も努力しないと・・・。最近寒いので体に気をつけて下さい。またよらせて頂きます。

2010-02-05-Fri-04:57
承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hanachin.blog9.fc2.com/tb.php/308-679cdcd0

-

管理人の承認後に表示されます

HOME

MONTHLY

CATEGORIES

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

はなちん

はなちん

大学で最後に生まれた茶々は、1年間限定の命の蝋燭を燃やし尽くして、旅立ちました。でも、小さな命の悲鳴は、続きます.....

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。